1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2010年02月
  4. 九州や関東、近畿で資産家狙い、被害1億円超。資産家住所を闇市場で入手。

防犯ブログ

九州や関東、近畿で資産家狙い、被害1億円超。資産家住所を闇市場で入手。

窃盗団が資産家狙い、空き巣を繰り返していました。被害総額1億円超。
資産家かどうかをどう調べたかというと、住所録を闇の情報屋から購入したようです。


●福岡県警などが九州や関東、近畿で資産家宅を狙った窃盗団20人近くを逮捕していたことが、捜査関係者への取材で分かった。被害は1億円以上とみられる。資産家の住所などをヤミの情報屋から集め、貴金属や絵画を盗み転売していたという。

 捜査関係者によると、グループは数人ずつで08年8月、埼玉県越谷市の邸宅から絵画など77点(893万円相当)▽昨年3月、福岡市博多区の民家から腕時計など6点(700万円相当)−−を盗むなどしたとみられる。08年ごろから100件以上の事件に関与した疑いがあるという。

 昨年8月、福岡県太宰府市の会社社長宅から金庫を奪ったとして2名を逮捕。供述などから、ほかの容疑者や別事件への関与を割り出した。以前、刑務所で知り合った仲間らを誘って盗みを繰り返していたという。
(2月24日 毎日新聞より一部引用)

闇市場の住所録、どんな内容なのか気になります。
そういう住所録に載せられてしまうと窃盗団に狙われてしまうということで、怖いですよね。
実際には現金などを置いていなくても、資産家でなくてもそういう住所録に載せられたら最後・・というところが怖いですね。

貴金属や絵画を盗んで換金していたとありますので、そうした販売の闇ルートも確立しているグループだと思われます。
この窃盗団は日本人のみの窃盗団でした。
刑務所で知り合った「再犯者」
窃盗の再犯率が高く、49%にもなります。刑法犯全体が28.5%ですから非常に高いといえます。
刑務所の中で、お互いの手口に関して情報交換したり、出所後窃盗団として組んだりといったこともあります。

投稿者:総合防犯設備士(2010年2月24日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る