1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2010年01月
  4. 壁掛型デジタルレコーダーのメリット

防犯ブログ

壁掛型デジタルレコーダーのメリット

防犯カメラは近年色々な場所で使われています。
防犯カメラを設置するだけでは意味がなく、セットで映像記録装置(デジタルレコーダーなど)も一緒に設置するのが基本になります。

従来の映像記録装置は卓上型しかなく、事務所の机やラック内に設置・収納することになります。
しかし、机やラックがない(又は設置出来ない)狭いスペースや事務所がない場所(マンションエントランスなど)では設置場所に困ります。

又、映像記録装置だけでは記録映像を確認できません。どうしても記録映像を確認するためのモニターが必要になります。このモニターも設置場所に困ります。

このような場合でも、新しく発売を開始した「壁掛型デジタルレコーダー WDR−H401」があれば、設置スペースを確保しやすく、モニターも内蔵されているので1台で「記録」「確認」が可能な映像記録装置になります。

この商品をおすすめしたい場所としては「既設マンションのエントランス監視システム」です。
既設マンションや団地などでは管理人事務所などが元々用意されていない物件があります。このような場所でも「壁掛型デジタルレコーダー」を取付が可能な施錠が出来るスペースさえあれば設置が可能になります。

管理人がいないマンションでは、特に防犯カメラでの監視が重要になります。今まで設置したくても設置出来なかったマンション管理組合などには朗報なのではないでしょうか。

この他にも省スペースで防犯カメラ映像を記録出来るので用途は幅広いと思います。
是非色々な場所での映像記録装置として活用して頂きたいと思います。

投稿者:防犯設備士(2010年1月14日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る