1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2009年12月

防犯ブログ

車上荒らしきっかけ、免許で住所特定 自宅、別荘で繰り返す /神奈川

[車上荒らし]で自宅や別荘の住所を割り出し、空き巣を繰り返していた男が4人が逮捕されました。

●別荘に空き巣に入ったとして、県警捜査3課などは30日、横浜市泉区下飯田町、無職男(42)=窃盗、住居侵入罪で起訴=ら4人を窃盗と住居侵入容疑で横浜地検小田原支部に追送検した。
県警によると、容疑者らは車上荒らしをきっかけに被害者の自宅や別荘を割り出し、空き巣を繰り返したという。

 送検容疑は8月26日ごろ、横須賀市の男性会社役員(68)が所有する群馬県嬬恋村の別荘に窓を割って侵入し、液晶テレビ1台(時価4万円相当)などを盗んだとしている。

容疑者らは7月下旬、藤沢市の公園駐車場に止めてあった男性の車で車上荒らしをしたうえ、車内にあった免許証を基に同日、男性の自宅へ空き巣に入った。さらに男性方にあった公共料金の明細書から別荘を知ったという。
 県警は、容疑者らが県内を中心に車上狙いや工場荒らしなど200件近く(被害額約5000万円)に関与したとみて追及する。4人はかつての勤務先などで知り合ったといい、調べに「生活費、遊興費が欲しかった」と容疑を認めているという。
(12月1日 毎日新聞より引用)

まず「車上ねらい」。駐車場や路上に駐車されてある自動車の窓を割って中のバックなどを物色。
運転免許証などから自宅住所を割り出し、「侵入窃盗」。
そしてその自宅から公共料金の明細書を見つけ、別荘の住所を調べ、侵入窃盗。
一度食べたら二度おいしいって何かのCMでありましたが、とことん盗む尽くすという恐ろしい方法です。
被害に遭われた男性は三度同じ泥棒に盗まれたことになります。

同じようなことは[ひったくり]でも発生する可能性があります。
鞄をひったくったら、免許証と自宅の鍵が入っていて「侵入窃盗」
ひったくりで現金を盗まれる、自宅にも侵入されるで、被害は拡大します。
そこにクレジットカード、銀行カードなどがあり、手帳などに暗証番号かそれを推測できるような個人情報があればそこからも現金が引き出されたり不正に使用される可能性があります。
鞄に何でも一緒に入れるのはぜひ避けたいものです。

やはり、各々の犯罪に遭わないための防犯対策が必要です。
「車上ねらい」をされないためには、防犯力の高い駐車場に駐車し、車の中にバックなどを残さない、鍵は必ず掛ける、自動車盗難防止装置を設置するなどがあります。

「ひったくり」対策としては、鞄は斜めがけにする、車道側に鞄を持たない、後ろから走ってくる自転車・バイク・自動車に注意する、夜間人通りの少ない道を出来る限り避ける、現金や貴重品などは防犯カバンに入れて持つといったことがあります。

そして「空き巣対策」ホームセキュリティ、補助錠、防犯カメラなどシステムを設置することも大切ですが、「見通しを良くする」ことも重要です。
泥棒がこの家は避けようという気持ちにすることが大切です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年12月02日)|記事URL| あとで読む

救急隊員が空き巣200件以上.

あきれた救急隊員。空き巣200件以上を自供しています。


●平塚市や大磯町のアパートなどを狙って空き巣を繰り返したとして、県警捜査3課と平塚署は30日、窃盗などの疑いで、平塚市河内、同市消防本部金目出張所消防士長 男(38)を再逮捕した。

 逮捕容疑は、2007年3月24日ごろ、大磯町のマンション1階の会社員男性(34)方の窓ガラスをドライバーで割って侵入し、テレビやデジタルカメラなど計18点(38万円相当)を盗んだ、としている。

「7、8年前にレスキュー隊の検定会場で腕時計を盗まれたのがきっかけで空き巣を始めた。仕事のストレス解消もあり、これまでに200件以上盗みに入った」と供述。
当直明けや非番の日に自分の車で出掛け、盗んだ金は生活費や車の購入代金などに充てていたという。
 県警は同容疑者の自宅から、盗品とみられるテレビや高級ブランドのバッグ、貴金属など約2千点を押収した。
(11月30日 カナロコより引用)

この泥棒は、盗品を自宅に置いて使用していました。
盗品は、この泥棒のように使用されるケースと、現金に換金されるケース、海外へ送られるケースがあります。
最近の泥棒は、現金だけでなく、家電製品(TV、DVD、PC)を狙い、換金するケースが多いのが実状です。
しかし、まだまだ一般的には「我が家は盗まれるものがないから泥棒には入られない」と多くの人が考え、漠然とした安心をしています。

「安全のない安心は最も危険である。安全のある安心は最も快適である」
これは、セキュリティハウスの防犯に対する基本的な考え方です。

「安全のない安心」   実際には安全ではないのに安心だと「過信」している状態をいいますが、実際には多くの方がその状態でいます。
師走に入って、急に「防犯」に関する興味を持たれる方も増えてきているように思います。
年の瀬は強盗、ひったくり、侵入窃盗などの注意が必要です。
安全のある安心 を実感いただくためにも、ホームセキュリティ のご検討をお勧めします。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年12月01日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?