1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2009年10月

防犯ブログ

「仕事見付からず食べ物が欲しかった」ラオスの女米50キロ盗む。

長引く不況で、食料そのものを盗むという犯行がありました。

●泉署は17日、強盗致傷の疑いで、大和市下和田、ラオス国籍の無職の女の容疑者(25)を逮捕した。同署によると、容疑を認め、「仕事が見つからず金がない。食べるものがほしかった」と供述している。店員が逃走する車のナンバーを覚えていた。
同日午後5時45分ごろ、横浜市泉区のスーパーで、米(5キロ入り)10袋を盗んで逃げようとしたところ、呼び止めた男性店員(34)ともみ合いになり、店員の腕に軽傷を負わせたとしている。
(10月18日 カナロコより引用)

食べるのに困って犯行を初めて行おうとしたときに、防犯対策などがじゃまとなり思い止まるのと、犯行を決行するのとでは大きな違いがその後に発生します。
犯罪を起こしにくい環境を作る事は、犯罪を起こさないこと、つまり犯罪者を生み出さない世界を作る事になります。
そのためにも防犯は「予防」(抑止)が最も大事だとセキュリティハウスでは考えています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年10月19日)|記事URL| あとで読む

帰省のたび空き巣。「土地鑑ありやりやすかった」

「ふるさとに錦を飾る」というのは昔のことなのでしょうか?
ふるさとに帰省の度に空き巣をしていた男が逮捕されました。

●住居侵入容疑で茨城県警に現行犯逮捕された東京都内の男が、レンタカーで古里の茨城に「帰郷」し、空き巣を繰り返していたことが県警合同捜査班の調べで分かった。

 男は約70件の犯行を認める供述をしており、県警は被害総額が500万円を超えるとみている。

 男は、東京都江東区東雲、元飲食店員(29)(窃盗罪などで起訴)。
8月13日未明、同県笠間市内の民家で家人に見つかり、靴を履かずに逃走。近くのヤブで居眠りした後の同日正午頃、靴を取りに戻ったところを取り押さえられ、住居侵入の疑いで現行犯逮捕された。
8月24日には、同市内の別の民家から現金49万円を盗んだとして、窃盗容疑で再逮捕された。

都内のイタリア料理店で働いていた5月頃から、仕事後の深夜にレンタカーで出身地の同県鉾田市や周辺に行き、無施錠の玄関から侵入する手口で空き巣を繰り返したとみられている。
 「土地鑑があり、(空き巣を)やりやすかった。生活が苦しかった」と供述している。
(10月16日 読売新聞より引用)

「無施錠の玄関から侵入する手口」で空き巣。
都会で住む方には信じられないと思う方もいらっしゃる一方で、玄関の扉を施錠しないのをそれほど不思議に思われない方もまだおられます。
「鍵をかけたら留守だとわかる」
ある講演会で無施錠のまま家を空ける理由にそうおっしゃった方もいらっしゃいました。
遠方ではなく、ちょっとゴミを出しに行く、近所に回覧版を持っていくという時に施錠をしない方はもっと増えると思います。
又、トイレ、風呂場、2階の窓、3階の窓となるともっと「無施錠(無締まり)」は増えると思います。

一戸建て住宅で、「無施錠(無締まり)」で侵入窃盗被害認知件数は平成21年上半期で1万1千605件発生しています。
実はこの「無施錠(無締まり)」が今年の上半期で一戸建て住宅では最も多い手口でした。
42.1%にもなります。「ガラス破り」が41.6%ですから、ほんの少しの差なのですが、「無施錠(無締まり)」からいかに多く侵入されているかを考えると、もっと防犯意識を持っていただく必要があるということを痛感します。
施錠されていたらあきらめる泥棒ではありませんが、施錠をし、補助錠を付け、見通しを良くし・・・と防犯環境をできるところから実施していくことで、確実に泥棒が嫌がる環境となります。
そういう積み重ねが「泥棒の被害に遭わないポイント」なのです。

泥棒被害に遭わないためのホームセキュリティ

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年10月17日)|記事URL| あとで読む

浜松 民家に強盗 女性の顔殴り現金奪う

15日午前2時ごろ、浜松市北区三方原町の会社員の女性(32)方で、玄関横の無施錠の窓から男が侵入。
女性の顔を拳で殴り、財布から現金3万3000円を奪って逃げました。
女性は唇を切るなどの軽傷を負いました。
細江署は、侵入窃盗及び傷害事件として逃げた男の行方を追っています。

同署の調べでは、女性が2階寝室で子供2人と寝ていたところ、男が侵入。
無言で女性の顔を殴り、現金を奪って逃げた。男は身長170センチほどで黒色の目出し帽をかぶっていたということです。

同署によると、管内で昨年4月から、1人暮らしの女性宅を狙った住居侵入事件が計5件発生しています。
<10月16日7時56分配信 産経新聞より>

侵入盗難事件で最も恐ろしいのは、強盗ではないでしょうか。
怪我をしたり、場合によっては刃物で刺され、命を落とすケースもあります。
金品を盗まれる被害で済めば、不幸中の幸いと言えるかもしれません。

特に高齢者や女性を狙った犯行が増えています。
事前に下見し、家族構成や通勤・通学時間などを調べ、または、電話をかけたり、郵便物から不在であることを確認し犯行に及ぶこともあるでしょう。

今回の強盗犯もこの家が女性と子供だけなのを知っての犯行かもしれません。
女性を拳で殴っての犯行ですから、武器は持っていなかった可能性もあります。
もし、男性がいるかもしれない家では、武器がないと逆襲される可能性も高いので、女性・子供だけということを知っていた可能性があります。

つい先日も高齢者宅に強盗犯が侵入し、奪った現金のうち生活費として2千円だけ返すという事件もありました。
このように犯罪者は自分より弱い者を探し、犯行のターゲットとします。
自分より強い者には向かっていかないでしょう。

防犯対策をすることは、この自分より強い者になることと同じ意味があります。
防犯システムや防犯カメラが設置された手強い家に侵入しようとする泥棒は少ないでしょう。
特に女性や高齢者など狙われやすい方は、事前に対策を行い、犯罪者から狙われないようにすることが大切ですし、有効でしょう。
女性の防犯対策
老人を狙った犯罪

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年10月16日)|記事URL| あとで読む

「生活費」と2千円返した強盗。

「生活費がないと困るだろう」と2000円を返した強盗が八王子に出現。
優しい?とんでもない。91歳のお年寄りを脅し、生活費5万円を奪ったというからやっぱり悪党です。

●14日午後2時5分ごろ、東京都八王子市南浅川町の無職男性(91)宅に男が侵入、男性にナイフのようなものを突き付け、現金約5万円を奪って逃走した。男性にけがはなかった。警視庁高尾署は強盗事件として男の行方を追っている。
 同署によると、男は寝室で寝ていた男性を「金を出せ」と脅迫。男性がスーツの内ポケットから差し出した現金入りの封筒を奪った。
 男は中身を確認すると、「生活費がないと困るだろう」と言って男性に2000円を返し、走って逃げたという。
 男性は一人暮らしで、玄関に鍵は掛けていなかった。封筒の現金は生活費だった。
(10月14日 時事通信より引用)

「無施錠」の扉から侵入してナイフのようなもので脅し現金を盗む。
こうした「侵入強盗」の認知件数は平成20年年間で1647件。今年上半期では970件で前年同期に比べ19.6%も増加しています。
発生場所は、商店が64.4%、住宅が18.6%、うち一戸建て9.2%、4階建て以上の共同住宅が4.2%、3階建て以下の共同住宅が5.2%)、生活環境営業が10.0%となっています。

●発生時間帯は午前2時から午前4時が最も多い。
●成人事件、少年事件ともに単独犯が多い。
こうした特徴をもつ「侵入強盗」に対する防犯対策は、基本は「簡単に侵入させない」ということ。

「無施錠」つまり施錠がなかったり、施錠するのを忘れている状態というのは泥棒にとって最も簡単に侵入できる条件です。
又、「死角が多く、人目につかない」というのも泥棒にとっては侵入しやすい条件、環境です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年10月15日)|記事URL| あとで読む

スニーカー盗難 被害者がリサイクル店で発見し犯人逮捕

盗まれた自分のスニーカーがリサイクル店に並んでいるのを見つけた男性が、警察に通報し、容疑者逮捕に結びつく事件がありました。

都城署は11日、三股町、派遣社員、小川尋生容疑者(21)を窃盗容疑で逮捕しました。

逮捕容疑は、9月30日午前10時ごろ、三股町のアルバイトの知人男性(20)方の玄関からナイキのスニーカー1足を盗んだとしています。
同署によると、男性は不在で、家は無施錠だったということです。
小川容疑者は「こづかいほしさに盗んだ」と容疑を認めています。

男性はスニーカーがなくなったことに気付いて自ら探し回り、都城市内のリサイクルショップで発見しました。
小川容疑者がスニーカーを売るために身分証明書を提示したことなどが逮捕につながったということです。
<10月12日20時29分配信 毎日新聞より>

被害者がリサイクルショップを探したり、ネットオークションで自ら商品を落札し、犯人逮捕につながる事件が増えています。
今回の被害者も自らリサイクルショップをまわって盗品を見つけ出し、犯人逮捕につながりました。
本来は警察がやるべきことを被害者自身がやっていることはおかしいと思うのですが・・・。

どちらにしても、安易に盗品を換金する手段が増えたということでしょう。
リサイクルショップ・質屋・ネットオークションなど・・・。
盗品と分かっていても買い取る業者もあるようです。
何度も大量に同じような商品を売りに来れば、普通は怪しいと思います。
それでも商売ですからそのまま気がつかない振りをして買い取っているのでしょう。

今回はリサイクル店が商品を買い取る際、身分証の提示を求めていたため、犯人逮捕につながりましたが、売買の履歴などを他店でも共有できるようなシステム・体制が構築されないと、なかなかこういう犯罪が減ることはないでしょう。
大規模な窃盗団などは外国で盗品をさばくケースなどもあり、取り締まるのは厳しいですが、国内の今回の犯人のような単独犯に対しては、買い取る側が厳しくなることで、盗んでも換金できないということで犯罪の抑止力となるケースも増えると思います。

今回の被害者も不在時に無施錠だったということが被害に遭ってしまった第一の要因でしょう。
このような事件で多く見られるのが「無施錠」による侵入です。
意外と無施錠の家が多いことに驚かされます。
泥棒が狙いを定めるまで

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年10月14日)|記事URL| あとで読む

福建省出身窃盗団

「福建省出身」窃盗団、民家狙って数十億円という記事が目に飛び込んできました。
「福建省」は、以前ピッキングが流行った平成12年以降「ピッキング御殿」がマスコミに紹介されていた場所。
窃盗という裏稼業での出稼ぎが集団で行われていたところです。

●中国・福建省出身者で構成する窃盗団が、東京〜兵庫間の11都府県にアジトを置いて空き巣を繰り返し、数十億円を荒稼ぎしていたことがわかった。警視庁や愛知県警などは既に複数のアジトを摘発、メンバー60人以上を逮捕し、全容解明を急いでいる。
愛知、岐阜、三重、静岡の東海4県では昨年5月以降、JRや地下鉄沿線の民家を狙った「焼き破り」による空き巣が300件以上発生。このうち一部に関与した複数の実行グループを、愛知県警が昨年秋頃、特定し、これまでに横浜市中区、無職男(25)(窃盗罪などで起訴)ら男女12人を逮捕した。
また、先月28日にはアジトとみられる名古屋市中区の雑居ビルの一室を捜索し、ガスバーナーなどの“七つ道具”のほか、盗んだ宝石類の鑑定に使う硬度計や、電子はかりを押収した。

・窃盗団の主要メンバーは新幹線で各都市を移動し、現地で、専門学校に通う中国人留学生らを集めて実行グループを結成。
・主に、ガスバーナーで窓ガラスの鍵付近に穴を開ける「焼き破り」という手口で民家に侵入していた
・侵入役や見張り役などに役割分担した上で、夕方、セールスマンを装ってスーツ姿で住宅街を徘徊(はいかい)。
・電気のついていない民家に狙いを付け、現金のほか、換金できる貴金属やパソコンを盗む
約300件(被害総額3億円以上)の犯行に及んでいたという。

 さらに、窃盗団から盗品の一部を買い取っていたとして、愛知県警は、大阪市内の無職男(37)も盗品等有償譲り受け容疑で逮捕。男は今年4月、同県豊川市内のアジトを摘発した際、盗品の指輪を所持していた。調べに対し、「中国にいるボスの命令で買い取っていた。しかし、ボスの名を言えば殺される」と供述しているという。

 窃盗団の一部は、中国の密航仲介組織「蛇頭」に金を払って漁船などで密入国していたといい、県警は、稼いだ金は違法な「地下銀行」を通じて本国へ送金していたとみて、銀行法違反容疑(無免許営業)でも捜査する。
(10月11日読売新聞より引用)

「分業化」「組織化」された窃盗団。驚くべきは、移動した先の留学生を実行犯に組み入れて犯罪を繰り返していた点です。
同郷ということで独自のネットワークがあるのでしょう。
現金以外は換金して全て本国に送金。
「蛇頭」への密入国の費用も百万単位であるようですから、窃盗をして稼ぐしかない状況で日本にいる窃盗団のメンバー。
アジトとなっている雑居マンションの一室に驚くほどの人数が寝泊りして生活しているといいます。
そのアジトを何回も変えながら、犯行の場所を変えています。まるで釣りで釣り場を変えるような感じです。

そして「サラリーマン」の格好で下見をしながら、夜に照明が点灯していない家を不在だということで狙い、「焼き破り」という手口で窓ガラスを割りそこから手を入れてクレセント錠を開けて侵入しているのです。

こうした窃盗団に対しては、窓・扉の強化を最低限実施することです。
●窓ガラスには防犯フィルムを貼る。
●窓、扉に補助錠をつける。
●窓・扉に窓扉開閉検知センサーを取り付け、こじ開けられた時点でベル・サイレンなど音で威嚇撃退する。
こうした防犯対策を講じることが必要です。

又、「不在であることが建物の外からわからないようにする」ことが大切です。
●室内照明を夕方になったら自動的につくようにタイマー設定する。
●洗濯物を暗くなっても干しっぱなしにしない。
●郵便受けに郵便物や新聞などが入れっぱなしにしない。長期外出時は配達を止める。
こうしたことに注意することで泥棒に犯罪対象とされない環境を作りましょう。

一歩進んだ防犯システム 自主機械警備システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年10月13日)|記事URL| あとで読む

中国 鉄道のレール泥棒逮捕 廃品業者に売却していた

河南省鄭州市で鉄道のレールを盗んでいたとして男2人が9月27日、巡回中の警察官に身柄を拘束されました。
2人は過去1カ月間で同様の犯行を5回も繰り返しており、いずれも廃品回収業の女に売却していました。
9月29日付で大河報が伝えました。

同紙によると、鄭州恵済公安分局に所属する警察官2人が9月27日に同省固城村を巡回しているとガスガンで鉄道のレールを切断している男に出会いました。
このほかにも男2人が切り出したレールを自動車に乗せていたということです。

これに対して警察官は現場付近がスペア用の線路だったことから不信感を抱いて職務質問を実施。
すると全員が退散したためこのうち2人を捕まえました。
取り調べに対して拘束された2人は「同様の犯行を過去1カ月間に5回も繰り返しており、いずれも廃品回収業の女に売却していた」と供述しています。
このため贓物を買い取った容疑で廃品回収業を営む女も拘束しました。
<9月30日14時44分配信 サーチナより>

中国で発生した鉄道のレール泥棒事件ですが、もしレールを盗んだことによって列車が脱線などすれば大惨事になっていました。
そうなると、ただの金属盗ではすまないでしょう。
刑罰が過激な国だと死刑も十分ありえるのではないでしょうか・・・。

半分錆びついているような鉄道のレールが金属としてどれくらい価値があるのか分かりませんが、結果として多くの人を殺してしまいかねないこの犯行にそれだけリスクを冒す価値があるとは思えません。
この泥棒が頭を使っていなかったのは明らかですが、普通、泥棒は犯行に対してリスクを考えます。

その犯行によってどれだけ対価を得ることができるのか。
防犯対策がきちんとされた事務所に狙いを絞って侵入したのはいいけれど、何も盗るものがなかった。
これでは危険を冒して侵入した甲斐がありません。

防犯センサーが作動し、誰かに見つかったり、最終的に警察に捕まるリスクだけが発生したようなものです。
泥棒はそのようなリスクは冒しません。

事前に侵入するターゲットを選びます。
何も対策をしていないような呑気な家や事務所を狙います。
扉や窓をバールでこじ開ければ一発です。
建物が無人であればやりたい放題犯行が行えますし、人がいても、深夜みな寝静まっている時なら平気で侵入する泥棒もいます。

この泥棒のターゲットにならないようにすることが我々ができる防犯対策です。
対策されている家にはあえて侵入することは少ないという泥棒の習性を利用し、事前の防犯対策を行うことによって、犯行のターゲットから外れる効果が期待できるのです。
抑止力強化(狙わせない)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年10月09日)|記事URL| あとで読む

外国人による窃盗。

外国人による刑法犯の検挙件数は平成20年2万3千202件、平成17年3万3千37件から比べると減っていますが、まだまだ非常に多い状態です。
その外国人による窃盗ニュースが2件ありますのでご紹介します。

●空き巣50件、2000万円か=容疑で韓国人2人逮捕−警視庁(10月8日時事通信)
マンションに侵入し、現金などを盗んだとして、警視庁捜査3課などは8日までに、窃盗などの疑いで、韓国籍の自称ゲーム機卸業男(39)=東京都新宿区大久保=と、韓国籍の自称貿易商男(40)=同=を再逮捕した。同課によると、2人とも容疑を認めているという。
 昨年11月からバールでマンションの窓をこじ開けて侵入するなどの手口の空き巣が都内で約50件(被害額約2000万円相当)起きており、関連を調べている。
 2人は短期ビザで出入国を繰り返し、国際郵便で盗んだ金品を韓国に送っていたという。 

●密入国し空き巣107件か=容疑で中国人2人逮捕−警視庁(時事ドットコム9.月15日)
 民家で腕時計などを盗んだとして、警視庁捜査3課などは15日までに、窃盗容疑で、中国籍の無職男(35)=千葉県野田市蕃昌=ら2人を逮捕した。同課によると、「密入国の際の借金返済と家族への仕送りのためにやった」と述べ、容疑を認めているという。
 7月下旬から9月9日の間、東京、千葉、埼玉各都県で空き巣107件を繰り返し、計2000万円相当を盗んだ疑いがあるとみている。
 逮捕容疑は先月20日午前7時10分から午後9時の間、世田谷区の男性銀行員(42)宅に侵入し、腕時計や現金など54点(計362万円相当)を盗んだ疑い。

どちらも短期間に荒稼ぎをした金額は非常に大きく、密入国を繰り返して空き巣を重ねていました。

外国人の犯罪を国別に見てみると、
検挙件数で中国が49.6%、ブラジル21.0%、韓国6.1%、ベトナム4.9%、コロンビア4.2%。
検挙人員では中国37.1%、ブラジル11.2%、韓国10.5、ベトナム9.4%、フィリピン7.5%。
外国人による凶悪犯検挙数は平成21年上半期、前年同期に比べ13.6%増えています。

外国人の窃盗の特徴は
「組織化」「分業化」「凶悪化」「短時間化」
そういう外国人の窃盗団に犯罪対象とさせないためには
「狙わせない」「入らせない」防犯システムが必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年10月08日)|記事URL| あとで読む

飲食店の給与狙い強盗。5人で分業、下見も。

飲食店の給与を狙った「強盗」が発生しました。

●東京都板橋区で昨年12月、飲食店経営会社の男性従業員(42)が襲われ、約4200万円を奪われた事件で、警視庁捜査1課と高島平署は7日までに、強盗致傷容疑で、同区徳丸、無職男(27)ら4人を、強盗予備容疑で、埼玉県所沢市松郷、運転手男(22)を逮捕した。
 捜査関係者らによると、一部は容疑を認めている。
 実行役は2人で、ほかにも関与した男らがいるとみられる。

 5人は遊び仲間。
 4人の逮捕容疑は昨年12月30日午後2時ごろ、板橋区成増のビル1階駐車場出入り口付近で、従業員にスプレーを噴き付けて暴行し、現金約4200万円入りのバッグを奪い、約1カ月のけがを負わせた疑い。 同課によると、現金は従業員の給料として、男性が近くの信用金庫から下ろしたという
 一人が同年10月下旬、同ビルを確認し、同社社員が信用金庫で現金を下ろす様子を下見した疑い。
(10月7日時事通信より引用)

下見をして、いつ給与引出しのためにお金を下ろすかを把握した上で、待ち伏せしてお金を引き出した後を追いかけ、ビル1階の駐車場で催涙スプレーかなにかを吹きかけひるむ隙に暴行しバックを奪った。
数人で犯行されれば、逃げることもできずにいたと思います。

それにしても4200万円ものお金を現金で支給していたとは・・・。
安全性を考えるなら銀行振込にするべきです。
又、お金の引き出しや会社へ戻る間は一人ではなく複数の人間で行うべきだと考えます。

そして、ひったくり防止のための「防犯カバン」を使用するなど防犯対策を行うことも必要です。

「ひったくり」や「強盗」は昨年10月以降急増し、平成21年上半期でも増えています。

「ひったくり」は平成21年上半期で前年同期に比べ14.8%増加しています。
「侵入強盗」は19.6%増加、「路上強盗」は12.1%増加しています。

手っ取り早くお金を手にすることができるからです。
この年末にかけてますます増えるのではないかと推測されます。
注意が必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年10月07日)|記事URL| あとで読む

自動車盗で270件。

自動車を盗んで売りさばく・・「自動車盗」が相変わらず多く、平成15年のピーク時(6万4千223件)から比べると減ってはいるものの平成20年は2万7千515件発生していました。

この自動車盗で被害3億3千万円も稼いでいた男が逮捕されました。

●自動車盗などで逮捕、起訴された男が計約270件の盗みを繰り返していたことが28日、茨城県警捜査3課と交通指導課などの調べで分かった。男は住所不定、自称農業、男(44)=窃盗罪などで起訴=で「金は覚醒(かくせい)剤の購入や宿泊代に使った」と容疑を認めている。

平成20年7月21日、潮来市内の中古車展示場から乗用車1台(約135万円相当)を盗んだとして4月に再逮捕されたが、その後の調べで、19年1月から約2年間に県内などの駐車場や自動車展示場から、未遂の18件を含め計271件(被害総額3億3千万円)の自動車盗を行っていた疑いがもたれている。
 
針金などでドアロックを解除、車は中東系の外国人が出入りしていた千葉県内の解体工場に持ち込むなどして現金化していた。

この男は他にも20年7月25日、潮来市内で盗んだ乗用車でオートバイに乗った少年=当時(17)=をひき逃げし死亡させたとして、今年2月に自動車運転過失致死容疑などで逮捕。3月には覚せい剤取締法違反容疑で再逮捕され、水戸地裁土浦支部に起訴されていた
(9月29日産経新聞より引用)

「自動車盗」の発生場所は、
道路上 9.7%
駐車場 58.9%
空き地 2.8%
公共交通機関 0.1%
その他街頭   0.0%
その他 28.5%
となっています。

自動車のキーは27.7%が「キーあり」で被害に遭っています。

被害額は、
200万未満が77.7%
200〜300万 9.2%
300万以上   8.6%
となっています。

「自動車盗」に遭わないためには、
防犯対策をしている駐車場に駐車する。
●自動車からはなれるときには短時間でも必ずキーをはずし、鍵をかける。
●合鍵などを自動車の中に置いておかない。
●自動車盗難防止装置を設置する。
といったことが大切です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年10月06日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?