1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2009年09月
  4. 金庫破り。現場でビールを飲んで・・・DNA鑑定で余罪判明。

防犯ブログ

金庫破り。現場でビールを飲んで・・・DNA鑑定で余罪判明。

金庫破りばかりを繰り返していた男。
ちょっとドジな癖で、余罪が判明していたようです。

●大阪市内で金庫破りなどを繰り返したとして、大阪府警捜査3課などは3日、窃盗などの疑いで大阪市浪速区元町、無職男(61)を逮捕し、計137件(被害総額約4750万円)のすべてを裏付け、送検したと発表した。

男は盗みの最中に冷蔵庫にあるビールやお茶を飲んで再び元の場所に戻すことがあり、容器に残った唾液(だえき)のDNA分析から裏付けがとれたケースもあったという。

 逮捕・送検容疑は平成14年3月から20年11月にかけて、大阪市西区を中心に、深夜に会社事務所などに忍び込み、137件の窃盗を繰り返したとしている。

 府警によると、警備会社と契約していない事務所を狙い、窓の格子を外すなどして侵入。バールなどで金庫をこじあける手口で盗みを繰り返していたという。
 原容疑者は20年12月に窃盗容疑などで逮捕され、137件のうち12件(約1083万円)は公判中という。
(9月3日 産経新聞より引用)

この泥棒は、現在の犯罪の特徴である「組織化」「短時間化」「分業化」といった流れに逆らい、「単独犯」で、犯行後もその事務所の冷蔵庫からビールやお茶を出して飲んでいたようです。そんなにのんびりできるのは警備会社に契約をしていない事務所を狙っていたからです。
警備会社契約先を狙う泥棒は「短時間化」5分以内に犯行を終えるなどで駆けつける前に逃げることを徹底しています。

その容器に残っていた唾液から余罪が判明するとは不用意な一杯でしたが、
こうした癖のある泥棒は少数派ですが時々まだ存在します。
必ず侵入した先のトイレに入る泥棒。
必ず侵入した先の冷蔵庫の食材を使用して料理をする泥棒。
ちょっと一杯・・とビールを飲んで酔っ払って捕まった、といったドジな泥棒もいるのです。

一般的に犯行にかける時間
・5分以内   29%
・5分〜10分 40%
・10分〜15分 9%
・15分〜20分16%
・その他    6%
10分以内とすると7割の泥棒が犯行を終えています。(警視庁生活安全課資料 逮捕者への調査)

そういう短時間化した泥棒に関しては、
●泥棒に侵入対象とされない「泥棒の嫌がる環境」を作る。
●侵入を早期」発見し、その場で音・光など泥棒の嫌がることで「威嚇撃退」する。

ことが最も大切です。
その場での音・光による威嚇撃退は泥棒に対して犯行を継続させないために最も効果のあることです。

泥棒は非常ベルに対して、「非常に気になり避ける」87%、「やや気になり場合によって避ける」11%「外して侵入する」2%と、98%の泥棒は避けるという認識を持っています。(警視庁生活安全課資料 逮捕者への調査)

自主機械警備システムNEXT
は、
「抑止力」で泥棒に「狙わせない」
「威嚇撃退力」で侵入者を「侵入させない」画期的な防犯システムです。

投稿者:総合防犯設備士(2009年9月26日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る