1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2009年07月
  4. 空き巣数億円荒稼ぎ コロンビア人

防犯ブログ

空き巣数億円荒稼ぎ コロンビア人

空き巣で数億円もの荒稼ぎをしたと思われる日本人とコロンビア人が逮捕されました。

●仙台地検は23日、神奈川県茅ヶ崎市甘沼男(43)とコロンビア国籍男(26)両容疑者を窃盗の罪で起訴した。

 起訴状では、両容疑者は3月下旬、仙台市泉区の会社役員男性(61)宅などから現金4万円と貴金属など65点(約97万円相当)を盗んだ、としている。

 また、宮城県警は23日、両容疑者と共に、会社役員男性宅から現金などを盗んだとして、住所不定男(35)を窃盗の疑いで全国に指名手配したと発表した。

 盗んだ貴金属類を小包で中南米などに送り、現地で何者かが売却。代金を、国内の銀行口座に入金したとみられる。
昨年10月頃から、東京、大阪、神奈川など7都府県で約400件、被害額数億円の空き巣を行った疑いもあるという。
(7月23日 読売新聞より引用)

「空き巣」は、侵入窃盗の内43.5%、住宅対象の侵入窃盗の74.0%を占める手口です。
この日本人とコロンビア人との窃盗団は、実行犯、見張り役、運搬役、換金役・・と役割分担していると推測されます。
そして、空き巣といえども、外国人窃盗団は武器を持っています。
そうした武器が使用されるのは、家人と犯行中に偶然でくわした時。

そんな「偶然」が悲劇を生み出します。
やはり、窃盗犯には狙われないことが重要です。

泥棒に狙われないためには、「泥棒の嫌がる環境」を作ることです。
「侵入防止4原則」というのがあります。
「目」「音」「光」「時間」
この4つの方法を駆使することで「泥棒の嫌がる環境」を作ることができます。

泥棒の嫌がる環境

投稿者:総合防犯設備士(2009年7月27日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る