1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2009年4月

防犯ブログ

泥棒ファッション・スーツにネクタイ派。

泥棒ファッションの特徴は
1)手口に合っていること。
2)周囲に溶け込むこと。

多くの泥棒がいかに周囲に溶け込み目立たないか、手口とマッチし、言い訳ができるかを考えて服装を決定しています。
そんな泥棒の2大流行ファッションが、一つは作業着。電気工事や引越しなどの作業着と自動車まで揃えて中にはロゴ入りの社員証まで用意して犯行に及びます。
もう一つが、スーツにネクタイ。サラリーマンを装い犯行に及びます。手元にはアタッシュケースとカタログなどで、訪問販売風に店舗や自宅を訪問し、不在確認をしたのち犯行に及びます。

警視庁で逮捕された泥棒はスール派でした。

●<窃盗>「スーツにネクタイ着用」…4容疑者を逮捕 警視庁
民家に侵入しパソコンなどを盗んだとして、警視庁捜査3課は6日、自称中国籍の横浜市中区英町、無職男(40)ら男4人を窃盗と住居侵入容疑で逮捕したと発表した。今年2月から3月中旬にかけ、神奈川、愛知両県で約100件(被害総額約1億円)の空き巣を繰り返したとみて追及する。

 逮捕容疑は、2月18日午前10時半ごろから19日午後2時ごろまでの間、神奈川県大和市の消防士の男性(44)方の風呂場の窓を割って侵入し、ノートパソコンなど28点(計約110万円相当)を盗んだとしている。いずれも容疑を認めている。
4人はいずれも黒いスーツにネクタイを着用し、ビジネスバッグを持ってサラリーマンを装っていた。日曜日は盗みはしなかったという。
(4月6日 毎日新聞より引用)

スーツにネクタイというのがすごくメリットがあるのは、ぱりっとした格好の人を第一印象で人は簡単に信用してしまうということです。高級スーツに高級時計、高級自動車で窃盗を繰り返していた泥棒が以前いましたが、誰も泥棒とは思っていませんでした。そんな立派な格好をしている人が泥棒であるはずがない、と勝手に思い込み信用していたのです。
作業着の場合は、少々屋根の上やベランダ、階段などに大きな荷物を持って歩いていたとしても「何かの作業中だ」と怪しまれないということです。
やはり、人は見かけによらないとはいいつつ、見かけで第一印象を強く持ってしまうことを否めません。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年4月06日)|記事URL| あとで読む

解雇され金に困り窃盗。日系ブラジル人3人。

100年に一度と言われる世界的な不況は生活苦からの窃盗を増やしています。

●自動車関連工場解雇され事務所に侵入。
新潟県江南署などは3日、上越市の運送会社から現金を盗んだ日系ブラジル人の3容疑者を窃盗容疑などで逮捕したと発表した。このうち2容疑者は勤務していた自動車関連工場を解雇されるなどしており、「金に困っていた」と供述しているという。3月22日深夜、共謀して上越市内の運送会社事務所に、玄関のドアをバールでこじ開けて侵入し、机の引き出しから現金約3800円を盗んだ疑い。 
一人の容疑者は08年12月、勤務していた愛知県の自動車関連工場の閉鎖に伴い失職。別の容疑者も2月に三重県の同工場を解雇されたという。
(4月4日 毎日新聞より引用)

●「金もなく腹も減った」 鮮魚店から刺し身盗む 千葉・行徳署
行徳署は4日、窃盗の現行犯で、住居不定の無職男(32)を逮捕した。同日午前2時55分ごろ、市川市行徳駅前の鮮魚店の裏口ドアをドライバーでこじ開けて店内に侵入、刺し身や厚焼き卵などを盗んだ
同店では2日未明から3日にかけて現金約50万円が盗まれる窃盗事件があり、同署員が警戒。裏口のドアが開いており、店内で男を発見、逮捕したという。同署の調べに対し、男は付近の公園や漫画喫茶で寝泊まりしていたといい、「金がなく、腹も減ったのでやった」などと話しているという。
(4月5日産経新聞より引用)

どちらも生活苦による窃盗です。
素人がプロの領域に入りつつある窃盗の世界。
最初の犯行が成功しtしまうと次々と犯行を重ね、プロの「泥棒」になる可能性も高いと思います。
「金もなく原が減ったのでやった」という犯人の言葉が悲しく、なんともやり切れませんが、こうした素人泥棒が犯行できない防犯環境を作り「これは侵入できない」と犯行を踏みとどまらせることが重要です。

そのためには、扉や窓の防犯対策が必要です。
多くの泥棒が、扉をこじ開けたり、窓ガラスを割って侵入して窃盗を行います。
そのために、
●敷地内に入った時点で「侵入には気が付いた」ことを音声メッセージ、光で知らしめる。
●扉・窓に補助錠を設置し、時間をかけさせる。
●勝手口に人感ライト+防犯カメラを設置する。
●窓・扉開閉検知センサーを設置し、侵入者がこじ開けると同時にその場でベルやサイレンなどで威嚇撃退する。
●防犯カメラやセキュリティキーパーといった見せる防犯装置で「ここは防犯システムが完備している」ことを建物外で知らしめ、犯行対象から外させる。
といった防犯対策を行うことをお勧めします。
自主機械警備システムNEXT

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年4月06日)|記事URL| あとで読む

防犯カメラを取り付けたその日に賽銭泥棒。即逮捕。

「お手柄 防犯カメラ お寺の巻」

寺社は今、放火、仏像盗難と犯罪に遭う可能性が高くなっておりその対策に頭を悩まされています。
防犯カメラを設置してすぐに犯人が逮捕されるというニュースがありました。

福岡県警うきは署は1日、同県うきは市内の寺に無断で侵入したとして、住所不定、無職男(35)を建造物侵入容疑で緊急逮捕した。逮捕容疑は、3月31日午後11時10分ごろ、本堂に、鍵の掛かっていない入り口から侵入したとされる。僧侶には「お参りをしていただけ」と繰り返したが、逮捕後の調べに「さい銭を盗もうとしていた」と供述。同署は窃盗容疑でも追及する。

 寺では3月29、30日に続けてさい銭が盗まれていたことから、31日夜に本堂内に防犯カメラを設置。
僧侶3人で映像を監視していた。監視を始めて2時間後の午後11時過ぎ、容疑者が本堂に現れ、さい銭箱を物色し始めたので、3人が本堂へ駆け込み、出ていこうと靴を履いていた容疑者を取り押さえた。
(4月2日 毎日新聞より引用)

防犯カメラが早速効果を発揮してよかったと思います。
ただ、ずっとご住職がモニターの映像を見ているのは大変です。
侵入検知センサーと連動させ(あるいは侵入検知センサー付き防犯カメラを使用する)、侵入者があったときだけチャイムが鳴りモニターを確認するというようにすると、もっと使い勝手が良くなると思います。
プラス「見える自主機械警備システム」にすれば、外出中にも侵入があればFOMA携帯電話に動画が自動通報されてきますし、気になる時にはいつでも状況を動画で確認できより安心です。

先日からの仏像盗難に合せて、実際にTVの取材を受けました。東京の新宿区にある「自性院」様でも、盗難・放火・器物破損と何度も被害に遭われて、パンチルトタイプの防犯カメラや赤外線センサー等を設置されていました。
広大な敷地の中に不審者が入ってきても庫裏で把握できるということは非常に安心だと話されていました。
家族も一緒に住まわれていますから家族の安心も重要なポイントになっていると思います。

備えがあるということは、それだけ心に余裕が生まれます。
大切な仏像や寺の建物を守ることは信仰そのものを守ることになります。

お寺の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年4月03日)|記事URL| あとで読む

連続放火の尼崎、特別警戒本部を設置。

放火されない、放火させない。放火されても被害を大きくさせない放火対策方法
全国的に放火被害が相次いでいますが、特に今尼崎市内で3月以降に25件発生するなど異常な事態となっています。

●尼崎市南部から西部地域で29、30の両日、マンションの駐輪場に止めてあったミニバイクや自転車などが燃える不審火が計7件相次いだ。いずれもけが人はなかったが、市内では今月に入り、同様の不審火が22件発生。
30日午後2時20分ごろ、北竹谷町のマンションで駐車中の乗用車3台が燃える火事が発生。さらに約1時間あまりの間に現場から北西約1キロの範囲内の蓬川町、大庄西町、大庄北でミニバイクと自転車がそれぞれ3台、オートバイ1台、壁の一部が焼けた。
また、29日午後にも阪急武庫之荘駅周辺でマンションの物置内の古新聞や、路上に停車中のミニバイクなどが燃える不審火が3件あった。

 いずれも現場に火の気はなく、狭い範囲で短時間に連続して出火しており、同署などは放火の疑いが強いとみて調べている。

同様の不審火は1月に8件、2月にも3件発生していたが、3月に入り、激増、今年に入り36件となりました。
市消防局は1日、警備体制の強化を図るため、「連続放火火災特別警戒本部」を設置しました。

 警戒本部では、消火活動資材の増強や警察との連携強化を図り、再発予防に努めるほか、チラシやステッカー計約1万4000枚を各地域の自治会を通じて配布したり、消防車両を使って家の周りに燃えやすいものを置かないようアナウンスするなど、市民に防火対策の徹底を呼びかけていきます。
警戒本部の設置は15人が死亡した平成2年の「長崎屋尼崎店」の火災以来となります。
(3月31日・4月2日産経新聞より引用)

放火対策のために絶対に必要なのは、住民一人一人の「防犯意識の高揚」です。
先日も火災で子供がなくなっていましたが、火災が発生すると最も被害を受けるのが子供とお年寄りといった弱者です。
そういう被害を出さないためにも、「放火されない、放火させない。放火されても被害を大きくさせない」
という防犯対策を取ることが大切です。

放火対策
●敷地内に不審者を入れないこと。
●周囲に放火しやすいものを放置しないこと。
●夜間も明るく死角を作らない。
●放火をいち早く検知し初期対応すること。
●放火パトロールを不定期に実施する。家の周囲を見回る。
●常に「人の目」がいきとどいている状態を作る。防犯カメラなどで補完する。

1)敷地内に不審者を入れないこと。
赤外線センサーなどで外周警備を実施し、不審者がフェンスを越えたり、塀をよじ登ったり、敷地内に侵入した時点でベルやサイレンで威嚇撃退する。
不審者が敷地内に侵入してしまうと、放火だけでなく、盗難や器物破損といった被害も発生します。
そうした被害を発生させないためにも、自分のエリアを明確にし、簡単に侵入させないことが重要です。
建物の外にいる段階で「ここは警備がすごいのでやめよう」という気持ちにさせることが大切です。
セキュリティキーパーなど抑止機器

2)周囲に放火されやすいものを放置しないこと。
段ボール箱、ゴミ、古新聞、古雑誌、木材などが敷地内に放置されたままであるとそういうところに放火される可能性があります。ゴミをゴミの日以外に出している地域などは住民のコミュニティが希薄であることを犯罪者は感じ取ります。常に周囲に気を配り、犯罪が起こしにくい「人の目」が行き届いているということが重要です。

3)夜間も明るく死角を作らない。
夜間暗闇の中に姿を隠すことができるのは犯人には好都合。防犯灯や人感ライトなどで周囲を明るくし死角を無くすことで犯罪者が犯行しにくい環境が作れます。
これは地域全体で取り組むことが重要です。

4)放火をいち早く検知し初期対応すること。
火災感知器では温度の上昇を検知する方式のためある程度の火の手が上がってから検知することになります。
木造建物の場合はそれでは遅いので、放火の危険がある場所には炎センサーを設置することをお勧めします。
炎センサーは10メートル先の7センチの炎を検知、音声メッセージでその場で警告したり離れた管理者に連絡することができます。
また、見える防犯自主機械警備システムと連動することで、その場にいなくても携帯電話に画像通報することができます。
赤外線センサーや炎センサーなどが異常を検知すると防犯カメラの動画映像をFOMA携帯電話に自動通報するので、現場状況を動画で確認し、より適確な初期対応を行うことができます。
5人まで送信することが可能です。

お勧めの放火対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年4月02日)|記事URL| あとで読む

車上狙いで、個人情報入りUSBメモリー盗まれる

車上狙いの被害に遭ったのに、犯罪加害者扱いとなった事例をご紹介します。

30日、公立中学校の男性教諭(28)が、生徒の個人情報を保存していたUSBメモリー1個を盗まれた。
男性教諭は5日夜から6日朝にかけて、自宅に停めていた車の中からUSBメモリーが入ったかばんを盗まれた。メモリーには、現在の勤務校や前任校の生徒72人分の連絡網、39人分の通知票の所見、259人分の成績などが入力されていた。データ保護のパスワードは設定されていなかった。

 かばんに入っていた免許証などは7日に埼玉県内で見つかったが、メモリーは発見されていない。
これまでのところ情報流出による被害は確認されていない。 男性教諭の勤務校では、個人情報を持ち出す場合、校長に許可を得なければならないが、許可を得ていなかった。
県教委は同日付で男性教諭を戒告の懲戒処分にした。
県教委は「前任校のデータの取り扱いなどを含め管理を見直し、再発防止に努めたい」としている。
(3月30日 産経新聞より引用)

自宅に泊めていた自動車が車上狙いに遭って、多分窓ガラスが割られるなどして中からかばんなどが盗まれた。
これだけなら「被害者」であったのですが、かばんの中に荒神情報の入ったUSBメモリーが入っていたため、教育委員会に報告、戒告の懲戒処分を受けるはめになってしまいました。
免許証がもどってきてそのことだけは良かったのですが、免許証などは悪用される可能性もあるため、かばんの中などに入れたまま自動車の中に置きっぱなしにしないことが大事です。

こうした被害に遭わないためには
● 自動車の中にかばんやノートパソコンなどを放置しない。
● 個人情報を持ち出さない。
● 自動車は防犯対策の十分されている駐車場にとめる。自宅の場合でもシャッター付車庫で、シャッター開閉検知センサーや人感ライト、防犯カメラなどの設置する。
● 車の中に自動車盗難防止器を設置しておく。
といったことが大事です。

車上狙い対策
駐車場のセキュリティ(防犯対策)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年4月01日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?