1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2009年3月

防犯ブログ

ネットで知り合った中国人に空き巣教わった中国人

民家に忍び込んで現金5万円などを盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗などの疑いで、いずれも中国国籍の東京都足立区千住宮元町、無職、A(30)と、B(22)の2被告=窃盗などの罪で起訴=を再逮捕しました。
同課によると、いずれも容疑を認めています。A容疑者は「インターネットのチャットで知り合った中国人から空き巣の方法を教わった」と供述しているということです

 同課の調べによると、2人は昨年10月26日、千葉県松戸市、自営業の男性(33)方に窓ガラスを割って侵入し、現金約5万円とデジタルカメラなどを盗んだ疑い。

 2人は別の空き巣事件で今年2月に窃盗などの疑いで逮捕され、起訴されていました。
現場に残された足跡や手口などから、同課は2人が空き巣約50件に関与したとみて捜査しています。

 同課によると、A容疑者が利用したとされるインターネットのチャットは中国人向けで、共犯者を募集するなど犯罪の温床になっている可能性があります
A容疑者は福建省出身の中国人から泥棒の運転手としてスカウトされたが、「福建省の人間は信用できない」と拒否。ただ電話で連絡を取り合い、窓ガラスの割り方など空き巣のやり方を教わったということです。
(3月16日産経新聞より引用)

インターネットが犯罪に利用させるというのは最近増えています。
闇サイトで募集し、運転手や銀行口座作成、携帯電話登録などをさせたり、実際の窃盗や振り込め詐欺の実行犯をさせたりといった犯罪者募集や、ピッキングなどの方法を掲載したり、その特殊工具などを販売したり・・というようなことで犯罪に利用されているのです。
顔が見えない、誰か特定が困難といったインターネットの特徴を悪用しているのです。
中国人専用のチャット・・どんなことが書かれているのか?
そうした情報源も摘発し、なくしていくことが必要となります。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年3月17日)|記事URL| あとで読む

放射性物質含む機器部品紛失…栃木、盗難か

あってはならない事件が発生しました。


栃木県足利市田島町の北関東自動車道建設現場で放射性物質を含む測定機器の部品がなくなったと、足利署が15日発表した。県警で盗難事件として調べている。
県警によると、なくなった部品は、微量の放射性物質コバルト60とカリフォルニウム252を含む直径約1・5センチ、長さ約22センチの金属の棒。13日午前7時50分頃、事務所の駐車場で、作業員が部品を入れた鉛の円筒ケースを置いて離れ、約30分後に戻ると、ケースごとなくなっていた。14日になっても見つからないため、工事を行っている業者が同署へ届け出た。

 文部科学省によると、放射性物質から1メートル以上離れていたり、ケース内に入れていたりすれば人体にほとんど影響ないが、48時間、触れ続けると局所的に一般人の年間許容量の50倍の被曝(ひばく)量になるという。県警は、見つけたら、ケースから取り出さずに届け出るよう呼びかけている。 (3月15日読売新聞)

盗んだ泥棒は金属の棒で高く売れると思ったのでしょうか?
まさか放射性物質が入っているとは思っていないと思います。
北関東自動車道建設現場での盗難事件。
これは偶然ではありません。
建設現場からの盗難は多く、建設用備品や配線材料などが盗まれています。
翌日設置予定の空調などが一式盗まれることもあるようです。

いずれにしても、盗まれた場合、翌日からの工事に支障が出てしまうため被害は盗まれた商品だけに済みません。

又、今回のように「放射性物質」が入っていたら、二次被害なども考えないといけないと思います。
又、子供が工具などをおもちゃにして怪我をしたりする可能性もあります。
建設現場はやはり侵入者を防ぐための防犯対策を実施する必要があります。

足場などでもワンポイントの防犯対策を実施されるところが増えてきています。

資材置き場映像確認システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年3月16日)|記事URL| あとで読む

気弱な泥棒? 妻に説得され盗品を持って警察に出頭

土木作業員の男(28)が妻(25)に説得され、現金約100万円や商品券など盗品全てを持って警察署に自首し、窃盗容疑で逮捕されました。
高松市円座町の会社のトイレの窓から侵入し、室内の金庫に保管されていた現金101万520円と机の引き出しにあったデパートの商品券など21点(計2万1000円相当)を盗んだ、とされています。
金庫の鍵は室内を物色して探し当てたということです。

帰宅が遅かったことなどから事件に気づいた妻は、男を説得。
男は盗品を持って妻と出頭したということです。
男は「妻の説得で『このままでは捕まる』と考えた。将来やり直すために盗品を使わずに自首した」と話しているということです。
<3月10日17時6分配信 毎日新聞より>

逮捕された男は「このままでは捕まる」と考え、自首したと話しています。
泥棒や犯罪者にこのように思わせることができれば防犯対策として非常に効果がある、ということです。
防犯システムによる音や光による威嚇、防犯カメラの映像記録による監視、強度の高い窓ガラスや扉の設置で簡単には侵入させない、などその場に留まることで自らが捕まってしまう危険性が高いと思わせれば成功です。
その為の事前の防犯対策ということです。

一戸建て住宅の犯罪事情と防犯対策
泥棒の心理を読み解く

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年3月13日)|記事URL| あとで読む

入院患者の財布盗んだ看護師逮捕 滋賀

看護士が入院患者の財布から現金を盗む・・・ちょっとショッキングな事件が滋賀県でありました。

入院患者の財布から現金6万円を盗んだとして、滋賀県警草津署は11日、窃盗の疑いで草津市橋岡町の看護師女(23)を逮捕した。同署によると、容疑を認めており、「ほかにも現金を抜き取ったことがある」と供述しているという。

 逮捕容疑は、10日午前10時から午後7時までの間、勤務する社会医療法人誠光会草津総合病院で、入院中の京都府宮津市の会社役員の男性(78)が検査中に、財布から現金6万円を盗んだ疑い。
(3月11日 産経新聞)

介護する側とされる側。その関係も基本は人間としての信頼感だと思います。
それがこうした事件があると失われてしまうのではないかと危惧します。
実際にはこうした被害記事は年に何度か目にします。
又、外部からの侵入者による入院患者の持ち物や現金盗難の被害もあります。
やはり、個人の貴重品保管用のセキュリティボックスをお勧めします。
セキュリティボックス

財布や携帯電話など、従業員の貴重品保管に。

個人の貴重品庫に便利
衣類ロッカーが置けない店舗・事務所のバックヤードに最適の省スペース型
上下、左右に連結個数は自在
キーユニットはメカ式のため面倒な電池交換や配線工事は一切不要
キーの紛失が起きても140万通りのプログラムの中から容易にキー変更が可能です。
外形寸法:W200×H120×D200mm
ボックス寸法:W115×H95×D185mm

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年3月12日)|記事URL| あとで読む

焼き破りで空き巣100件。中国人窃盗団

平成20年10月〜21年2月、埼玉、茨城など4県で約100件の空き巣を繰り返していた中国人2人を含む男3人が埼玉県で逮捕されました。

埼玉県警捜査3課の調べでは、2月18日、前橋市山王町の中古車輸出業経営の男性(56)宅から現金約4万円とネックレスなど25点(65万円相当)を盗むなどした疑いが持たれています。
平成20年10月〜21年2月、埼玉、茨城など4県で約100件の空き巣を繰り返し、被害は約4700万円に上るとみられ、同課は裏付けを進めています。

カーナビで住宅街を探し、窓ガラスをライターとドライバーを使って割る手口で犯行を重ねていたということです。
(3月10日 産経新聞より抜粋)

カーナビで住宅街を探し出し、車で住宅街を走りながら「下見」をする。
下見の時点で、道路から人目に付かず侵入できそうな「見通しの悪い家」を見つけ出す。
色々な角度から侵入経路、逃げ口を想定、どの窓から侵入すれば人目につかずに侵入できるかを考え、侵入ターゲットとする家と侵入口を決定する。
その家の家族構成、生活パターンより不在になる時間帯を調べる。
インターホンを鳴らしたり、外の洗濯物の有無、郵便物の有無、室内照明などから「不在確認」を行い、不在であることを確認して犯行を決行する。
敷地内に入り、窓ガラスに近づき、窓ガラスをライターで焼いたあと水をかけドライバーで割り、クレセント錠を開けて侵入する。

こんな方法で窃盗団はターゲットを絞り侵入するのです。
窃盗団は複数で犯行を行います。見張り役・運転手、実行犯に分かれ、武器を持っていることも多いです。

こうした窃盗団や泥棒に対しては、建物の中に入られてしまったら駄目なんです。
建物内に入られてしまったら、ガラスを割られるなどの実害があるだけでなく、もし万が一犯行途中に家族が帰ってきてばったり出くわしたりしたら「いなおり強盗」に早代わりして、家族の命まで危険にさらせれることになってしまいます。
また、実際に泥棒が室内に入ると、いろいろなものを物色のため触るわけです。
泥棒によっては何も金目のものがなかった場合には腹いせに備品にいたずらしたりする泥棒もいます。
酷い場合には放火されることもあります。またある泥棒はその家のポットにおしっこしたそうです。

ぞっとするような話ですが、実際に泥棒に入られて、怖くて眠れなくなった、安心できないので引越しをした、といった話も聞きます。やはり建物の中に入られては駄目だということをその度に確信します。

下見をする泥棒に対して「警備中」の大きな文字と電飾灯でセキュリティ・防犯システムが完備していることをアピールし「ここはやめておこう」という気持ちにさせる「抑止(予防)」のためのセキュリティキーパー
建物に近づいた時点でベル・サイレンなど音と光で威嚇撃退する「外周警備
そうした防犯システムで、侵入者を建物内に入らせる前に退散させることこそ防犯の基本です。
そんな防犯の最も進んだ形がセキュリティハウスの「自主機械警備システム」なのです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年3月11日)|記事URL| あとで読む

空き巣容疑で中国人ら3人逮捕 被害100件4700万か


 埼玉県警捜査3課と朝霞署などは10日、窃盗などの疑いで、中国籍で蕨市錦町の自称無職、曹礼敏容疑者(29)ら中国人2人を含む男3人を逮捕した。

 捜査3課の調べでは、曹容疑者らは2月18日、前橋市山王町の中古車輸出業経営の男性(56)宅から現金約4万円とネックレスなど25点(65万円相当)を盗むなどした疑いが持たれている。調べに対し、いずれも容疑を認めているという。

 捜査3課によると、曹容疑者らは平成20年10月〜21年2月、埼玉、茨城など4県で約100件の空き巣を繰り返し、被害は約4700万円に上るとみられ、同課は裏付けを進めている。

 曹容疑者らはカーナビで住宅街を探し、窓ガラスをライターとドライバーを使って割る手口で犯行を重ねていたという。
(3月10日 産経新聞より引用)


泥棒は、この中国人窃盗団と同じように「下見」を行います。
下見の時点で、「侵入しやすい家・建物」を見つけてターゲットを絞るのです。
道路から見て、自分の姿が見えない場所に、侵入経路となる窓や扉があるか?
死角になるような高い塀や植木があるか?
隣の建物や駐車場、駐車している自動車など足場となるものがあるか?

又、不在である「しるし」があるかどうか?
例えば、郵便受けに郵便物が溜まっている、夜になっても洗濯物が干しっぱなし、夜になっても照明がついていない・・・

こうしたことを考えながら、下見をしているのです。

こうした泥棒の行動・心理を十分に考えて、泥棒の嫌がる環境を作る事が防犯には最も大切だとセキュリティハウスでは考えています。
泥棒の嫌がる「抑止力」のある自主機械警備システム


続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年3月11日)|記事URL| あとで読む

防犯カメラを盗んだ泥棒、映像で逮捕

防犯カメラが犯人逮捕の決め手になることが最近増えてきています。
商店街、コンビニ、銀行、駅・・といたるところに防犯カメラがあり、その録画映像を分析することで、犯人の全体像が見えてきて、結果逮捕につながっているのではないかと思います。

泥棒も防犯カメラに対してはかなり意識をして下見の時にも確認します。
鹿児島で9日に逮捕された泥棒(女47)は、侵入した農家で防犯カメラに気づき、その防犯カメラを盗んで逃げています。
防犯カメラは犯行の一部始終を撮影しており、この映像が逮捕の決め手になりました。

2月21日午後2時35分頃、同市の農業男性(71)方で、ボイラーの上に設置していた防犯カメラ(約1万5000円相当)を盗んだ疑い。「侵入した際にカメラに気付き、『映っているんじゃないか』と思い、カメラを持って帰った」などと供述しているということです。

 この男性宅では昨年、空き巣被害に遭ったため、数台の防犯カメラを敷地内に設置していたということです。
(3月10日読売新聞より抜粋)

泥棒は下見の時に防犯カメラや警備システム、防犯システムなどの有無やその種類をチェックします。
約98%の泥棒は、防犯ベルのあるところは避ける、できる限り避けるといったデータもあります。
防犯カメラも泥棒にとっては「人の目」を補完するもので、出来る限り避けたいものの一つです。

この泥棒も、農家に侵入して防犯カメラに気づきびっくりして防犯カメラ本体を盗んだのだと思われます。
しかしその時には既に映像は録画されており、動かぬ証拠となったのでした。
むしろ防犯カメラを盗もうと近づいた映像も録画されていますから、最後の映像は顔のどアップとなっていたのではないかと思います。

防犯カメラの映像をその場で録画するだけでなく、離れた場所のFOMA携帯電話に侵入時に自動送信する「見える自主機械警備システム」が今話題です。本日の日経新聞にも広告が掲載され多数お問い合わせをいただきました。
このシステムの優れたところは、防犯や防災、非常押しボタンなどと連動して異常発生時に画像通報することとは別に、見たい時にいつでも防犯カメラの映像を携帯電話で見ることができる点にあります。
気になる場所を遠隔から状態を確認することができるため、経営者や現場管理者に非常に好評です。
見える自主機械警備システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年3月10日)|記事URL| あとで読む

国公立大狙いの泥棒

「国公立大狙い」といっても受験ではありません。

京都大学の教授室からデジタルカメラを盗んだとして、熊本県警熊本北署などは7日、窃盗などの疑いで、福岡県筑紫野市二日市北、職業不詳M(43)を逮捕した。県警によると、同容疑者は「知らない」と否認しているという。
 東北から九州まで24府県の国公立大学で同様の被害が約30件あり、現金計百数十万円と計約400万円相当の物品が盗まれているといい、県警は大学研究室を狙った広域窃盗事件とみて関連を調べる。 逮捕容疑では、M容疑者は昨年11月6日未明、京都市左京区の京大大学院人間・環境学研究科の教授(56)の部屋に侵入し、デジカメ2点(計14万円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、署員らが筑紫野市内の質店で盗まれたデジカメを見つけ、台帳からM容疑者が浮上した。
残された記録などによると、同容疑者はノートパソコン数台を同店で換金したとみられるという。 
(3月7日22時9分配信 時事通信)

大学からノートパソコンを盗み、換金する。
この手口での犯行が多発していました。
「大学は警備が甘い」と泥棒は話しており、自由に出入りできるという大学の隙を狙って侵入し、ノートパソコンを盗み出し質屋や中古パソコン販売店、インターネットオークションなどで販売するというパターンです。

私立より国立の方が入りやすかったとの供述もあります。
大学や大学病院は警備システムの見直しを行い、パソコンの持ち出し防止、不審者の研究室への出入りを検知する、入退出管理するといった方法をとることをお勧めします。

大学向けセキュリティシステム
大学の犯罪事情

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年3月09日)|記事URL| あとで読む

建仁寺仏像盗難 犯人の「下見日記」

先日逮捕されたこの男は、事前にお寺の防犯システム状況等を確認し、日記に記していました。

"京都市東山区の臨済宗建仁寺で木造十一面観音坐像(ざぞう)が盗まれた事件で、京都府警が容疑者宅から押収した日記に、「(防犯用)センサーは大丈夫」などと寺の防犯システムを下見したことを示す記述があることがわかった。
容疑者はこれまでに、京都市内の五つの寺から仏像を盗んだことを認め、これらの寺で下見を行ったとの記述もあることから、府警は、計画的な連続犯行とみている。
捜査関係者によると、日記には、毘沙門堂(山科区)や東寺(南区)など複数の寺について「ここまで行けばセンサーは大丈夫」などと警報装置の作動範囲が記され、さらに「仏像を包むためにコートを用意した」などと事前の準備についても書かれていたという。
容疑者は、建仁寺や毘沙門堂、東寺での犯行に加え、昨年9月に宝泉院(左京区)の「韋駄天像」、今年1月には右京区内の寺から木造の座像を盗んだことも自供しているという。"
【読売新聞 3月6日より抜粋】

泥棒は必ず下見をするといわれています。
泥棒の完全犯罪遂行のためのポイントを以下に挙げてみますと、

* 「安全性」...人目につかずに犯行できるか、捕まらないか。
* 「容易性」...簡単に侵入できるか。
* 「確実性」...確実に儲けることができるか

「人目につくこと」を嫌がるのは、誰かに顔を見られる可能性が高い、すなわち、つかまる可能性が高くなるからなのです。

■防犯泥棒大百科:「泥棒が狙いを定めるまで
■セキュリティハウスサイト:「泥棒の心理

続きを読む

投稿者:スタッフ(2009年3月06日)|記事URL| あとで読む

強盗被害をヒントに狂言強盗

“愛知県稲沢市の牛丼チェーン店で、売上金を奪われたと偽り、現金約72万円を盗んだとして、県警稲沢署は4日までに、窃盗容疑で、同店アルバイト店員の男(35)とトラック運転手の男(35)を逮捕した。
 同署によると、アルバイト店員の男は「別の店で強盗被害に遭い、その経験をヒントにした」などと話している。また、この店員はトラック運転手の男や消費者金融などから計約400万円の借金があったという。
 逮捕容疑では2人は共謀し、昨年10月14日未明にアルバイト店員が働く店で強盗被害に遭ったと偽り、金庫から売上金を盗んだ疑い。”
【時事通信社 3月4日より抜粋】

特にチェーン展開をしている店舗や賃貸アパートは、連続して強盗被害に遭うケースが多く見られます。
逮捕されたある容疑者は、「チェーン店はつくりが同じで狙いやすい」というような供述をしています。
確かに同じような間取りであれば材料費や工事費等も把握しやすく、必要備品数もある程度分かるので管理しやすい環境だと思います。
逆に犯罪者側から見ると、「狙いやすい店」「狙いやすいアパート」等として格好のターゲットにしやすいようです。
今回の事件は、過去に強盗被害に遭った店の店員が、自作自演の狂言強盗をするという最悪の状況を招いてしまいました。
狙われないようにする為にも、しっかりとした防犯対策が必要です。

■セキュリティハウスの防犯対策:
 『強盗対策
 『守りたいものは何ですか?

続きを読む

投稿者:スタッフ(2009年3月05日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?