1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2009年02月
  4. 総合防犯設備士

防犯ブログ

総合防犯設備士

2000年より開始された「総合防犯設備士」
この資格は社団法人日本防犯設備協会が主催で実施している防犯業界での個人で受けられる最高の資格です。

この総合防犯設備士は現在全国に253人存在しています。
そして、セキュリティハウス・センターにはそのうち13名、セキュリティハウス・ネットワーク全体で58名の総合防犯設備士が所属しています。なんと全体の約4/1近いということで、ちょっと業界では有名な存在ではないかと思います。

セキュリティ・防犯を考える時には、泥棒の手口や心理、防犯環境設計の考え方、ユーザーが抱えているリスクまで考えて最適な防犯対策を提案する必要があります。
それは、ハード(セキュリティ機器の知識)だけでなく、ソフトの知識があって初めて実現できるものです。
そうしたソフトも含めた知識の修得を行うことが、お客様に本当の意味の防犯「安心・安全」を提供できるとの考えで、セキュリティハウスでは防犯のプロであることに拘り、防犯のプロにんるための各種研修や実習を徹底して行っています。

総合防犯設備士の受験も「防犯のプロ」を目指す一貫にあります。
この3月2日〜6日、東京ビックサイトにてセキュリティショーがあります。
弊社のブースは「SS2203]では、日経新聞に26日半5段広告をしたFOMA携帯電話で防犯対策やカメラの遠隔監視を行う「見える自主機械警備システム」、インターネット回線で瞬時に異常時にメール送信・履歴管理や遠隔操作も可能な「自主機械警備システムNEXT」を始め、ヘルスケア商品、防犯カメラシステム、強盗対策システムなどを展示、実演しています。
総合防犯設備士にぜひ会いに来てください。

投稿者:総合防犯設備士(2009年2月27日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る