1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2009年2月

防犯ブログ

振り込め詐欺、依然として増加

追う方と追われる方、攻防戦はいたちごっこと言いますが、最近また振り込め詐欺に関する報道が目立つようになってきました。
今までのケースですと、身内を名乗るものから「トラブルで至急に金が必要」というような連絡があり、指定する口座へ振込みを促すものがほとんどでした。
ところが昨年より、宅配便やバイク便、郵便局のエクスパック(小包)を現金受け取りに利用するケースが増加しており、被害も年々拡大しているようです。
また、今年に入ってからは定額給付金の給付を装った詐欺や、個人情報の詐取といったケースも増加しているようで、警察庁や総務省も呼びかけを行っています。

また、相次ぐ被害を防ぐ為に、警視庁と宅配業界が連携し、対策を行っていくようです。

“振り込め詐欺の犯人が、宅配便やバイク便を現金の受け取りに利用するケースが増えているとして、警視庁と業界団体は2日、対策会議を開き「受取人の身元がはっきりしない不審な依頼は拒否する」などの対策を決めた。

 警視庁によると、今年1月末、都内の女性(70)宅に「会社の金で浄水器を買ってしまったので、金を貸してほしい」と息子を装った電話があった。犯人はバイク便に女性宅まで現金を取りに行かせ、私書箱に届けさせる手口で630万円をだまし取ったという。
 現金を手渡しさせる手口は昨年後半から増加。昨年1月は被害全体の約4%だったが、今年1月には約37%に上った。
 犯人グループが業者に成り済ます場合が多いが、実在するバイク便が「運び屋」として使われた例もある。届け先は私書箱が多用されるほか、駅前やコンビニ前などで渡すケースもあった。”

【2009/02/02 共同通信より抜粋】

上記の取り組みのほか、ヤクルトや宅配ピザのピザーラでは、配達の際に振り込め詐欺注意を促すチラシをすでに配布しており、今後も対策が期待されています。
景気の悪化に伴い、今後もこういった事件が増えてくる事が予想されます。
不審な電話や封書が届いた際には、警察等に相談する等、私達の自衛が第一です。


《参考リンク》

●警察庁ホームページ:「振り込め詐欺」の認知・検挙状況について(平成20年)

●総務省ホームページ:重要なお知らせ

続きを読む

投稿者:スタッフ(2009年2月03日)|記事URL| あとで読む

ゴルフ場の茶店荒らし、自給自足7年間。

19府県でゴルフ場荒らし…7年間で950万円相当盗む

ゴルフ場の茶店に狙いを定め“自給自足”のサバイバル生活を送っていた窃盗犯が逮捕されていました。
山あいのゴルフ場などを転々としながら現金や食料品を繰り返し盗んでいた男(49)。
富山、石川など19府県で216件、計950万円相当の盗みをして、盗んだ現金は約755万円。

この泥棒は2002年から08年の約7年間で、ゴルフ場のコース途中にある茶店を狙い、ガラスを割って侵入。
冷蔵庫にあるビールや日本酒を飲むと、その場にあった材料を使ってチャーハンなどを作って“腹ごしらえ”。
満腹になると、金庫を探し、バールなどを用いて現金を盗んでいたということです。

 「警察官から職務質問をされる心配がなく、人も来ない」と寝袋を持参しての山での生活を続けていました。
冬場は、落ち葉を拾い集め、体に掛けるという原始的な手法で寒さをしのいでいたといいますから、あきれます。
ターゲットにしたゴルフ場の茶店に食料品などがなくなると、数日間かけて山を徒歩で移動したり、盗んだ金で電車での移動を繰り返していました。

この山中転々ライフは08年7月に、三原市の会社敷地で野宿していたところを建造物侵入の疑いで現行犯逮捕され終了しました。捕まったのは広島県。サバイバル生活は、広島、山口、岡山など中国地方だけでなく、富山、石川、山梨、長野、岐阜など中信越、大阪、京都、兵庫など近畿圏に、高知県以外の四国3県など計19府県に及んでいました。
約10年前からゴルフ場の茶店を狙い、同様の手口を繰り返していたということです。

 追送検の容疑は05年2月3日、山口県の岩国市にあるゴルフ場に侵入。おでん27本など食料品33点(約7500円相当)を盗んだ疑い。捜査関係者は「腹が減ったら盗みを繰り返す、その日暮らしを続けていた。着の身着のままの状態で、山で過ごす冬はきついのでは」と話しているということです。 ( 2月3日スポーツ報知より引用)

ゴルフ場の犯罪事情としては、ゴルフ場のロッカーに隠しカメラを設置し、暗証番号を遠隔地より確認し、プレー中にカードを盗むという手口の被害を思い出します。
それ以外には、打った後のボールを盗む被害も発生しています。
ゴルフ場内は広域な範囲を外周警備で監視し、夜間や休日のフェンスを乗り越えての侵入を検知するとともに、防犯カメラを設置し、侵入検知センサーと連動させ、異常時に画像を送信させるといった防犯システムをお勧めします。
又、セキュリティ機能の高いロッカーで貴重品を預かるというのもお客様には喜ばれます。
ゴルフには結構高額現金を持って来られることも多く、プレー中はもちろんのこと入浴中なども気にしながら過ごされているお客様も多いと思います。
ロッカールームには防犯カメラは設置できませんが、その出入りとともに、セキュリティ機能付きロッカーの周辺には防犯カメラを設置するとよりセキュリティ面が強化されます。
セキュリティを強化し、防犯対策を講じることは、お客様を守ることになり顧客満足度を得ることにつながると思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年2月03日)|記事URL| あとで読む

京都 建仁寺の仏像盗難。防犯カメラに大胆な犯人姿が・・。

 京都市東山区の建仁寺で、31日午後4時半ごろ、本坊に安置された「木造十一面観音座像」がなくなっているのに僧侶が気づきました。

 建仁寺によりますと、複数の防犯カメラに、午後1時半ごろから4時近くまで60歳から70歳ぐらいの小太りの男が寺の中をウロウロしてコートに仏像を隠し出て行く姿が映っていたということです。

「あまりの大胆さに誰もおかしい人物と思わなかったのか。ご本尊が、どういう扱いを受けているのか不安で憤りを感じる。早く返してほしい」(建仁寺・浅野全雄庶務部長)

 盗まれた仏像は高さ50センチ、江戸時代に作られたもの。
坐像は、本坊内の方丈(重文)の本尊で、文化財指定はされていませんでした。

 本坊は毎日午前10時〜午後4時30分まで一般参拝客の拝観を受け入れ、方丈内の仏像はこの坐像のみでした。

仏像盗難は相変わらず全国で度々発生しています。重要文化財ではない方が、「換金しやすい」ということで泥棒には人気だとか。このあたりにも寺側と泥棒との意識の違いを感じます。

「罰当たりで大胆不敵。世間を騒がせた」静岡県内の寺院などで相次いだ仏像の窃盗事件では、窃盗と建造物侵入罪に問われた古物商等2名の被告。島田市尾川の「法蔵寺」から昨年5月中旬、市指定文化財「千手観音立像」などを盗んだ−−などの起訴事実を含め、2006年秋頃から計24件の窃盗を重ね、被害額は約1313万円に上ります。

お寺の防犯対策も総合的に実施できているところはまだまだ少数です。
防犯カメラの導入も進んでいますが、ずっと見ている訳ではありませんので、被害に遭った時の犯人逮捕のためという気がします。防犯カメラを設置する場合には、必ず+&として「侵入検知センサー炎センサーと連動させる」ことが重要です。
侵入検知センサーが不審な人間が侵入してはいけない場所に入った時、火気厳禁場所で炎を検知した 時に、防犯カメラが作動し、ハードディスクレコーダーからブザーが鳴って異常を知らせ画像で確認することができます。同時に、音声メッセージを流すなどの威嚇行為を行うことができます。
そして、住職の携帯電話にメールで異常発生を通報する。(画像通報できるシステムもあります)
どこにいても住職は異常発生を確認することができます。

もちろん画像は自動録画されていますので、犯人逮捕のための証拠にもなります。
こうした防犯カメラ+侵入検知・自動通報システムの連動型で、犯罪抑止とともに、犯行をその場で確認し威嚇撃退することで被害を未然に、最小に押さえることができます。

お寺の犯罪事情
お寺の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年2月02日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?