1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2009年2月

防犯ブログ

「捕まるなら顔見知りのお巡りさんに」…盗み告白・逮捕

静岡県警熱海署で13日窃盗容疑で逮捕された住所不定、無職男(28)。

今月5日深夜、JR東海道線の東京発国府津行き列車の車内で、寝ていた横浜市の女性会社員(26)の手提げバッグから現金2万5000円と健康保険証などが入った財布を盗んだ疑い。

13日未明、JR熱海駅付近にいたところを、同署の警部補(53)から声をかけられた。容疑者は以前から同駅付近をうろつき、普段周辺をパトロールしているこの警部補から「悪いことすんなよ」などと声をかけられるうちに互いに顔見知りになっていたという。

 この日も声をかけられた容疑者は、自分から5日の盗みを告白。盗んだ保険証を捨てた駅近くの側溝に警部補を案内し、話の通り保険証が見つかったため逮捕された。女性は被害に遭ったことに気づいていなかった。容疑者は、「スリ担当の刑事に追われていると思っていた。どうせ捕まるなら知っているお巡りさんに捕まろうと思った」と話しているという。
(2月14日 読売新聞)

盗んだ保険証も見付かり、悪用されていなかったのは幸いでした。
手提げバックそのものをひったくりされた場合などは、
●財布の現金
●クレジットカード
●健康保険証を悪用される二次被害
●家の鍵を住所記載されたものと一緒に入れることで、泥棒に入られる可能性
といったことがあります。
家の鍵と健康保険証や自動車免許などを一緒のバックなどに入れるのは危険です。
注意しましよう。

それにしても、どうせ捕まるなら知り合いのお巡りさんに・・というのはなかなかドラマのような話です。
ここのところ警察官の犯罪も多発、先日も愛知県で窃盗した警察官がいましたが、こうした地元の人とのふれあいを実施しているお巡りさん、もっともっと頑張っていただきたいものです。

15日、滋賀県南郷市民センターで、南郷学区自主防犯推進協議会の防犯講演を行ってきました。総合防犯設備士として「防犯対策とセキュリティについて」を1時間30分話しました。
私の話の前に大津警察署から約30分、滋賀県及び南郷の地域の犯罪状況の話がありました。「○年前より刑法犯が半減した」など、犯罪が減少しているとのお話でしたが、先日もご紹介したようにここ5年ほど減少してきたのが、昨年9月以降、強盗などは急増しています。この金融不安の中での景気・雇用の悪化で犯罪の質も変わり非常に凶悪化してきています。そんな中での防犯講演に約90名ほどの地元の方が集まられているその最初に、犯罪が減少しただけで話が始終したのは少々残念に感じました。

今「犯罪は地方の時代」です。防犯意識の低い地方都市を窃盗団は狙います。
今まで安全だっだとしても今日、明日も安全だとは誰もいいきれません。
「安全のない安心は最も危険である」
そういう防犯意識が低い中で、少しでも防犯意識を高め、正しい防犯知識を持ち、できる防犯対策から実施する。
それが防犯講演の目的であり、又このホームページの目的でもあります。
ぜひともできることからやっていきましよう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年2月16日)|記事URL| あとで読む

電車での居眠りにご注意!

仕事が遅くなって電車で帰宅、はたまた飲んだ帰りに電車で帰宅途中、席に座ってホッとしてつい寝込んじゃう・・・
そういった経験をお持ちの方はいらっしゃると思います。(ちなみに私も何度かあります)
でもそんなあなたの無防備な姿、スリにとっては格好の標的です。

“電車で寝込んでいた乗客から財布などを盗んだとして、府警捜査3課と七条署は11日、3容疑者を窃盗容疑で緊急逮捕した、と発表した。
 同課によると、3容疑者は11日午前0時15分ごろ、JR京都線の山崎駅―西大路駅を走行中の普通電車で、座席で寝ていた男性会社員(29)から、現金1万9千円や免許証などが入った財布(時価5千円相当)を盗んだ疑いがある。3人は男性の隣や向かいに座り、1人がバッグから財布を取り出す間、ほかの2人が新聞を開いて周囲の人から見えないようにしていたという。”
(2月11日 朝日新聞より抜粋)

今回捕まった3人組は、それぞれが役割分担を決めて犯行を行っていることから、常習犯ではないかと思います。
「実行役」と「隠す役」、数人で分担して犯行に及ぶケースもありますが、中には1人で全部をやってしまうケースもあるようです。
すでに捕まったスリ犯の手口ですが、混んだ電車内で被害者と自分のリュックサックをくっつけ、あたかも自分のカバンを探っているかのように堂々と被害者のカバンに手を入れていたそうです。

また、居眠りをしている人だけが狙われるのではなく、本や雑誌、ゲームや携帯に夢中になっている人も「カモ」として狙われているようです。
電車内では常にカバンを膝の上に置くだけでなく、カバンの口が開いていないかにも気をつけましょう。

スリに狙われないために
●財布をズボンのポケットに絶対に入れない。
●財布を背広に入れる場合も、必ずポケットはボタンなどを付ける。二重ポケットにする。
●満員電車などでは、立位置に注意する。
●ハンドバッグ・鞄の中に直に財布は入れず、ファスナー付きの袋に入れ、自分の体の前側、目が良くつくところにバッグを置く。中に簡単に手が入るタイプのトートバッグやハンドバッグは防犯上おすすめしない。
●夜の帰宅時に列車の中で寝ない。
●列車の中が空いているのにわざわざ隣りに座ったり、前に立つ人には注意する。
●携帯電話中、ウィンドウショッピング中、友達と話しながら歩いている時、列車の中で寝ている時・本を読んでいる時などが狙われやすい。

防犯泥棒大百科:「こんなおかしな泥棒がいる」より「スリ道」

続きを読む

投稿者:スタッフ(2009年2月14日)|記事URL| あとで読む

守りたいものは何ですか?

様々な事件や事故が起こる中・・・あなたの守りたいと思うものは何ですか?

生命はもちろん大事。
また、生命にそれほど危険を感じていない状況でも、様々な不安や心配を抱えておられる方は多いのではないでしょうか。

とはいえ、懸念する事柄を、どのように解決していけば良いのか...。
専門家に相談されるのが一番ですが、(具体的な方法や、考え方、また、気づかなかった状況に気づくこともあるはずです)
その前にちょっと雰囲気をつかまないと、相談しにくい、という事もあるかもしれません。

そこで、今回、セキュリティハウスホームページに「守りたいものは何ですか?」というページを掲載いたしました。
簡単に、それぞれについての機器を紹介しておりますので、良かったら参考にご覧ください。

ところで、フラッシュは、ホームページで、動画やアニメーションを表示させるものです。
ボタンを押したりカーソルを上に合わせたりで、画面の絵が動いたり、また、音楽も鳴ったりで、様々なホームページで使用されているのでご存知の方も大変多いと思います。

作るにはソフトを購入する必要がありますが、複雑なプログラムの知識が無くても、動きあるコンテンツが作れます。
もちろん、複雑にプログラムを使って興味深く本格的なコンテンツも作ることが可能です。

その意味では、防犯システムも、フラッシュというソフトも、いろんな物事も、
「さまざまな『こうしたい』という思いを、実際に形にしていくもの」という観点で通じるものがあると思うのは私だけでしょうか。

さて、「守りたいものは何ですか?」の各ページについて。
セキュリティハウスホームページのトップページからでもご覧いただけます。どうぞお好みの方法でご覧ください。
防犯のセキュリティハウス: http://www.securityhouse.net/

続きを読む

投稿者:スタッフ(2009年2月13日)|記事URL| あとで読む

銭湯脱衣所でカード情報盗む、防犯カメラのないところ狙う

スーパー銭湯の脱衣所で利用客のカード情報をスキミングし、クレジットカードを偽造、そのカードでデジタルビデオなどの家電製品をだまし取った疑いで中国人や暴力団の男6人が逮捕されました。
6人は家電を購入する買い回り役や転売する役など役割分担しており、偽造カードは500枚近く、だまし取った家電は1億4千万円にも及ぶようです。

防犯 カメラのない脱衣所で犯行が行われたようですが、犯行グループは事前に下見を行い、防犯カメラや防犯システムが設置されていないようなところを狙い犯行に及んだのでしょうか。
犯人は6人グループで役割分担もしていたことから、犯行のターゲットとなるところも事前に下見をしていたと思われます。

ここは防犯カメラがついているから映像が記録される、ここは防犯システムがついているから侵入しにくいなど、少しでも捕まるリスクの少ないところを選別し犯行に及んでいたのでしょう。
つまり、事前に防犯カメラを設置するなどの防犯対策を行っているところは犯人のターゲットから逃れられた可能性が高いということです。

目的で選ぶ防犯カメラ
偽造カード・盗難カードによる被害

<2月9日11時57分配信 産経新聞より>

『浴場の脱衣所で盗んだクレジットカード情報でカードを偽造し使用したとして、警視庁と千葉県警は不正作出支払用カード供用詐欺などの疑いで、中国籍で東京都中野区本町、無職、謝浩容疑者(44)ら中国人や暴力団組員のグループの男6人を逮捕した。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年2月13日)|記事URL| あとで読む

コンビニ強盗 9月以降急増

コンビニ強盗、タクシー強盗が昨年度の9月以降急増しています。

●三鷹で連続コンビニ強盗か 東京(2月10日産経新聞)
三鷹市のコンビニエンスストアに刃物を持って侵入したとして、警視庁三鷹署は9日、強盗未遂の現行犯で同市牟礼男(23)を逮捕した。「強盗目的でやった」と容疑を認めている。このコンビニは昨年12月にも強盗被害に遭ったほか、周辺のコンビニでは昨年11月に2件の強盗事件が発生している。防犯カメラに映っていた男の体形が似ていることから、同署で関連を追及している。
 29日午前2時5分ごろ、東京都足立区千住中居町のコンビニエンスストア「ローソンストア100」に包丁を持った男が押し入り、レジにいた男性店員(43)に包丁を突きつけると、「金を出せ」と脅した。店員が大声を出したところ、男は驚いて何も取らずに逃走した。警視庁千住署は強盗未遂事件として調べている。

コンビニやタクシーをねらった強盗の認知件数が景気悪化が顕著になった昨年9月以降、急増していることが27日、警察庁のまとめで分かりました。

警察庁によると昨年、全国の警察が認知したコンビニ強盗は611件で、19年(544件)を大きく上回りました。
コンビニ強盗の認知件数は16年が812件、17年が664件、18年が610件と減少が続いていましたが、ここにきて一転、昨年9月以降急増しています。1カ月当たりの平均認知件数では1〜8月が46・3件だったのに対し、9月以降の4カ月は60・3件と3割増になりました。

昨年12月、大阪府のコンビニで金を奪おうとして強盗未遂で捕まった男は「派遣の仕事がなくなって」と供述。所持金は9円でした。このほかにも昨年末に発生、逮捕されたコンビニ強盗犯の中には、動機に「解雇」や「経済的窮乏」を挙げるケースが目立ってきています。つまり従来の強盗犯像とは異なる犯人像が増えてきているのです。
先日も15分コンビニでうろうろして強盗しようとして一喝され逃げたケースもありました。
少額の現金しかないコンビニやタクシーをねらった強盗は、「ハイリスク・ローリターンで、経済的に追いつめられた者による場当たり的犯行が目立つ窮乏型犯罪」(警察庁幹部)と見られます。

ハイリスク・ローリターンは比較的身近なところで犯罪が発生するということで、防犯対策を再度見直す必要があります。
コンビニ強盗対策
コンビニの安全対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年2月12日)|記事URL| あとで読む

セルフガソリンスタンド精算機を狙った窃盗団240件

セルフガソリンスタンドを狙った窃盗団が関東甲信、静岡の10都県で暗躍しています。

<セルフGS>精算機盗難が10都県で240件 同一犯か
セルフ式ガソリンスタンド(GS)の精算機を狙った窃盗事件が08年1月以降、関東甲信、静岡の10都県で約240件起きていることが警視庁捜査3課の調べで分かった。被害総額は数千万円に上るとみられる。目出し帽をかぶった服装やバールを使った手口など事件には共通点が多く、警視庁や各県警は同一グループによる犯行の疑いが強いとみて捜査している。

 警視庁捜査3課と立川署によると今月2日午前3時45分ごろ、東京都立川市上砂町3のセルフ式GSで、目出し帽をかぶった男2人が給油機に付けられた精算機2台をバールでこじ開け、計約34万円を盗んだ。犯行の様子はスタンドの防犯カメラに録画されていた。

 それからの約35分間で、近隣の福生市や瑞穂町などでセルフ式GSばかり3カ所が相次いで被害に遭い、計約33万円が盗まれた。

 捜査3課の幹部によると同様の被害は08年1月以降、1都9県で確認された。それぞれの件数は多い順に▽東京68件▽千葉62件▽埼玉29件▽神奈川26件▽茨城24件▽栃木・長野各8件▽群馬6件▽山梨4件▽静岡3件(埼玉と神奈川は08年7月以降の数字)。

 防犯カメラの映像などから、犯人はいずれも黒い目出し帽をかぶった若い男の2〜3人組で、客の少ない午前2〜4時ごろ主に幹線道路沿いのGSの精算機をバールで壊していた。犯行時間はわずか1、2分で、目撃した従業員が110番しても警察官の到着前に車で逃げ去っていた。

 被害に遭った都内の業者によると、セルフ式GSは24時間営業で深夜は従業員1人の場合が多い。防犯上の理由から夜間は現金を回収しないため、精算機に釣り銭を100万円以上入れておく場合もあり、被害額が膨らみがちだという。

 全国石油商業組合連合会(東京都千代田区)の担当者は「設備は破壊を想定して作られておらず完全な被害防止は難しいが、精算機内の現金をこまめに回収するなどの方策を呼び掛けたい」と話している。

 石油情報センターによると、セルフ式GSは08年3月末時点で全国に7023カ所。人件費が節約できるため増加傾向で、4年前からほぼ倍増したという。
(2月8日 毎日新聞)

セルフスタンドが狙われ、精算機がこじ開けられ、売上金が盗まれる被害が発生しています。
この犯罪の特徴は、とにかく「犯行時間が短い」こと。
ほとんど1、2分で破壊、現金持ち去りを数人が行い逃げ去ります。
人目も気にせず、武器を持ち数多く次々と犯行を実行しています。

こうしたセルフスタンドの防犯対策としては、
セキュリティキーパーで犯人グループに「ここはサイレンがついて警備している」ということをPRし、犯行対象から外させる。
非常用押しボタンを押すと、その場でサイレンや音声メッセージを流し威嚇撃退する。
●防犯カメラの映像を経営者の携帯電話にすぐに動画送信する。見える自主機械警備システム
といった方法がお勧めです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年2月10日)|記事URL| あとで読む

京都の寺 仏像盗難相次ぐ

京都の寺で仏像盗難が相次いでいます。
昨年度毘沙門堂や東寺などで八件、今年も建仁寺など3件で発生しています。

仁和寺でも仏像盗難=建仁寺などとの関連捜査−京都
仏像の盗難事件が相次ぐ京都市で、世界文化遺産に登録されている仁和寺(右京区)でも昨年秋に観音像が盗まれていたことが6日、分かった。建仁寺や東寺も被害に遭っており、京都府警は関連を調べている。
 府警と仁和寺によると、盗まれたのは同寺の裏山の巡礼路にあるお堂「大宝寺」に安置されていた「十一面観音菩薩(ぼさつ)像」(木造)。高さ約30センチで、重要文化財などには指定されていない。昨年10月初めに参拝客から「お堂の仏像がない」と寺に連絡があり、被害届を出した。 
(2月6日時事通信)

仏像盗難が相次いで、弊社にも問い合わせや取材が入っています。
仏像そのものが持ち出される時にベルやサイレンで威嚇撃退する仏像盗難防止システム
防犯カメラシステム
防犯カメラと連動させ侵入者が入ると住職の携帯電話に画像で通報される見える自主機械警備システム
敷地内への侵入を検知する外周警備システム
など色々と導入を検討されることが増えています。
昨年10月に足利尊氏像の手首が盗まれた等持院では、足利将軍像の全面に透明のアクリル板を取付け、そこから入れないように対策。但し、全体を覆うのではなく高さ50センチとし「信仰の対象としてお顔を拝んでもらえるよう」配慮しています。

信仰心で仏像が盗まれるとは考えていなかったお寺側でも防犯対策を取ることが必要な時代に残念ながらなりました。
「仏像を身近で拝んでもらいたいと思う心」と、「盗まれてしまったり破損したら取り返しがつかない」という心。
「参拝者を疑っているようで寺にはなじまない」という一方で「自分の代で代々受け継がれてきた仏像や寺に損害を与えたくない」「安心したい」という心。
信仰と防犯の間で、お寺側が揺れているようです。

残念ながら仏像や賽銭を狙う泥棒がいるのであれば、犯罪を未然に防ぐ防犯対策をして犯罪者を作らないというのも重要なことではないかと思うのですが、いかがでしょうか?

寺向け防犯システム導入事例紹介

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年2月09日)|記事URL| あとで読む

千葉県 女性ばかりを狙ったひったくり100件、570万円の被害

千葉県内で女性ばかりを狙って約100件のひったくりを繰り返していた男が逮捕されました。
被害は、現金約250万円のほか、バッグや財布など400点、あわせて570万円相当にのぼるということです。
女性ばかりを狙ったということですが、理由としては、抵抗された場合でも盗みやすい、追いかけてこない可能性が高いなど色々と考えられます。
女性や高齢者、子供など自分より弱い者を狙う犯行があります。

女性の防犯対策
老人を狙った犯罪

泥棒も同じです。
他の家や店よりも侵入しやすいところを事前の下見で探し出して犯行を行います。
当然ですが、防犯 対策がされていないところの方が容易に犯行を行うことができます。
つまり、事前に防犯 対策を行っておけば、下見の段階で泥棒のターゲットから外れる可能性が高くなるということです。

<2月5日23時12分 フジテレビFNNニュースより>

『千葉県内で2008年1月から女性ばかりを狙い、あわせておよそ100件のひったくりをはたらいた男が逮捕された。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年2月06日)|記事URL| あとで読む

爆窃団銀座で暗躍。壁に穴開け侵入。

荒っぽい宝石貴金属店への窃盗手口をご紹介します。

4日午前11時半ごろ、東京都中央区銀座のビル1階にある宝飾店「セルビー銀座店」で、出勤した男性店長(48)が金庫がこじ開けられているのを発見した。現金約100万円と貴金属約130点がなくなっており、被害は計5000万円相当に上るとみられる。
 金庫のあった部屋の壁に穴が開けられており、警視庁築地署は窃盗事件として調べている。
 調べによると、同店は3日が休みで、店長は2日午後8時半ごろ、ショーケースから商品の指輪やネックレスなどを金庫に入れて帰宅した。
 壁の穴は直径約1メートルで、たたき壊したような形跡がある。壁は隣のビルと近接しており、大人がようやく1人通れるスペースがあるという。 
(2月4日時事通信)

「爆窃団」という壁に穴を開けたり、破壊して侵入する手口です。
この荒っぽい手口にかかると修復するのに費用が非常にかかります。
やはり「狙わせない・入らせない」ことが必要です。

又、「犯罪を継続させない」ことが被害を最小に押さえます。
視界を遮る「フォグガード」による威嚇撃退をお勧めします。
侵入者が侵入した瞬間に、霧を噴射します。ほんの数秒で店内は真っ白。侵入者の視界を遮り犯行を継続させません。
そうすることで被害を最小に押さえることができます。

実際にフォグガードは多くの貴金属店様に納入させていただきました。
警備会社のシステムを導入していても数回泥棒の被害に遭った宝石貴金属店も中にはありました。
警備会社のシステムに追加する形でフォグガードと音による威嚇機器を設置いただきました。
その後又侵入者がその店に侵入しましたが、霧に驚き、ショーケースを割って数点の近くにあった商品のみを持ち去っただけで済み、「今までとは違う。最小の被害に押さえることができた」と喜んでいただきました。
実害に遭ってしまったのは残念ですが、被害が最小に押さえられたことが評価されたことは良かったと思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年2月05日)|記事URL| あとで読む

名鉄上小田井駅に防犯カメラ 西区の山田学区住民が設置

自転車盗やひったくりなど駅周辺に多い犯罪を減らそうと、西区の山田学区の住民が名鉄上小田井駅に防犯カメラを設置することになりました。
名鉄によると、住民に駅敷地内へ防犯カメラの設置を許可するのは初めて。JR東海にも前例はないということです。

 設置するのは自治会長らでつくる山田学区連絡協議会。舩橋鼎会長(75)によると、一昨年の春から計画を練ってきました。
 西署によると、同学区では昨年、駅周辺を中心に自転車盗が156件、ひったくりが6件ありました。
いずれも前年より減少傾向だが「駅に設置されているカメラが映すのは敷地内だけ。犯罪を見逃すわけにはいかない」(舩橋会長)と、駅北口と南口に1台ずつ設置することを決めました。

 協議会の中ではプライバシー保護の観点から設置に慎重な意見がありました。これには「われわれは映像を再生しない。事件発生時に警察に提供し、捜査に役立ててもらうだけ」と決めることで了解を得ました。
一昨年夏には住民に回覧板でカメラ導入の計画を告知。反対意見は寄せられなかったということです。

 設備一式の見積額は約580万円。市によると、2007年9月に定めた「公共的団体による防犯カメラの設置及び利用に関するガイドライン」に該当するため、費用の3分の2が補助されます。
 2月に着工、3月にも稼働を始める方針。舩橋会長は「カメラがあるだけで犯罪の抑止効果はあるはず。隣接する他の自治会にも費用の協力を呼び掛けて維持していきたい」と話しています。
(2月3日中日新聞)

商店街に防犯カメラを設置することは良くありますが、 駅に住民が防犯カメラを設置するというのははじめて聞きました。
本当に素晴らしいことだと思います。
何故なら、犯罪企図者が犯罪を起こしにくい環境を作らないと犯罪者がどんどん生まれてきます。
そして犯罪者が多い地域に犯罪者はますます寄ってきます。

つまり、駅に防犯カメラを住民が設置したということは、「この地域の住民は防犯意識が非常に高い」ということを表しています。そういう防犯意識の高い地域を犯罪者は避ける傾向にあります。
なぜなら、防犯対策をしている家や会社も多いし、住民がコミュニティをきちんと形成しており、無意識に不審者がいないかを常に気にかけているから「人目につきやすい」のです。

駅ではひったくり、置き引きはもちろんのこと、痴漢や暴行、傷害といった事件も発生しています。
防犯カメラはそうした犯罪抑止効果だけでなく、犯罪者に対する強いメッセージを送ることができます。

そういう犯罪がやりにくい地域を泥棒は避ける傾向にあるのです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年2月04日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?