1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2009年1月

防犯ブログ

宅配便を装った強盗

また、宅配便を装った強盗が発生しました。

●18日午後2時ごろ埼玉県川口市領家2、無職の男性(80)方に3人組の男が押し入り、一人で家にいた妻(72)を縛ったうえ金庫などから現金約1000万円を奪い逃走した。県警川口署は強盗容疑で捜査している。
3人組は宅配便業者を装って訪問。ドアを開けた妻を玄関で押し倒し、口を粘着テープでふさぎロープで体を何重にも縛った。片言の日本語で「箱どこ」と聞き、2階にあった金庫を壊して現金約500万円を奪い、3階のたんすにあった約500万円も奪って約1時間半後に逃げた。
妻は自力でロープをほどき、近所の男性に助けを求めて110番した。被害者方は夫婦2人暮らしで、夫は外出していた。3人組は覆面をしておらず、同署は言葉遣いなどからもアジア系外国人とみている。
(1月18日毎日新聞)

ドアを開けた瞬間に玄関で押し倒し、口に粘着テープ、という荒っぽい手口です。
金庫はダイヤル式になっており「ダイヤル式だから私でないと開けられない」と被害者が言ったところ、金庫を破壊して中の現金を奪っています。
外国人の窃盗団による犯罪で被害額は高額ですが、命に別状ななかっただけでも良かったと思わないといけません。
多くの外国人窃盗団では武器の扱いに通じた人間が、ナイフ、小刀、ピストルなどを持っていますので、抵抗などすると命の危険もあります。
福面をしていなかったので、逃げていなかったらどうなったかを考えると、最悪の事態も予想され非常に怖く思います。
いずれにしても、この家では金庫やタンスに多額の現金を置いていました。
こうしたことが、強盗被害にあった原因にもなっている可能性もあるため、絶対に高額な現金を自宅に置かないことをまず実施することが必要です。

また、宅配便業者などは、カメラ付きインターホンで画像で見て確認してから扉を開けることが大切です。
また、非常用押しボタンなどを設置し、非常時に押すとその場でサイレンなどを鳴らす、離れた場所にいる家族や知人にメール及び音声で異常発生を知らせる防犯システムを設置することをお勧めします。
防犯システムを設置していることをセキュリティキーパーなどで示し、建物外観で下見時に対象から外させることが重要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年1月19日)|記事URL| あとで読む

「振り込め」新手口 誘い出しそのすきに空き巣 埼玉

 埼玉県では16日、振り込め詐欺の手口で高齢者に電話で現金を用意させて呼び出し、そのすきに空き巣に入る、新手の窃盗事件が県内で14日に2件相次いだ。
 県警捜査3課によると、14日午前10時半〜午後7時、蕨市の無職男性(80)と川口市の無職男性(81)にそれぞれ、「携帯電話番号が変わった」と、息子を名乗る男からの電話が数回入った。「息子」は「金が必要だ」などと現金200万円を用意するよう要求、その上で駅などで待ち合わせの約束をして、2人を外出させたという。
 待ち合わせ場所に「息子」が現れないため2人が帰宅したところ、蕨市の男性方からは現金255万円や貴金属が入った金庫2個、川口市の男性方からは商品券や指輪など約6万8千円相当が盗まれていた。いずれも窓ガラスが工具で割られ、室内が荒らされていたという。
 「息子」は被害者との電話でのやりとりの際、自宅に金があるかを確認した上で、「危ないから待ち合わせ場所には持ってこないで」などと、留守宅に多額の現金が置いてある状態で外出するよう仕向けていたという。 2009年1月17日 朝日新聞

《コメント》
新しい手口の振り込め詐欺の新しいが、埼玉で起こりました。これは現金を家に保管させておいて、
家人を呼び出し、そのすきに「空き巣」に入るという手口です。
いずれも、息子を装った犯人が自宅に金を用意させていたため、被害額が200万円以上に上りました。高齢者を狙った本当に悪質な犯行です。
振り込め詐欺対策がすすみ、ATMでの振り込みが難しくなってきており、呼び出しておいて空き巣に入るという手口を考えついたのでしょう。
まずは、詐欺に気をつけ、「息子」などを名乗る電話で、「お金がいる」という内容には絶対に信用しないことが必要です。
具体的には、家族しか分からない合言葉を決めて電話で確認しあうことをお勧めします。これなら、簡単に実行でき、効果が高いですね。
そして、建物に対する空き巣対策をきっちりと行うことも必要です。
セキュリティハウスが勧める、「空き巣対策」自主機械警備システム NEXT は、建物に入らせないための「予防」「抑止」「威嚇」「撃退」の4つの力を備えた防犯システムです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年1月17日)|記事URL| あとで読む

「夜になっても明かりがともらない家を狙って、侵入250件」…北海道

1月14日に逮捕された、無職佐藤建二被告(26)は、 昨年秋までの約3年10か月にわたり、道内で約250件・総額約1000万円の空き巣を繰り返したとみられる。
そのおもな手口は、夜になっても明かりがともらない一般住宅を狙い、工具で窓を壊して侵入していた。
佐藤被告は勤めていた建設会社をやめたことを同居の親に隠し、「地方の現場に行く」と偽って出かけ、犯行を重ねていた。週末には自宅に戻り、盗んだ金の一部は、「生活費」として、月数万円ずつ親に渡していたという。  2009年1月15日 読売新聞

《コメント》
北海道で一般住宅に250件も侵入を繰り返していた男が逮捕されましたが、この手口は、「夜になっても明かりがつかない住宅を狙った」というものでした。
侵入先の留守を確認することは、侵入者が下見をするときに必ず行います。
夜なのに、「明かりがついていない、」「洗濯物が干しっぱなし」「ガレージに車がない」
「夕刊がポストに置きっぱなし」など手掛かりが沢山あります。

留守がちである私の自宅は、一部屋だけの照明を、タイマーで自動点灯させています。
これだけでも、下見をする侵入者には非常に大きな抑止力です。ちょっとした工夫で安心できますね。

さらに、本格的な対策となるとやはり、セキュリティハウスがお勧めする自主機械警備システムです。

このシステムの特徴は、
●独特の抑止効果の高い機器を組み合わせて、狙われにくい、侵入をあきらめさせる環境作りに重点を置いている。
●現場に応じて、最適なプランを「防犯設備士」が設計。
●信頼性抜群の専門メーカー機器を使用。
●全国ネットで、施工・メンテナンス対応も安心。

不景気になると犯罪が増え、さらに治安が悪くなります。早めに対策を立てておきたいですね。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年1月16日)|記事URL| あとで読む

雪に足跡、まぬけな壺泥棒 逮捕 佐賀

 佐賀署は14日、北九州市小倉北区大畠3、会社員、橋川武志容疑者(41)を窃盗容疑で現行犯逮捕したと発表した。逮捕容疑は、佐賀市富士町の陶芸家(71)方の倉庫から、つぼ4個(計80万円相当)を盗んだとしている。現場周辺は折からの寒さで雪が7センチほど積もっており、足跡や車のタイヤの跡が手がかりになったという。
 駆け付けた署員らが雪の上に残った足跡やわだちを手がかりに追跡したところ、倉庫から約150メートル先でつぼを積んだ橋川容疑者の車を見つけた。 さらに足跡をたどったところ、車の約50メートル先で橋川容疑者を見つけ、署員が逮捕した。橋川容疑者は「焼き物がほしかった」と話しているという。

 《コメント》
積もった雪に残った足跡と車の轍で犯人逮捕。普段あまり雪が降らない地域なので、うっかり足跡のことを気にしないで、いたのでしょうか? ずいぶんのんびりしていた泥棒ですね。
たまたま、不審者に気づいて通報した人がいたこと、雪による証拠が決め手となったことで、犯人逮捕につながりとてもよかったです。
雪のないときには、やはり防犯カメラで「証拠を残す」ことで、雪のかわり、またはそれ以上の働きをしてくれます。
防犯 カメラには、
1.監視・記録されていることを見せることによる「抑止力」
2.離れた場所の映像の「常時監視」
3.記録を残して「証拠保全」などの効果があります。

また、建物に対しては、侵入されにくいドア・窓への変更や、外からの見通しをよくすること。
自主機械警備システムを導入し、侵入されにくい・狙われにくい環境作りがとても大切です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年1月15日)|記事URL| あとで読む

保育園の50キロ金庫盗まれる。

13日、大阪市都島区の市立毛馬保育所の事務所が荒らされ、金庫などが盗まれました。
朝、出勤してきた職員が、事務所の更衣室にあった重さ50キロの金庫がなくなっているのを見つけました。

事務所内の机も荒らされ1階窓ガラスが割られていました。
子供数人を乗せて散歩する柵(さく)付きの台車も盗まれており、金庫を台車に乗せて運んだ可能性もあるようです。
金庫には現金約1万円のほか、児童と保護者の47世帯分の住所や氏名、電話番号などの個人情報が書き込まれたUSBメモリーが入っていました。

 盗まれた金庫に入っていたUSBメモリーは、保育所に通う家庭の勤務先も書き込まれていました。
市は児童の家庭に状況説明と謝罪を行うとともに、府警都島署では事務所荒らしとみて窃盗容疑で調べています。
(1月13日産経新聞より抜粋)

窓ガラスが割られ、事務所に侵入し、金庫ごと台車に乗せて持ち去る。
数名による犯行ではないかと推測します。
防犯カメラや警備システムの有無などの記載がニュースにはないことから、何も防犯システムや防犯カメラなどを設置していなかったのかもしれません。

学校や保育園などの事務所荒らしも全国で発生しています。
「学校は警備が甘い」とは実際に捕まった学校ばかりに侵入していた窃盗犯の言った言葉です。
警備が甘いと思われると、狙われます。
やはり防犯対策をきちんととることが、必要となってきます。

保育園・学校の防犯システム
● 屋外の目立つところに「セキュリティキーパー」をつけ、ここは警備が甘くないことを犯罪しようとする者に建物外で知らせ、犯罪対象から外させる。
● 門扉は遠隔操作できる電気錠とし、保護者・関係者など確認してから職員室から遠隔操作で開ける。休日や夜間は施錠。
● 門扉に防犯カメラを設置し、人の出入りを事務所などで確認できるようにする。不審者の侵入などを知る。
● 事務所の扉を電気錠に変更し、カードを持っている関係者だけが入れるようにする。
● 朝一番早く出勤した時、最終退出時に園長など責任者の携帯電話に「誰が、何時に操作したか」がメールで送信される。自主機械警備システムNEXT

教育施設の防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年1月14日)|記事URL| あとで読む

宅配会社で散弾銃紛失

宅配会社で散弾銃紛失したり盗まれる事件が相次いでいます。

●8日午後2時ごろ、茨城県石岡市北府中のヤマト運輸石岡エリア支店から、配送品の上下2連式散弾銃1丁を紛失したと県警笠間署に届けがあった。 
●昨年12月24日午後3時40分ごろ、ヤマト運輸の男性従業員が笠間市大田町の銃製造修理会社「新SKB工業」から散弾銃の配達依頼を受け、同市平町の営業所に運搬。集配車から荷降ろしをした後、行方不明となった。散弾銃は機関部と銃身部などが分解され、段ボールに入れられていた。
 (1月8日 時事通信より一部引用)

昨年12月に笠間市と水戸市で、散弾銃や散弾が盗まれる事件が起きており、県警が関連を調べているということですが、二重の意味でちょっと驚きです。
一つには、散弾銃や散弾が宅配便で送られるということ。
もう一つには、そうした危険物にも係わらず、複数の人間で取り扱うなど特別な管理体制の強化をしていないということ。

トラックターミナルなどで、運送トラックを装って荷物を持ち去るという犯罪が起きているという話を昔に聞いたことがあります。その時に、そのトラックターミナルに防犯カメラシステムと、トラック入退管理システムを納入しました。
ゲートをトラックが通る時に、非接触カードでトラックから降りずにカードリーダーにカードをかざして、カードを持っているトラックだけが出入りできると同時に、何時に入り、何時に出たかが記録されるというものです。
防犯カメラとの連動し、画像でも録画記録が取れると同時に、カードを持っていない車両の場合には、押しボタンを押して、防犯カメラの映像とインターホンの会話で確認し、手動でゲートを上げることを行っていました。

こうしたシステムを導入することで、荷物の持ち出しや不正、窃盗被害が防ぐことができます。
宅配便といえども、危険物や重要物などがあります。
今回のように、散弾銃や散弾が盗まれると、それを別の犯罪に利用される可能性もあり、信用問題に発展します。
やはりきちんとした管理・防犯体制を取ることをお勧めします。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年1月13日)|記事URL| あとで読む

「金持ちは盗難保険ある」 高級住宅地狙い空き巣

「裕福そうな家を狙った。盗難保険に入っているので、泥棒被害にあっても被害者の懐は痛まない」
こういう勝手なことを言って50件もの空き巣を繰り返していた泥棒がいました。

 高級住宅街を狙って空き巣に入り、盗品を売却したとして、警視庁捜査3課は、コロンビア国籍の男女2人を窃盗容疑などで逮捕した。男は東京23区や横浜市などで約50件の空き巣を繰り返したと供述、被害総額は約1億円に上るとみられる。「裕福そうな家を狙った。盗難保険に入っていれば、被害者の懐は痛まない」と話しているという。

 逮捕されたのは、いずれも無職で、大阪市中央区、アレナス・マタ・セサル・アウグスト(39)と東京都港区、カルダス・ボテロ・ソランジ(33)の両被告=別の窃盗事件で逮捕、起訴。警視庁はセサル容疑者が空き巣の実行犯で、ソランジ容疑者が盗品の売却役だったとみている。

 調べでは、セサル容疑者は昨年9月5日夜、横浜市青葉区の会社社長の男性(59)方に侵入、現金20万円と腕時計など7点(時価合計1500万円相当)を盗んだ疑い。ソランジ容疑者は腕時計2個を、東京都港区の質店に100万円で売却した疑い。

 昨夏ごろ、都内の質店でコロンビア人の女が盗品を売却しているとの情報から2人が浮上。2人は、コロンビア人男性の紹介で知り合ったという。
(1月9日 産経新聞より引用)

泥棒対策としては、泥棒の嫌がる環境を作り、犯罪対象から外させるとともに、侵入しようとした泥棒を建物の外にいる時点で早期発見し、音・光といった泥棒の最も嫌がるもので威嚇撃退し、犯行を継続させない、ということが重要です。
空き巣対策の防犯システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年1月13日)|記事URL| あとで読む

「泥棒よけ」がひきつけた...警備会社ステッカーの豪邸専門盗

 警視庁は9日、コロンビア国籍で、大阪市中央区日本橋1、無職アレナス・マタ・セサル被告(39)(窃盗罪などで起訴)を窃盗容疑などで再逮捕したと発表した。
 アレナス被告は昨年9月以降、セコムや綜合警備保障など大手警備会社のステッカーがはってある高級住宅ばかりを狙った約50件(被害総額約1億円)の空き巣を自供したうえで、「警備を依頼する家には金目のものがあるし、金持ちの財産は保険でカバーされる」などと話しているという。
 同庁幹部によると、アレナス被告は都内や神奈川県内の高級住宅街で、警備会社のステッカーがある家の窓などをバールで割る手口で空き巣を繰り返していた。盗みは警備員が到着するまでの10〜15分以内に終え、「警備員とすれ違うこともあった」と供述しているという。盗んだ貴金属などは別のコロンビア人の女に依頼して換金していた。
 発表によると、アレナス被告は昨年9月5日夕から夜にかけ、横浜市内の男性会社社長(59)方に侵入し、現金20万円と高級腕時計など7点(時価計1505万円相当)を盗んだ疑い。
(2009年1月9日21時05分 読売新聞)

《コメント》
このたび逮捕されたコロンビア国籍の空き巣は、大手警備会社の契約先を狙った手口で、一回当たりの平均的な被害も200万、合計約一億円を荒稼ぎしていた。
当然警備員が駆け付けることを認識しており、現場に到着するまでの10分以内に逃走しています。
残念ながら、被害を未然に防ぐことができなかったようです。
このような犯罪被害から我が家を守るためには、
現場での抑止力の高いシステムにより、下見をする侵入者に対し犯行を断念させることが重要です。
また、それでも侵入しようとした場合に備えて、大きな音と光による威嚇力・撃退力が重要ではないでしょうか?
我々セキュリティハウスでは、ホームセキュリティシステムを数多く手がけています。
狙われない・入らせないが基本的な考えです。
一戸建住宅の犯罪状況はこちら

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年1月12日)|記事URL| あとで読む

侵入犯罪防止:普及制度を開始 "島根県警製"の防犯住宅 設計段階から推進 /島根

 ◇侵入防止へ独自のガイドライン
 住宅への侵入犯罪を防ぐため、県警などは2月にも、住宅・アパートの新築とリフォームを対象にした防犯住宅の普及制度を始める。県警の防犯ノウハウを生かした独自のガイドラインを作成し、設計段階から防犯機能を支援。県内の住宅建築にかかわる団体と連携し、購入者には住宅ローン減額も検討している。県警生活安全企画課によると、設計段階から防犯住宅を推進するのは各都道府県警でも初めてのケースという。
 今回の普及制度では、侵入盗の手口や発生状況のノウハウを持つ県警が中心となり、玄関などの錠や窓ガラス、塀について防犯観点からガイドラインを作成。死角をつくらない構造や、センサーライトの設置を推奨する。設計・施行段階では周辺の犯罪情勢などに基づいてアドバイスをし、完成後は県警や関係団体の防犯整備士が検査を行う。一定の防犯基準に達した住宅は「防犯推進住宅」として登録し、玄関に張るシールを配布する。
 県警生活安全企画課によると、昨年11月までの侵入盗の認知件数は648件と前年同期比90件増。うち夜間に住宅などに忍び込んで金品を盗む「忍び込み」は116件(前年同期比84件増)に上った。警察庁と国土交通省では01年3月、ピッキングなどによる侵入犯罪の防止に配慮した共同住宅の設計指針を策定し、全国の警察本部などに通達している。
 県警生活安全企画課の榊原優二・安全まちづくり推進室長は「侵入盗でも、犯人と鉢合わせになったりすると家人に危害が及ぶ可能性がある。1人暮らしの学生や高齢者などに活用してほしい」と期待している。毎日新聞 2009年1月8日 
《コメント》
侵入窃盗事件の全国件数は減少していますが、この島根県では昨年増加傾向にあり、防犯住宅の普及制度ができたようです。
東京・大阪など大都市部では優良防犯マンション認定制度が先に発足していますが、戸建住宅向けの制度は、画期的であると思います。
犯罪が多発している都市部の侵入発生状況は落ち着き、地方の中で増加傾向に転じているエリアもあります。まだまだ防犯意識の低い地域では無施錠の住宅が多く、被害が拡大しています。
これを機会に、住宅の防犯対策を強化する意識が強くなれば、侵入犯罪抑止につながりますので、ぜひ活用してほしいですね。
ワンドアツーロック、ガラス窓の補助錠追加、見通しの確保など、基本的な防犯対策をはじめ、われわれセキュリティハウスでも、住宅向け防犯対策のメニューをたくさんご用意しています。
犯罪事情と対策
ガラス破り対策 
ワイヤレスセキュリティシステム 
駐車場のセキュリティ

以上、参考になる情報満載ですので、ぜひご覧ください。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年1月09日)|記事URL| あとで読む

ゴルフクラブ300本盗まれる=白い車の2人組−大阪

4日午前2時40分ごろ、大阪府寝屋川市三井南町のゴルフ用品店「香里森田ゴルフ」のガラス戸が割られ、2人組が車で逃げたのをマンション住人が見つけ110番した。ゴルフクラブ約300本(1500万円相当)がなくなっており、府警寝屋川署が窃盗事件として捜査している。
調べによると、割られたガラス戸のそばにはコンクリートブロック片が落ちていた。2人組は同店からゴルフクラブを持ち出し、近くに止めた白っぽい乗用車のトランクに積み込んで逃走したという。
2009/01/04-時事通信

《コメント》
数年前から多発していたゴルフクラブの盗難事件、また、大阪で起こりました。
ゴルフクラブは中古品市場も大きく、換金できるルートがあれば、泥棒にとっては稼げる物品です。
手口は、やはり短時間で犯行を済ませる「大胆な手口」です。
大きな音をたてて侵入してもかまわず、短時間で盗んで逃走するという手口です。
今回の侵入口もガラス戸をコンクリートブロックでたたき割っています。
相当大きな音が発生したはずですが、短時間で逃げればいいという考えです。

残念ながら、万引き防止とレジ付近を監視することを主目的とした防犯カメラや、
センサー中心の警備システムでは、未然に防止・抑止することが難しそうです。

これらの侵入窃盗手口に対応するためには、下見の段階で侵入をあきらめさせる
環境作りがとても重要です。

建物周辺をできるだけ明るくし、閉店後も外部からの見通しを良くし、誰かに見られていることを、侵入者に悟らせる。
シャッターや面格子、防犯ガラスなどを取り入れて、窓・ドアの強化を図り、侵入に要する時間がかかることを、侵入者に見せる。
防犯カメラを店内だけでなく、屋外に高感度カメラを設置し、侵入前から監視していることをアピールする。
自主機械警備NEXTを導入し、抑止用機器を強化して、下見を行う侵入者をあきらめさせる。
見える自主機械警備システムを導入し、携帯電話でリアルタイムの動画監視を実施する。

セキュリティハウスは、さまざまな犯行手口を研究し、抑止効果の高いシステムを提案しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2009年1月06日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?