1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2008年12月
  4. コンビニ受難の時代 強盗多発

防犯ブログ

コンビニ受難の時代 強盗多発

全国でコンビニ強盗が多発しています。

●<コンビニ強盗>外国人2人組に警官が発砲、逮捕 北海道(12月28日 毎日新聞)
28日午前0時25分ごろ、北海道北広島市大曲工業団地8のコンビニエンスストア「ローソン北広島大曲工業団地店」に外国人の男2人が侵入し、アルバイト店員の男性2人に包丁を突きつけて脅した。110番で駆けつけた札幌厚別署の巡査部長(56)と巡査(30)に対し、男が包丁を振り回して抵抗したため、拳銃を1発ずつ発砲した。弾が男の右太ももをかすり軽傷。同署は建造物侵入と暴力行為法違反の疑いで2人を現行犯逮捕した。

●コンビニ強盗、7万円奪う 埼玉・ふじみ野市(12月29日 産経新聞)
27日午後9時45分ごろ、埼玉県ふじみ野市苗間のコンビニエンスストア「サークルKサンクス大井うれし野店」で、包丁のような物を持った男がレジにいたアルバイトの男性店員(17)に「金を出せ」と脅迫。男は店員がレジから出した売上金7万1000円を奪って逃げた。東入間署の調べでは、男は40〜50歳で身長約180センチ。丸刈りで黒のサングラスをかけ、上下黒の服を着ていた。同署は強盗事件として捜査している。

●コンビニ強盗:津のアルバイト店員、強盗傷害容疑で逮捕 /三重(12月28日毎日新聞)
 津署は27日、津市大里窪田町、アルバイト店員(28)を強盗傷害容疑で逮捕した。
 逮捕容疑は今月15日午前0時5分ごろ、自宅近くのコンビニエンスストア「サークルK津大里店」(田中彰店長)に押し入り、1人で店番をしていた女性副店長(28)に催涙スプレーを吹き付け、目などに1週間のけがを負わせ、店にあった現金約17万円を奪ったとされる。
 津署によると、押し入った男が無言でカウンター下の引き出しから釣り銭用現金を奪ったため、コンビニ店の内情に詳しい男とみて捜査していたところ、同店で今年夏ごろの約3カ月間勤務していた容疑者が浮かんだという。容疑者の自宅は同店と数百メートルしか離れておらず、事件後も買い物に訪れ、19日から再び同店で働いていた。女性副店長は容疑者と面識があったが、押し入った男がマスク姿で、いきなり催涙スプレーを吹き付けられ、相手の顔をよく見ていなかった。容疑者は容疑を認め「中国の知人女性に会いに行くため金が欲しかった」と供述しているという

●埼玉・蓮田でコンビニ強盗(12月28日産経新聞)

27日午前3時35分ごろ、蓮田市閏戸のコンビニエンスストア「ファミリーマート菊池蓮田店」で、包丁のような刃物を持った男が、「金を出せ」と男性アルバイト店員(21)を脅迫。レジから現金約8万7000円を奪って逃げた。店員にけがはなかった。岩槻署の調べでは、男は身長約170センチで、黒のジャンパーに青のズボン姿。黒のフルフェースヘルメットをかぶっていた。

年末にかけて強盗が急増するのではないかとこのブログで書いたのですが、本当に急増していますね。
店舗の経営者の方はもちろんのこと、事務所、工場、一戸建て住宅、マンション・・あらゆるところで強盗は発生していますので注意が必要です。
特にコンビニなどでは、
1)誰でも簡単に入れて、お金のある場所(レジ)近くまでいける。
2)深夜も営業している。
3)従業員はアルバイト・パート。
4)1名で営業している時間がある
5)昼間お客を装い堂々と下見ができる。
6)犯行も雑誌を読むなどしながら客や従業員の少ない時間帯を狙うこいとができる。
7)チェーン店舗では同じ防犯対策がとられている。
といったことで強盗しやすい環境と考えられるのです。

コンビニでの防犯対策の見直しが必要です。

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月29日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る