1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2008年12月

防犯ブログ

全国で放火。年末にかけて要注意。

不況になると増えるもの。「強盗」と「放火」です。
放火が全国で発生しており注意が必要です。

●<火災>野積みの古タイヤ5000本焼く 神奈川(12月22日毎日新聞)
22日午前0時45分ごろ、神奈川県平塚市岡崎、古タイヤ販売業者の在庫置き場(約1600平方メートル)から出火、野積みのタイヤ約1万本のうち約5000?6000本を焼き、約2時間半後に鎮火した。近くに住む女性(43)が煙を吸い、のどの痛みを訴え病院に運ばれたが軽症。現場は火の気がないことから、県警平塚署は不審火とみて調べている。
調べでは、タイヤ置き場は高さ約2メートルの鉄板で囲われているが、出入り口はチェーンが渡してあるだけで誰でも出入りできる。19日夕の終業時に異常はなかった。現場は小田急線伊勢原駅の南西約3キロで、住宅と田畑が混在している。

●福岡市で不審火11件、路上にいた17歳少年逮捕(12月20日 読売新聞)
福岡市城南区から南区にまたがる約2キロの範囲内で20日未明、1時間20分の間にオートバイや家庭ごみなどを焼く11件の連続不審火が発生した。
福岡県警南署は、現場近くにいた南区の無職少年(17)を現住建造物等放火未遂、住居侵入容疑で緊急逮捕。南区では今月、ほかにも計9件の不審火が起きており、関連についても捜査を進める。
発表によると、不審火は午前0時50分頃から同2時10分頃にかけ、城南区南片江3から南区桧原4の範囲にある住宅街で起きた。
南片江3では住宅前に置かれたごみ袋が次々と燃え、さらに、600メートル離れた城南区東油山4のマンション駐輪場ではオートバイ1台が焼けた。桧原5では、横断歩道用の小旗マンションのごみ置き場のごみなどが相次いで燃えた。いずれも市消防局などが消し止め、けが人はなかった。
連続放火事件とみて巡回していた捜査員が午前2時過ぎ、桧原4の路上を歩いていた少年を発見。職務質問に対し、少年は不審火と無関係を装っていたが、同署で任意聴取したところ複数の犯行を認めた。
少年は午前2時頃、捜査員に見つかった現場近くの左官男性(67)宅の敷地に侵入。倉庫にあった木材に火を付け、隣接する男性宅を燃やそうとした疑いで、午前7時に逮捕された。火は付近住民が気付いて消し止めた。少年は犯行に使ったとみられるライターを持っており、「火を付けたかった」などと供述しているという。

「放火」はこの少年のように「火をつけたかった」というような理由で実行される犯罪です。
「むしゃくしゃして」「失業した腹いせに」「侵入して盗むものがなかった腹いせに」「くびになったから」
いろいろな背景となる犯人の気持ちはありますが、「ただ火をつけたかった」というのが、非常に漠然としていて、そうした少年にどう対応したらいいのかと考えてしまいます。

いずれの理由であれ、放火は大罪であり、許されるものではないとともに、放火被害に遭ったら大切な自宅・事務所・物を焼失してしまう可能性があるということです。命をなくすこともあります。
自分自身で放火に遭わないように自主防衛するしかありません。

放火犯に狙われないための方法
● 火をつけやすいようなものを置いておかない。
● ゴミや古新聞紙、古雑誌、ダンボールなどはゴミの日の当日に出す。家の軒下などに置いておかない。
● 敷地内に不審者が侵入したら、人感ライトで照明を付け明るくする。
● 防犯灯をつけ犯人がかくれるような場所をなくす。
● 見通しを良くする。犯人がかくれるような場所をなくす。
● 炎センサーを設置し、炎の段階で検知し音声警告やベルを鳴らす。
● 敷地内に侵入したら外周警備でベル、サイレンを鳴らす。
● 炎センサーや外周警備用赤外線センサーが異常を検知すると、すぐに携帯メールで通報する自主機械警備システムNEXT
● 建物外にセキュリティキーパーを設置し、防犯・防災システムが完備していることを犯罪をしょうとしている人間に知らしめる。(抑止効果)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月22日)|記事URL| あとで読む

群馬・茨城で、また携帯盗難 3日間連続 全部で240台が被害。

 ●19日午前0時50分ごろ、高崎市飯塚町の携帯電話ショップ「ソフトバンク高崎中央店」で、携帯電話約百台(計約七百三十万円相当)が盗まれた。高崎署は窃盗事件として捜査。現場の状況や目撃情報などから、犯人は複数で、転売目的の犯行とみている。
 同署によると、店舗は正面入り口のガラス製自動ドアが、バールのような工具で割られていた。店の近くにいた男女が、急発進した車を目撃している。
 
●20日午前1時50分ごろ、太田市西矢島町の携帯電話販売店「メディアランド・ウイング ドコモショップ太田南店」裏口の従業員出入り口のガラス製ドアが壊され、店内から携帯電話約80台(400万円相当)が盗まれているのを、警備会社からの通報を受けた太田署員が見つけた。今月8日には、藤岡市の「ドコモショップ藤岡店」で、携帯電話72台(計約340万円相当)が盗まれており、県警は関連を調べる。
 
●21日午前4時半ごろ、茨城県土浦市真鍋の携帯電話販売「てるてるランド真鍋台店」で警報装置が作動、警備会社からの110番で土浦署員が駆け付けると、店舗正面の自動ドアがこじ開けられ、店内が荒らされていた。 NTTドコモの新品の携帯電話など約60台(計約300万円相当)が盗まれており、同署は窃盗事件として捜査している。
 [2008年12月21日東京新聞 毎日新聞 共同]

《コメント》
北関東を中心に携帯電話を狙った侵入窃盗事件が頻発しています。記事にもあるように換金目的であり、非常に短時間で犯行を行う完全にプロの仕業ですね。
太田市・土浦市の事件では、警備会社の通報で駆け付けた警察は、残念ながら間に合っていません。
おそらく、警備会社の警備システムを確認し、5分以内に現場を立ち去っています。
また、高崎の侵入手口は、堂々と正面入り口ガラスを破っています。

このような現場では、防犯カメラや警備システムを確実に導入し、建物に入られる前に、強い抑止力と威嚇・撃退力を備えたシステムが絶対に必要です。


侵入者に対し強力な抑止力を発揮する「セキュリティキーパー」

夜間無人店舗の防犯対策メニュー

★外周警備システム
★新・自主機械警備システムNEXT
★異常発生を携帯に動画で通報する警備システム
★防犯 カメラシステム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月22日)|記事URL| あとで読む

[コンビニは金を奪うのが簡単」連続強盗が供述

「コンビニ強盗」が発生しやすい状況です。
ちょっと気になるニュースをご紹介します。

コンビニ強盗は簡単? 茨城で強盗事件相次ぐ(11月26日8時6分配信 産経新聞)
師走を前に、茨城県内で強盗事件が多発している。24日から25日未明にかけてはコンビニエンスストアに刃物を持った男が押し入り現金を奪うなどの強盗事件が4件発生。いずれも犯人は逃走した。「コンビニは金を奪うのが簡単」。別の連続強盗容疑で逮捕された男はこう供述したという。早朝深夜営業の店舗が狙われる傾向にあり、県警が注意を呼びかけている。

 24日午後9時50分ごろ、日立市滑川本町の「セイコーマートしもむら店」に小刀を持った男が押し入り、現金約10万円を奪って逃げた。翌25日午前2時ごろには阿見町若栗の「ファミリーマートJA 阿見中央店」で、刃物を持った男が店員を脅して現金約5万円を奪う事件も発生。県内では、2日間で4件の強盗事件が続発している。

 日立市内では24日午前、牛丼店「すき家日立南店」で強盗事件が発生。同チェーン「日立北店」でも7月に強盗事件が起きており、両店の防犯カメラの映像から、県警は同一犯による犯行とみて調べている。

 県警の調べでは、早朝深夜の時間帯に店員が1人でいる店が狙われるケースが多いという

 下妻市内のコンビニに包丁を持って押し入り、約4万1000円を奪うなど4件のコンビニ強盗を認めた男は調べに対し、「コンビニは夜間に1人で勤務しているところがあるので、そこを狙えば簡単に金を奪えた」と供述。犯行前には店舗の下見を行っていた。

 県警生活安全総務課の川上正夫総括理事官は「深夜にも2人の店員をおき、駐車場に照明をつけるなど外も明るくし、店舗外の人や車の出入りを確認することが効果的」と指摘する。

 手口が巧妙化しているケースも。
水戸市で今月9日に発生したコンビニ強盗事件は、犯人が警察官を装って店に電話をかけ、店員を外におびき出したうえで金を奪った。店内で立ち読みをするなどして、他の客がいなくなるのを見計らって犯行に及ぶケースもあり、県警は「不審人物や立ち読みをしている人への声かけを実践してほしい」と呼びかける。

 それでも万が一、強盗に入られたら?。「犯人の衣服や特徴、逃走手段をできるだけ確認し、速やかに110番してほしい」(川上総括理事官)という。

●立ち読みで他の客がいなくなるのを待つ。
●警察を装って電話をかけ店員を外におびき出す。
●下見をして夜間一人の店を狙う

こうした強盗に対しては
●夜間でも従業員は二人体制にする。一人の時間を作らない。
防犯カメラなどを店の外にも取付け、店に入ろうとするところも自動録画しておく。
●店内の防犯カメラは逆光補正機能のあるものとし、鮮明な画像を録画しているか定期点検をきちんと行う。
●夜間無人になる場合は最終退出であることが外からわからないように店内照明を付けておく。
無線式非常用押しボタン+自動通報システムで離れた場所に緊急通報する。IP回線対応なら瞬時にメール、その後音声で通報する。無線式なら店内どこからでも押すことができる。
●強盗支援防犯装置として防犯シールドなどを店内に置いておく。
コンビニエンスストアの防犯対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月19日)|記事URL| あとで読む

ベトナム人の万引・窃盗多発 一億円以上の被害。

このところ、ベトナム人窃盗団による万引き被害が、全国各地で広がっていましたが、このたび
相次いで検挙されました。

?@ベトナム人窃盗団:県内でも被害相次ぐ 医薬品や化粧品など520点 /徳島
徳島県警では、窃盗団の1グループを摘発。4月と7月にベトナム国籍のグエン・ホアン・コン被告(29)=窃盗罪で起訴=とトラン・バン・テオ被告(37)=常習累犯窃盗罪で起訴=を窃盗容疑で逮捕した。
 2被告は07年1月から08年4月ごろ、県内のドラッグストアや量販店で25件の犯行を繰り返し、医薬品や化粧品など計約520点(約250万円相当)を盗んでいた。

?A盗品運び出し容疑でベトナム航空事務所を家宅捜索 /千葉
 ベトナム人窃盗団が盗んだ化粧品などの盗品を手荷物に隠して海外に運び出したとして、ベトナム航空(VN)のダン・スァン・ホップ副機長(33)が17日、県警国際捜査課、東京税関成田支署などに盗品等運搬容疑で逮捕された。
 千葉県警によると、06年ごろから全国のドラッグストアでベトナム人による医薬品や化粧品の万引き事件が多発。
全国14府県警が合同捜査本部を設置して捜査を進め、これまでに窃盗容疑で71人を逮捕、故買屋と呼ばれる商品の買い受け役14人も盗品譲り受けなどの容疑で逮捕した。万引きの件数は確認できたものだけで、約1200件(約3万6000点)に上り、被害額は約1億4000万円相当。
 ベトナム航空は成田空港のほか、関西国際、中部国際、福岡の3空港からハノイ、ホーチミン線を運航。捜索は成田以外の各空港の事務所でも行われた。
12月18日 毎日新聞

《コメント》
外国人による窃盗事件は減少傾向にありましたが、今回のベトナム人による大規模・広域の窃盗事件は、ベトナム航空のパイロットが盗品の国外持ち出し役を担当するなど、組織的犯罪自県に発展しました。
また逮捕者が窃盗71人、故買屋14人、合計85人に及んでいます。
これで組織が一網打尽に壊滅できていれば非常に安心なんですが、まだ、国内に窃盗団のメンバーが残っているかも知れません。

この窃盗団は、ドラッグストアの化粧品・医薬品を狙い、ベトナムで売りさばくという手口でした。
化粧品医薬品は国内でも盗品をさばいている故買屋も暗躍していますので、換金性が高く万引きや窃盗のターゲットになりやすいですね。

店舗での防止策が一段と必要になってきました。
防犯カメラを店内に死角のないように設置し、「監視している」ことを強力にアピールする。
防犯カメラは屋外出入り口付近にも、設置する。
録画装置は日常点検を行い、確実に録画ができるようにする。
マニュアルを整備し、従業員の万引き防止に対する意識を高める。
万引き防止装置を導入する。
複数店舗の管理には、携帯電話で動画伝送システムを使用する。
などの対策を行ってください。
万引きも、侵入犯罪も、起こしにくい環境にすることが未然に防ぐ、最も有効な方法です。
我々セキュリティハウスでは、防犯対策のプロである防犯設備士が犯罪に遭いにくい環境作りのお手伝いをさせていただいております。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月18日)|記事URL| あとで読む

生活困窮。9円しか所持金なく・・元派遣社員コンビニ強盗。

「やっぱり」このニュースを見て思いました。世界的な不況で、大手企業の派遣社員切りが問題になっていますが、職を失い、家を失った人が「コンビニ強盗」を・・という最悪のシナリオが大阪で実行されました。

生活困窮で... 元派遣社員がコンビニ強盗(MBSニュース12.18)
 35歳の元派遣社員の男が強盗未遂の疑いで逮捕されました。男は1か月前から仕事がなく生活に困っていたということで、逮捕されたときの所持金はわずか9円でした。

 15日午前3時すぎ、大阪府泉大津市のコンビニで包丁を持った男が「金を出せ」と店員を脅しましたが、店員が非常ベルを鳴らしたため、何も取らずに逃げたということです。

 16日になって、無職のM容疑者(35)が警察に出頭し、強盗未遂の疑いで逮捕されました。

 調べによりますと、M容疑者は運送会社で派遣社員として働いていましたが、仕事がなくなり、およそ1か月前に派遣登録を解除したということです。

「病気であんまり仕事に行けないのかと思っていた」
「(今月初めごろ)財布落としたので金貸してくれと。本来なら貸すけど、いろいろ聞いてたから、そこらで金借りているのを」(近所の人)

 前田容疑者の出頭時の所持金はわずか9円で、調べに対し「金がなくなり水を飲んで生活していた。家賃の督促状が届き、家を追い出されると思ってやった」と話しているということです。

これだけ派遣切りで多くの失業者が出たら、出るだろうなと推測していたら、やはり出てしまいました。
脅すわけではないですが、今年の年末から年始にかけて急増するのではないかと思います。
今回は、ベルが鳴って実害もなく、怪我もだれもしていなかったということで良かったですが、せっぱつまると強盗も必死ですからその気がなくても怪我をすることも考えられます。やはり強盗対策をきちんと実施して、強盗対策を実施している店であることを店外にPRすることが重要です。

非常用押しボタンを押してベルやサイレンを鳴らすと犯人をよけいに興奮させるので、現場での威嚇はしない、というコンビニのFC本部もあるようです。人命大事はいうまでもないですが、ある程度の犯人との距離が確保できるのであれば、私はその場で威嚇機器を鳴らす、又は音声で警告するというのもありだと考えます。今回もそのベルで強盗は未遂で退散しました。

無線タイプの非常用押しボタンを押し、その場で音声などで警告、同時に離れた場所のオーナーなど5箇所にまずIP回線を通じてメール送信、その後アナログ回線で音声通報という方法が、非常事態をもっとも早く外部に通報する方法だと思います。強盗対策非常通報システム無線タイプの非常用押しボタン(ペンダント型・時計型・カード型)を使用しますので、店のどこにいても押すことができます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月18日)|記事URL| あとで読む

はさみでこじ開け車上狙い

500件もの車上狙いを行っていたというのはちょっと驚きです。

車上荒らし:5容疑者逮捕、横浜など500件供述 被害総額2500万円か /神奈川(12月16日毎日新聞)
◇横浜・藤沢・大和市などで
 県警3課などは15日、藤沢市辻堂元町2、無職男(39)ら5人を窃盗未遂容疑などで逮捕したと発表した。
5人は調べに対し、駐車中の自動車を狙った盗みを400?500件繰り返したことを認める供述をしており、被害額は2000万?2500万円に上るとみられる。
 逮捕されたのは、中学時代の仲間ら。調べでは、このうち4人は5月7日深夜、藤沢市辻堂西海岸2の団地駐車場で、乗用車の鍵をはさみでこじ開けてカーナビを盗もうとした疑い。所有者の男性の家族が気付いたため、逃走したという。
 5人は9?11月に相次いで逮捕され、既に起訴されている。2?9月に横浜や藤沢、大和市などで車を狙った盗みを繰り返していたとみられるという。

車上狙い対策としては、やはり防犯対策を十分にされている「狙われにくい駐車場」に留めるということです。
●防犯カメラや人感ライト、防犯灯などの完備した「防犯駐車場」に留める。
●一定時間以上車から離れる時には、常に車を確認する。
●ボディカバーをつけ、車種を特定されないようにする。
●自宅の車庫はできる限りシャッター付きの車庫の方が安心。人感ライトを設置し、人が来ると自動的に照明が点灯するようにする。
●車外からカーナビが見えないようにカバーをかける。
●持ち運びが出来るタイプのカーナビは駐車時は自宅に持ち帰る。
●カーナビを取り付ける際には盗難防止対策を施した特殊なネジを使用して、取り去りを困難にする。
●自動車盗難防止装置を設置する。
●ハンドル固定ロック式防犯装置やイモビライザー、振動センサー・空気圧センサー、電圧変化センサー、キー穴異常センサーなど。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月17日)|記事URL| あとで読む

高知大学で試験成績入りのパソコン盗難

大学の研究室に泥棒が入りました。

学生464人分の成績紛失=教授のパソコン盗難?高知大(12月12日 時事通信)高知大学は12日、学生464人分の試験結果が保存された人文学部の男性教授のパソコンが盗まれたと発表した。同大は県警高知南署に盗難届を提出した。
 同大によると、高知市の朝倉キャンパスの研究室など17カ所に、10日午後5時から11日午前8時半にかけ、何者かが侵入したとみられ、パソコンのほか現金約5万円などがなくなっていた。研究室などはそれぞれ施錠されていたが、ドア横の窓が割られるなどしていた。
 パソコンは教授の私物で、担当する英語の授業の試験の結果が入力され、氏名、学籍番号、所属と成績が保存されていた

大学でパソコンが盗まれるという窃盗被害は全国で発生。
パソコンは中古でも換金できるため狙われるのです。
今回の高知大学の被害のように、生徒の個人情報や試験成績、卒業論文など重要でデータ、個人情報が入っていて、被害者なのにもかかわらず加害者扱いされるという二次被害もあります。

大学の研究室などの防犯対策
● 研究室の扉を電気錠にして、入退出管理システムを入れる。
● 入退出管理システムと連動させ、防犯カメラを設置し、自動録画する。
● パソコン持ち去り防止システムを導入する。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月16日)|記事URL| あとで読む

広域捜査で特捜係活躍 連続窃盗逮捕相次ぐ

富山を含む複数県で犯行を重ねる連続窃盗犯の逮捕が相次いでいる。県警は今年、広域窃盗犯を重点的に捜査する「盗犯特捜係」を捜査1課に設置するなど窃盗事件の捜査を強化しており、手口や盗品に関する情報の集約などで効果を上げている。
 係は今年3月、窃盗捜査のプロとして信頼が厚い捜査員8人で結成した。同課によると、連続窃盗など複数の署にまたがる共同捜査事件、重要事件などで、各署の刑事課などと連携して捜査にあたる。
 富山に限らず隣県なども含め、広域で犯罪を重ねる窃盗犯は、車で移動する例が多く、これまでは捕捉が難しかった。新しい体制では他県にも捜査員を派遣し、集中して捜査することができるという。
また、連続して窃盗を重ねる犯人は手口が共通することも多く、手口や被害品の情報収集でも成果が期待される。
 県警では今年、連続窃盗犯10人以上を逮捕したうち、3人の事件で同係が活躍した。
 そのうちの1件は今年3月、射水市内で発生。被害にあった女性(70)によると、家族が寝静まった未明に、男が風呂場の無施錠の窓を開けて侵入し、時計や財布など3万3000円相当を盗んでいた 同係は、盗んだ品物が古物商に売られていたことや、無施錠の窓から侵入する手口などから、3人の身元を割り出した。3人は自動車で移動して他県でも犯行を重ねていた。
  県警のまとめでは、今年1?10月の重要窃盗犯の認知件数に対する検挙件数の割合は約41%。昨年同期より約2ポイント増加し、少しずつ効果が表れている。
 県警捜査1課は「広域窃盗に対応できる充実した体制が組めた。犯人を逮捕することで地域の安心につなげたい」と話している。
(2008年12月14日 読売新聞)

≪コメント≫
移動に自動車を使用した窃盗犯グループは、活動範囲が複数県にまたがり県警単位で捜査をバラバラに行っているため、逮捕されにくいケースもあったようです。
この富山県警の「広域捜査」を専門とした特捜班の成果は、非常に大きいです。他県との情報を共有することで、検挙する確率が上がりますね。
この検挙率が上がるということは、犯罪者にとって抑止力が高まりますので、犯罪者はより慎重になり、よい循環につながります。

さて、この事件での手口について、「家族が寝静まった未明に、男が風呂場の無施錠の窓を開けて侵入し、時計や財布など3万3000円相当を盗んでいた。」とありました。
以前私が防犯教室を開催した東京都内でも、外出時にお風呂の窓を開けてきた人が約2割おられました。まだまだ「無施錠」が多いようです。
これは、侵入者に「我が家に泥棒に入ってください」とアピールしていることになりますので
外出時や就寝時には絶対に施錠しましょう。

そして、もっと安心できるシステムを導入し、狙われない家に変えることが可能です。
セキュリティハウスのプロの専門家「防犯設備士」が提案する自主機械警備システム
一戸建て住宅、店舗付き住宅など様々な建物に対応できます。

「我が家に限って・・・」「ちょっとしたスキにやられた」、このようなことがないように、
年末の忙しい時だけに万全の注意をして、安心してお正月を迎えましょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月16日)|記事URL| あとで読む

イオンモールで放火。カーペット30枚焼く。

この年の瀬に「放火」というニュースです。

イオンモールで放火か?カーペット焼け3人負傷 大阪・藤井寺(12月14日産経新聞)
14日午後3時半ごろ、大阪府藤井寺市岡の「イオンモール藤井寺店」の従業員から、「4階の布団売り場から出火している」との119番があった。
柏原羽曳野藤井寺消防組合消防本部の消防隊員らが駆けつけたところ、従業員らが店内の消火器で火を消し止めていた。

 この火事で、58歳と26歳の男性従業員、38歳の女性従業員が煙を吸い込んだり、消火活動の際に消火器の粉を吸い込んだりして気分が悪くなった。客などにけが人はなかったもよう。売り場に陳列していたカーペットが20?30枚と、床など約10平方メートルが燃えたとみられる。
付近に火の気などはないといい、大阪府警羽曳野署では不審火の可能性もあるとみて出火原因を調べている。
現場は近鉄南大阪線藤井寺駅の北約100メートルの商業地区。

「むしゃくしゃして」といった理由という理由のない放火が多発しています。
これだけ世の中が混沌としてきたら、「放火」や「強盗」「殺人」などが急増するのではないかと危惧しています。

放火対策としては、「放火をしにくい環境を作る」ことが重要です。
 炎センサーで、炎の段階で検知し、その場で音声警告。管理室などへ通報する。炎センサーは10m先の7cmの炎を検知。火災になる前に知ることですみやかな防火対策を実施できる。
● 防犯カメラと連動し、防犯カメラで映像確認を管理室などで行う。
● 布団売り場など燃えやすいものが陳列されている場所では、死角を作らないよう商品陳列方法を検討する。死角には「防犯ミラー」「防犯カメラ」などを設置する。
● 防火責任者を設定し防火訓練を実施する。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年12月15日)|記事URL| あとで読む

1  2  3  4  5

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?