1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2008年11月

防犯ブログ

点検業者装い窃盗200件 1人暮らし高齢者狙う 栃木

「点検業者を装って家に上がりこみ窃盗200件」

栃木県警で4日逮捕された3人の泥棒の手口。
●「1人暮らしの高齢者を狙った」
●点検業者を装って家に上がり込んで金品を盗んだ。

・4月19日、那珂川町の女性(83)の家に電気の点検を装って家に上がり、すきを見て現金やバッグなど(計約3万2200円相当)を盗んだ疑い。
・7月25日、那須町の男性(82)宅を浄化槽点検の名目で訪れ、現金約5万円などを盗んだ疑い。

 3人は「1人暮らしの高齢者を狙った」と容疑を認めており、電気、ガスなどの点検を装う手口で約3年前から本県、茨城、福島、千葉の計4県で計200件以上の犯行を自供しているということです。
(11月5日産経新聞より引用)

 家の中に上がりこむのに、電気やガスの点検を装うというのは時々耳にする手口です。
 多くはユニフォームに身を包み、複数で家を訪問します。

 ユニフォーム姿にしっかり信用した家人に対し「点検のため一緒にきて欲しい」と家の外の盤などまで同行を促し、その間にもう一名が家の中を家捜しして金目のものを物色。カバンや引出しの中の現金・貴金属などを盗む手口です。
わざわざ一人暮らしのお年寄りばかりを狙っていたということですので、あきれる限りですよね。
お年寄りを狙った犯罪と防犯対策

 防犯対策としては、

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年11月05日)|記事URL| あとで読む

優良防犯機器に認定マーク

まずカメラとレコーダー−日本防犯設備協会が制度スタート

 社団法人「日本防犯設備協会(東京都港区)は、効果的な防犯性能を備えている機器を優良と認定する制度を始める。防犯設備の市場が拡大傾向にある中、国民が安心して購入、使用できる機器の普及を後押しする。最初は、防犯カメラとデジタルレコーダー(画像記録装置)の2品目が対象。既に審査と認定の基準を作成し、「優良」を示すロゴマークも決めた。(2008/10/27)  時事通信社

日本防犯設備協会のHPより
優良防犯機器認定制度とは、犯罪抑止力等の向上、特に防犯機能・防犯性能が犯罪抑止・犯罪発生後の対処・追跡に関する犯罪検挙等の用途に効果的に機能する、と認められる機器について、優良防犯機器適合認定を与え、よりよい防犯機器の開発普及を促進し、さらには国民の皆様に防犯機器をよく知っていただくことを目的に実施している制度です。
優良防犯機器を示すロゴマークをRBSSマークと呼びます。
RBSSは Recognition of Better Security System の略です。
当協会は、防犯に関する性能が実際に機器を使用する際、効果的、有効であるか否かの視点で「優良」の基準を定めています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年11月05日)|記事URL| あとで読む

GPS機能等搭載で防犯対策効果あり

数年前になりますが、よくATMが被害に遭う事件が多発しました。
最近ではめっきり少なくなったのではないでしょうか。

ATMを奪う際に使用されたパワーショベルなどの重機。
犯行現場で乗り捨てられていたことも。

(2006/1/29 読売新聞より) 
ATMの1700万円盗難
”現場に、犯行で使われた重機が放置”
29日、AM3時頃、あるホームセンター内に設置された、
ある銀行のATMの警報装置が作動したと警備会社からの連絡を受け、常総署員が現場に駆けつけると、現金1700万円入りのATMが機械ごと盗まれていた。
近くには犯行に使った重機が残され、重機で機械を破壊しトラックで運び去ったと見られる。

最近のショベルカーにはGPS機能が搭載された機種など、最新のコンピュータも搭載され、遠隔制御できるようになっています

遠隔制御できることもあり、万が一重機を盗まれた場合でも、エンジンをストップさせることが可能となります。
つまり、重機を盗んだとしても、犯行現場ではエンジンがかからないという具合です。
ATMを破壊しようとしてもできません。
また、GPS機能により、使用場所から一定範囲離れたところに移動すると、重機が動かない仕組み。
これでは、ATMを奪おうとする犯行組織は諦めてしまいます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年11月04日)|記事URL| あとで読む

携帯の大量盗難 ドコモとソフトバンク  ネットで新機種転売

NTTドコモとソフトバンクモバイルの最新機種を標的にした携帯電話の大量窃盗事件が相次いでいる。両社などによると、今年に入り関東五県で計三十数件発生。盗まれた端末はネットオークションなどで転売されているとみられるが、背景には販売方法の見直しによる端末価格の上昇や第三世代携帯の普及があるようだ。 
 神奈川県警捜査三課によると、県内の携帯電話窃盗は未遂も含め七月から十件で約五百九十台が盗まれた。十月二十日に秦野、小田原、平塚各市の三店舗で計約二百十台が盗まれた事件では、警察官が威嚇射撃し、グループのうち男二人を逮捕。十八日に連続した厚木市と愛川町の事件も同一グループによるものとみられる。
 犯行グループは人けがない郊外店のガラスを割って侵入し、数分間で大量の携帯を運び出す。狙うのは高額の最新機種ばかり。
 携帯窃盗は十月以前は月一件ペースだったが、十月に入り急増。県警は「販売ルートが確立された可能性もある」と警戒する。
 窃盗団の標的は、通称「白ロム」と呼ばれる未契約状態の携帯端末。現在は五万円を超す機種も登場し、ネット上や白ロム専門店で正規より安く販売されている。一方、auでは販売店でしかSIMカードのロックを解除できないため、被害は報告されていない。【11月2日 東京新聞】

無人店舗への侵入犯罪・・・被害額が大きく、信用失墜などの損害は計り知れません。携帯電話の郊外店舗は、侵入が容易な構造の建物も多いですね。特に裏手にある通用口は、人目につかないため、狙われやすいです(店舗の侵入被害の実情)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年11月04日)|記事URL| あとで読む

空き巣:容疑で4中国人逮捕−−警視庁 /東京

空き巣:容疑で4中国人逮捕−−警視庁 /東京
 埼玉県の民家に空き巣に入ったとして、警視庁捜査3課は31日、豊島区池袋本町2、専門学校生、張忠海容疑者(26)らいずれも中国籍の男4人を窃盗と住居侵入の疑いで逮捕したと発表した。このうち2人は、昨年5月ごろから関東地方の1都6県で約150件(被害総額約4500万円)の空き巣をしたと供述しているといい、裏付けを進める。
 調べでは、4人は10月3日午後6時過ぎ、埼玉県狭山市の会社員男性(48)方に窓を割って侵入。現金約2万5000円や指輪など19点(計約44万円相当)を盗んだ疑い。
毎日新聞 2008年11月1日 都内版

警視庁のデータでは、都内の空き巣の平成20年上期の発生件数は大幅に減少、平成16年度の半分弱にまで減少しています。
しかしながら、このような荒稼ぎをする外国人窃盗グループの被害は、まだまだなくなりませんね。
侵入犯罪に対する意識が高まり、いろんな対策が施されてきただけに、最近は、「狙われやすい家」が被害に遭いやすい傾向があると思われます。

そこで、あなたの家が「空き巣に狙われにくい家」かもしれません。。。
是非リンク先を参考にチェックしてみましょう。
一戸建て
マンション 
店舗付住宅

すぐに出来ることが載っていますので、ご参考に。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年11月02日)|記事URL| あとで読む

1  2  3  4

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?