1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2008年10月

防犯ブログ

パワーショベルで店内突入=停電、ATMの500万強奪−埼玉

31日午前零時20分ごろ、埼玉県新座市あたごの営業中のコンビニエンスストアに何者かがパワーショベルで乗り付け、店舗正面脇の窓ガラスを破壊、店内の現金自動預払機(ATM)を外に出し、現金約500万円を盗んで逃げました。
県警新座署は窃盗事件として捜査しています。

 調べによると、店長は窓ガラスが割れショベルの先端が店内に入って来るのを目撃したが、同時に停電となった。暗闇になったため店長らはあぜんとして立ちすくむだけだったという。防犯ビデオも停電のため作動しませんでした。パワーショベルは近くで盗まれたものだったということです。 
(10月31日時事通信より抜粋)

防犯カメラシステムの映像をハードディスクレコーダーにて自動録画する場合、無停電電源装置をシステムに組み入れると停電になっても一定時間の映像を録画することができます。
長時間録画することは金銭的にも負担が大きいので、短時間でも効率良く撮影出来る対策をおこなうことが大切になります。
このようなノウハウは、専門家にゆだねてシステムを構築することを考えてみることも大切です。

又、遠隔でハードディスク異常や停電異常など設備異常を携帯電話や会社パソコンに瞬時にメールで知らせることができる自主機械警備システムNEXTを併用することで、侵入や火災はもちろんのこと、設備異常発生時にも店長や経営者はどこに外出していても携帯電話で異常発生を瞬時に知ることができます。
IP回線を使用することで、犯行や異常発生の数秒後にはメールが送信されてくるので、すぐに対応することが可能です。

防犯カメラは防犯カメラ単体で使用するのではなく、侵入警戒・自動通報などと併用し連動させることで、より便利に、より安心できるシステムとなります。

建設機材を使用してATM等収納ブースごと破壊した上現金を窃盗する認知事件数は、平成20年上半期で1件と急減していましたが、平成16年には64件発生しており、気を抜くことはできません。
金融不安が叫ばれる中、一発逆転?を狙う窃盗団によって増える可能性があり、注意が必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年10月31日)|記事URL| あとで読む

地域ぐるみの防犯 カメラ設置で大きな防犯 効果

栃木県小山第2工業団地8社、防犯カメラ設置し犯罪抑止(10月28日 下野新聞)

栃木県小山第二工業団地の企業が、敷地内への防犯 カメラ設置を進めている。窃盗などの犯罪を抑止しようと、同団地の管理協会が各企業に呼び掛け、8社が設置を決めた。
うち一社と同協会管理棟の計二カ所で運用が始まっており、残る七社も年内の設置を目指す。
関係者は「犯罪抑止につながってほしい」と期待を寄せている。
 同団地では2006年10月から現在まで、11社15件の窃盗被害が同協会に報告されている。
自動販売機荒らしや事務所のガラス割りのほか、原材料費の高騰に伴って銅線やアルミホイール、レアメタルを狙い自動車のマフラーを盗む事案も発生。被害額は計1200万円に上った。
 同協会は対策としてこれまで、団地内の道路に防犯灯153基を設置。しかし効果が得られなかったため、今回初めて防犯カメラの導入を決定。企業の参加を募ったところ、43社中8社が名乗り出た。
 防犯カメラは、一社につき最低四台設置。周辺の道路を監視する観点から、一台を道路に向けて設置すれば工事費を補助する。モニターや録画装置は各事業所に配備する。画像データは3週間程度保存できるという。 同協会は今後、プライバシーなどに配慮したカメラやモニターの管理、運用についてルールを定める。また周辺の自治会や学校に説明し、理解を求めるという。
 約79000平方メートルの敷地を有する総合リサイクル業「ツルオカ」は20台のカメラを設置する予定。中村一郎総務本部長は「一度盗難に遭うよりは安く済む。機密性の高い商品もあり、取引先の信用にもかかわる問題だ」と話す。
 同協会会長は「他の団地も同じ被害があると思う。被害を出さないためにも、こうした動きがほかにも広がれば良い」と話している。

工業団地の盗難被害の特徴は、下記の2点です。
(1)地域全体がほとんど無人であり夜間の侵入が容易。
(2)金属など、屋外に保管しているものが狙われやすい為、屋外を警備していない警備会社のシステムの場合犯行を検知出来ない。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年10月30日)|記事URL| あとで読む

キムタク 自宅空き巣。

<空き巣>木村拓哉さん宅、窓ガラス割られる


アイドルグループ「SMAP」のキムタクこと木村拓哉さん(35)が19日、東京都目黒区の自宅の窓ガラスを割られる被害に遭っていたことがニュースで流れました。

 19日午後7時半ごろ、木村さんの自宅の警報装置が作動した。目黒署員が駆けつけたところ、2階の窓ガラスの一部が割られていた
警視庁目黒署は空き巣が侵入しようとしたとみている。当時、木村さん方は留守で盗まれたものはなかった。
(10月30日毎日新聞より一部抜粋)

 これを「窓ガラスが割られただけ」ととらえるか、「泥棒に狙われ窓ガラスを割られてしまった」ととらえるかは大きな違いです。窓ガラスといえども変更するには数万円〜数十万円かかりますし、修繕する間誰かが自宅にいなければなりません。

また、「木村拓哉さん35歳自宅に空き巣」とHPや新聞、ニュースで発表されてしまうというのは、イメージを売る芸能人としては良くないのではないかと思います。

留守でよかったのですが、もし子供や奥さんなど家族がその場に居たら・・万が一出くわすと「居直り強盗」ということにもなりかねません。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年10月30日)|記事URL| あとで読む

絶えない社員の侵入事件。防犯 対策も一工夫を。

秋田・115万円窃盗容疑で元店長 逮捕 /秋田
10月27日、秋田市土崎港中央、会社員、柳原太郎容疑者(42)を窃盗容疑で逮捕。8月18日の深夜から19日の朝にかけて同市内の焼き肉店に侵入し、耐火金庫から売上金約115万円を盗んだ疑い。容疑を認めている。柳原容疑者は元店長で、現在は系列会社に勤めている。
店の機械警備を解除する鍵を持っており、玄関から侵入。店内の鍵を使って金庫を開けて現金を盗んだ後、再び鍵を閉めたらしい。「借金があり金が欲しかった」と話しているという。
(秋田中央署調べ)    毎日新聞 2008年10月28日 地方版

内部犯行による被害は、まだまだ後を絶ちません。
せっかくコストをかけて機械警備を導入しても、これでは元も子もないですね。
逮捕されても、被害金が戻るか分りませんし、顧客に対する信用失墜のダメージは図りきれないものがあります。

このような犯罪の防止・抑止には→→「犯罪が出来ない環境作りが重要です。」

(1)誰がいつ警備を操作したか、記録が残る仕組みにする。
 そのことをしっかり社員に周知する。・・・自主機械警備[NEXT]はすべて記録し必要な場合はデータをお客様に提供します。
この自主機械警備[NEXT]は、外部の侵入者にも「抑止」「威嚇」効果の高い防犯 システムです。

(2)防犯 カメラを導入。外部の侵入者も関係者もしっかり抑止します。
 最新の防犯 カメラで業種・建物などそれぞれの環境に最適なシステムを我々が提案します。
 最新の防犯 カメラ システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年10月30日)|記事URL| あとで読む

「ごっつん盗」ベンツ盗み逃走。

強盗傷害>追突!ベンツ盗み逃走 堺で医師けが
28日午後6時25分ごろ、堺市堺区南三国ケ丘町3丁の路上を同区の男性医師(33)がベンツ(約2000万円相当)で走行中、後続の乗用車が追突。男性が車から降りたすきに何者かが運転席に乗り込み、車を盗んで逃走した。男性は転んで軽傷を負い、府警堺署は強盗傷害事件として捜査している。調べでは、追突したのは白っぽい乗用車で、この車も走り去ったという。(10月29日毎日新聞)

こういうのを「ごっつん盗」というのです。
「ごっつん盗」

こうした手口での自動車盗難。
ベンツだから・・と他人事のように思わないでください。
自動車盗難は高級車ばかりを狙ってはいません。
「ハイエース」とかが泥棒には人気?なのです。なぜかというと、海外で日本のハイエースは、つぶれない、よく走る、何でも荷物を載せることができ便利・・といったことで高く売れるからです。

「ハイエース」数百台、組幹部ら6人逮捕 愛知というニュースも出ています。
トヨタ自動車のワゴン車「ハイエース」の窃盗を組織的に繰り返した山口組系暴力団幹部T(39)ら男女6人が窃盗などの疑いで逮捕されました。愛知県内では07年1月〜08年9月にハイエースが約650台盗まれ、県警はT容疑者らが相当数関与したとみて調べています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年10月29日)|記事URL| あとで読む

食の安全対策に貢献するセキュリティシステムは?

キユーピー、工場のセキュリティーを強化 不審者の侵入防ぐ
 キユーピーは国内の全9工場の入退室のセキュリティーを強化する。静脈・指紋認証式やテンキーロック式、IDカード式などのシステムを組み合わせ、11月末までに導入していく。相次ぐ食品への異物混入などで「食の安全」に対する関心が高まるなか、生産の管理体制を強化する。
 9工場では、マヨネーズやドレッシングなどを生産しており、従業員は合計約2100人。事務所など不特定多数の従業員が入退室する場所はテンキーロック式やIDカード式などで対応。生産現場では厳密な本人確認ができる静脈・指紋認証式を採用する。このほか防犯カメラを工場内に設置、不審者の侵入を防止する。(日経新聞)

カップヌードルから防虫剤、女性が嘔吐

 カップめん「カップヌードル」に防虫剤? 神奈川県藤沢市保健所が23日、同市内で女性(67)が食べたカップめんから防虫剤成分のパラジクロロベンゼンを検出したと発表した。藤沢署は毒物混入の疑いもあるとみて調べを進めている。
 この日夜、東京・新宿区の日清食品東京本社で会見した中川晋社長は「工場で使用されない薬品なので生産ラインで混入した可能性は考えられない。食品テロなら業界全体が解決に取り組まないとならない」などと話した。

食の安全を脅かす事件が多くなっています。これらのリスクを少しでも低くする為の
対策は、これから企業防衛の観点からも必要になって参ります。
●工場・生産拠点や倉庫・物流拠点には『入退出管理システム』『監視カメラ』を導入することが必要。
 許可者以外は入室できない仕組み、誰がいつ入室したか履歴の保存が効果的です。
 また、作業ラインなどの混入されやすい場所のカメラによる監視による抑止効果が有効です。
●店舗のバックヤードや売り場には、『監視カメラ』が効果的です。
 万引きや強盗対策を目的に設置されたカメラに追加し、商品を監視する位置に設置します。
 万一問題が発生した場合、相当時間が経過している可能性もあり、映像記録期間も最低1ヶ月以上は 必要です。

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2008年10月28日)|記事URL| あとで読む

ピッキング空き巣 北海道で60件

札幌東署などは20日、札幌市中央区南12西8、無職男(41)ら4容疑者を窃盗と詐欺の疑いで逮捕、送検したと発表しました。玄関の鍵を「ピッキング」で解錠する手口で、札幌、小樽両市で約60件の空き巣を繰り返し、被害総額は数百万円とみられます。

 調べでは、6月25日早朝、東区の男性会社員(30)のアパートに侵入し、クレジットカードや財布など20点(時価計約41万円相当)を盗むなどした疑い。

盗んだカードでブランド品のかばんなどを購入しリサイクル店で転売、現金を分配し生活費や遊興費に充てていました。

(10月21日毎日新聞 より抜粋)

 「ピッキング」とは、昼夜錠前にピックと呼ばれる特殊器具を差し込み錠前を開錠する手口。数秒で開錠でき、ほとんど形跡が残りません。
平成12年頃より急激に増加し、平成14年にはマンションへの侵入手口の約52.6%にまでなりましたが、その後平成15年に特殊開錠用具の所持の禁止等に関する法律(ピッキング条例)が制定されるとともに、ピッキング対策(ピッキングに強い錠前に変更)が進むにつれて減少し、現在は数パーセントに留まるほどに減少しています。

但し、地方ではまだまだ対策されていない建物も多く、被害が発生しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年10月28日)|記事URL| あとで読む

事務所荒らしの男逮捕 各地で被害、余罪追及(和歌山)

先日より和歌山県田辺市下万呂、上富田町岩田で事務所荒らしが相次いでいましたが、印南町の会社事務所に侵入し、現金を盗んだとして、田辺署は24日、田辺市新庄町、無職神屋寿朋容疑者(39)を窃盗容疑で逮捕しました。

21日早朝、田辺市と上富田町岩田で事務所荒らしの手口
● 田辺市下万呂の事業所では午前4時前、警備会社からの連絡で経営者が被害に気付いた。事務所裏口ドアのガラスが割られており、何者かが鍵を開けて進入したとみられる。
● 上富田町岩田では午前7時55分ごろ、事務所が荒らされているのを従業員が気付き、通報した。

同市などでは今年の夏ごろから事務所荒らしの被害が相次いでいたことから、同署は男の余罪を追及しています。

 調べでは、今年9月23日午前0時から午前7時までの間に、印南町西ノ地の精密機械部品製造会社事務所の窓ガラスを割って侵入し、現金約3万円が入った手提げ金庫を盗んだ疑い。 

同署や白浜署、新宮署管内では、今年7月ごろから事務所荒らしが相次いでいました。
このため、各署や機動捜査隊と8月下旬に合同捜査を始め、犯行の時間帯や手口、現場に残された足跡などから同容疑者を割り出し、10月21日に指名手配し、10月24日朝、橋本市内で容疑者を機動捜査隊員が発見しました。
 田辺署は三十数件、被害額約100万円に上る余罪があるとみています。
(10月24日紀伊民報より一部抜粋)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年10月27日)|記事URL| あとで読む

窃盗:樋伝いマンション侵入 男を容疑で逮捕 100件 /岡山

マンション上階は無施錠の部屋が多かった。

岡山西署は21日、富山市上大久保、無職男(43)を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕した。

男は8年前まで建設作業員だったといい、マンション屋上から樋(とい)伝いにベランダに降り、無施錠の窓から侵入する手口で空き巣を繰り返していたということです。 

調べでは、8日午後8時ごろ、岡山市今4の4階建てマンションの屋上からベランダに降り、4階に住む男性会社員(28)方に侵入。現金3万5500円を盗んだ疑い。

仕事を辞めた00年以降、大阪、岡山で同様の手口で約100件の余罪を認めているということです。
今月10日、別のマンションに侵入した住居侵入容疑で現行犯逮捕されていた。
 調べに対し、「高いところは怖いけど、岡山、大阪には中層マンションが多いので狙いやすかった。マンション上階は無施錠の部屋が多かった」などと供述しているという。
(10月22日 毎日新聞より一部抜粋)

「マンションの上階は無施錠が多いので侵入しやすい」
この泥棒と同様の言葉をどれだけ聞いたことでしょうか。
「オートロックのあるマンションは無施錠が多いので侵入しやすい」
というのも同じです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年10月24日)|記事URL| あとで読む

強盗・窃盗を高知県4箇所で繰り返した被告に懲役6年の実刑。これって短い?

07年8月から同11月にかけ仲間と共謀して県内4カ所で盗みなどを繰り返し、強盗や窃盗などの罪に問われた高知市神田、建築作業員、男(32)の判決公判が21日高知地裁であり、伊藤寿裁判官は「犯行態様は相当悪質」として懲役6年(求刑・懲役8年)の実刑判決を言い渡しました。

●07年8月7日〜同年9月19日、いずれも仲間と共謀し高知市など民家4カ所に侵入、現金計約5346万円などを盗んだ。
●同年11月19日に日高村の民家で女性(当時67歳)の手首を粘着テープで縛り現金約62万円などを奪った強盗事件では、実行役の男2人に女性方の情報や強盗に使う道具を提供した。

 弁護側は強盗について被告に共謀などの意思はなかったとして無罪を主張していましたが、伊藤裁判官は実行役の1人の供述は信用性があり、犯行に不可欠な情報を提供し分け前も得ているとして「共謀共同正犯と認められる」と判断。弁護側は「控訴するかは被告と話し合って判断する」と話しているということです。
(10月22日毎日新聞)

4件の窃盗と強盗で実刑6年。
これが長いと感じるか、短いと感じるかは人それぞれですが、私は「短いな」と感じました。
手足や口に粘着テープで縛られた67歳の女性は、生きている気持ちがしなかったと思います。
4件の窃盗被害者も、被害金額が5346万円と非常に高額で、それによりその後の生活や会社経営が行き詰まったりした方がいたのではないかと危惧します。

やはり、「防犯」は被害に遭ってから対処するのでは遅いのです。
被害に遭わない防犯対策をきちんと行うことで「被害対象から外させる」「被害を未然に防ぐ」ということが重要です。
そのためには、泥棒に防犯システム・防犯カメラシステムが設置されていることを建物外部で知らしめ、下見の段階で犯罪対象から外させることこそ大切です。
「予防」というものがいかに重要であるかをもう一度考える必要があります。
予防を重視した自主機械警備システムNEXT

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年10月23日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?