1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2008年8月

防犯ブログ

防犯システムの考え方

防犯システムの設置を考える場合に必要なことはどのようなことなのでしょうか?
その点について考えてみたいと思います。

現在の防犯設備として一番に考えられるシステムとしては「防犯カメラシステム」ではないでしょうか?
「防犯カメラシステム」は現在の防犯設備としては、「目で確認することができる。」
「確認してすぐに対処ができる。」などのメリットがあって、殆どの防犯監視現場で使用されている
「防犯 システムのスター」ではないでしょうか?

実際の犯罪現場でも活用されて、犯人逮捕にも貢献していると思います。
しかし、「防犯カメラシステム」さえ設置すれば、防犯は大丈夫だと思われることは非常に危険な考えだと思います。

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2008年8月12日)|記事URL| あとで読む

電話帳で電話をかけ「不在確認」。近畿4府県59件の空き巣グループ

京都府警捜査三課と西京署、滋賀県警は8日、窃盗と住居侵入、詐欺などの疑いで、住所不定、無職男(54)を逮捕しました。
 調べでは、男は他の2名のメンバーと共謀して、今年2月12日に栗東市と守山市の民家計4軒に侵入し、現金計約5万円と預金通帳などを盗み、栗東市の銀行の窓口で5万5000円を引き出した疑いです。

 府警によると、4人グループで電話帳に載っている民家に電話をかけ留守宅に侵入していました
府警は、グループが昨年12月から今年5月に京滋など近畿4府県で繰り返した侵入盗など59件(被害総額約800万円)の犯行を裏付けるとともに逃走中の残り1人の行方を追っています。
(8月9日京都新聞より一部抜粋)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年8月12日)|記事URL| あとで読む

お盆休みの防犯について

今年もお盆休みに入りました。まだ、お盆休みに入っておられない方もいらっしゃるかもしれませんが、
13日頃には全国的にお盆休みに入るケースが多いのではないでしょうか?

お盆休みなどの長期休暇中には、ご自宅を留守にするケースが多いと思いますが、
このような時期に侵入盗難で被害を受けるケースが多いようです。

「毎年、帰省で自宅を留守にしているけど、今まで被害にはあってないから大丈夫だ。」と
思われている方も多いのではないでしょうか?

去年や5月のゴールデンウイークは被害がなかったのはたまたま「ラッキー」であったのです。
今回のお盆休みも大丈夫とは言えません。
今回の休みに被害を受ける可能性だってあります。
(被害を受けない確率と同じくらいに)
でも、お盆休みに入ってしまった状況ではどうすることも出来ない!ことはありません。
特にまだご自宅で、これからお盆休みの方は対策方法があります。その防犯 対策とは?

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2008年8月11日)|記事URL| あとで読む

<筋弛緩剤>名古屋の産婦人科医院で盗難 アンプル数本

7日午前7時ごろ、名古屋市北区八代町の産婦人科医院で、診療室の冷蔵庫や棚などで保管していた筋弛緩(しかん)剤のアンプル数本がなくなっているのを院長の妻(71)が発見し、愛知県警北署に通報しました。
同署は窃盗容疑で捜査を始めました。

 調べでは、盗まれたのは筋弛緩剤「サクシン」「ミオブロック」の2種類。1階の窓ガラスが割られており、ここから何者かが侵入して盗んだと推測されます。

 同医院は7月19日に閉院。取り壊しのため後片付け中で、8月6日午後4時半ごろまで女性看護師長(47)が作業し、施錠して帰宅した。院長は不在、妻は敷地内にある別棟の住宅にいて気付かなかったということです。

 筋弛緩剤は神経などに作用して筋肉の動きを弱める薬。投与法を誤ると死に至る危険があることから、薬事法で毒薬に指定されています。
(8月8日毎日新聞より抜粋)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年8月11日)|記事URL| あとで読む

静岡県で仏像盗難事件相次ぐ

静岡県で仏像盗難事件が相次いでいるようです。盗む際、別の偽の仏像とすり替えるという凝った手口で、事件発覚を遅らせる狙いがあるのかもしれません。

防犯対策

<8月6日2時30分配信 毎日新聞より一部抜粋>
「仏像盗難事件が相次いでいる静岡県で、今度は掛川市仁藤町の青葉院=大嶽明純住職(79)=の弥勒菩薩(みろくぼさつ)(100万円相当)と、同市西大渕の如意庵=渡辺良映住職(75)=本尊の地蔵菩薩(30万円相当)がそれぞれ盗まれていたことが5日分かった。
周辺の島田市などでは、寺の仏像が偽物にすり替えられる事件が2件続いていた。県警が関連を調べている。

県警掛川署によると、弥勒菩薩は高さ約90センチ、地蔵菩薩は高さ約50センチでいずれも木製。弥勒菩薩は、安置されていた大師堂の窓ガラスが割られ7月7日夕〜8日朝に盗まれたとみられる。
また地蔵菩薩は、自由に出入りできる本堂から同17日夕〜28日朝に盗まれたとみられる。

県警は「手口は違うが、被害の時期や地域を考えると同一犯の可能性もある」とみている。」

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年8月08日)|記事URL| あとで読む

250件の窃盗。自動車盗、事務所荒らしの窃盗団

自動車盗や事務所荒らしを繰り返したとして、埼玉県警捜査3課と草加署が窃盗グループ14人を逮捕していたことが5日分かりました。1都7県で約250件の犯行を重ね、被害総額は約2億円に上るということです。

 窃盗などの疑いで逮捕されたのは、いずれも無職で住所不定、20〜40代の男14人。
14人は埼玉県東部を中心に活動する暴力団の組員らで、盗んだ車やカー用品を売り払い、遊興費のほか覚醒(かくせい)剤購入費や上納金などに充てていました。
 調べでは、昨年10月4日未明、群馬県高崎市の衣料店に侵入し、ノートパソコンや衣類など約370点(約140万円相当)を盗んだ疑い。容疑を認めているということです。
(8月6日 産経新聞より一部抜粋)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年8月07日)|記事URL| あとで読む

フランス 古城荒らし窃盗団

古城荒らしの窃盗団17人を逮捕=フランス【グルノーブル(仏)10日AFP=時事】

当地の新聞報道によると、フランスの憲兵隊は10日、未明、70人を動員して東部のシエントリエとディボンヌレバンで多数の古い城や館に忍び込んで美術品や家具、小物の装飾品などを盗み出して売りさばいていた窃盗団17人を一斉に逮捕しました。
この窃盗団はこれまでに、70から150の城や館で窃盗を働いたとみられています。

 調べによると、窃盗団が荒らしまわったのは主に仏中部地方で、田舎の小さな城や古い館から値打ちのある美術品や家具、装飾品などを盗み出しては、ディジョンやアビニョンの骨董市で売りさばいていました。
 捜査官の1人は、「窃盗団は月に1度は盗みをやっていた。なかなかの目利きで、骨董市で売りさばけそうな品を選んで盗んでいた」と語っています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年8月06日)|記事URL| あとで読む

事務所荒らし550件の男の手口

稲美町の店舗に侵入し、現金や商品券を盗んだとして窃盗などの疑いで逮捕された男が、平成13年4月から昨年10月までの間、神戸市以西の明石、三木などの各市で事務所荒らしなど約550件を繰り返していたことが兵庫県警捜査3課などの調べで分かりました。被害総額は約6800万円に上るといい、同課は29日にも男を神戸地検に追送検しました。

 男は昨年10月25日午後11時半ごろ、稲美町内の贈答品販売店の勝手口から侵入。店内にあった現金約12万円や商品券などを盗むなどした疑いです。

 この泥棒の手口は、
●昼間に自分の乗用車で周囲に民家が少なく、狙いやすい事務所を「下見」。夜になってから、事前に盗んであった軽乗用車に乗り換え、犯行に及んでいた。
●事務所内には、ガラス窓を割るなどして侵入。中にある金庫をバールでこじ開けることもあった。
●盗んだ金は生活費や借金の返済に充てていた。
(7月29日産経新聞より一部抜粋)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年8月05日)|記事URL| あとで読む

「空腹に耐えられず」高級食材の万引相次ぐ 無職男2人逮捕

前橋市内の同じスーパーマーケットで2日、住所不定、無職の男が高級食材を万引し、同じ警備員に取り押さえられる事件が相次ぎました。

●窃男A(53)は、同日午前11時45分ごろ、高級食材を取り扱う前橋市内のスーパーマーケットで、すしパック1個(1280円相当)を盗んだ。
●男B(66)はは同日午後5時ごろ、ロースハム1本(1980円相当)を盗んだ。

このスーパーマーケットでどのような防犯 対策がとられていたかは不明ですが、警備員に取り押さえられていたところを見ると、防犯 カメラなどで警備室で管理していたのではないかと推測します。

窃盗の現行犯で県警前橋署に相次いで逮捕された2人は、いずれも「金がなく、空腹を満たすために盗んだ」と供述。
ただ、2人に面識はなかったといい、同署は「偶然にしても珍しい」と驚いているようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年8月04日)|記事URL| あとで読む

5県にまたがる広域泥棒。200件の空き巣。

結城市内で空き巣が多発したため、茨城県警結城署が深夜の警戒を強化していた矢先の5月22午前4時45分ごろ、盗んだ自転車に乗って市内を“物色中”の男(69)を発見。

職務質問したところ、自転車ドロを自供。

ところが、逮捕後の供述をもとに裏付け捜査を進めたところ“広域ドロ”が明らかになりました。

約7年間にわたって県内や栃木、千葉、埼玉、福島の5県にまたがり、約200件の空き巣を繰り返していたことが29日、分かりました。被害額は約1300万円にのぼるとみられます。

 調べでは平成13年7月ごろから電車で関東各県を移動、住宅や事務所などに忍び込んでは現金を中心に盗みを繰り返していました。男は窃盗で逮捕され、今年3月に刑務所から出所。
都内のサウナなどで寝泊まりしていましたが、4月ごろから“泥棒家業”を再開していたとのことです。

 (7月30日産経新聞より引用)

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年8月01日)|記事URL| あとで読む

1  2

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?