1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2008年7月

防犯ブログ

女性の一人暮らしにご用心 鍵が掛かっていない窓から液体投げ入れられる

女性ばかり狙って、鍵の掛かっていない窓を突然開け、ワックスのような液体を投げ入れられる事件が相次いで発生しています。
神奈川県小田原市内で発生しており、警察が把握しているだけで15件にも上るということです。

単なるいたずらで済ませられませんし、家の中にいても安心できないということです。
女性や高齢者の方が一人暮らしの場合はさらに心配です。

他人に無断で敷地内に入られ、家の中を覗き込まれたりするのを不快に感じない人はいないでしょう。

事前の防犯 対策として、目立つ威嚇機器で侵入対象から外させる「抑止力」、敷地に足を踏み入れ建物に侵入する前に動作する「外周警戒」
を重視した防犯 システムはセキュリティハウスにお任せ下さい。

ホームセキュリティ
マンションセキュリティ
女性の防犯対策

<7月15日23時0分配信 カナロコより一部抜粋>

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年7月16日)|記事URL| あとで読む

捜査のために口座を凍結・・・新たな詐欺手口

警察官などを名乗り、「捜査のために銀行口座を凍結した」と、キャッシュカードを回収し、暗証番号を聞き出して現金を引き出す新たな詐欺、窃盗事件が千葉県で多発しています。
他の都道府県でも発生する可能性があり注意が必要です。
新しい手口による犯罪が発生すると、その防犯 対策が考えられ、実施されます。
すると、又新たな手口が考え出され、又その防犯 対策が考えられるという繰り返しです。
老人を狙った犯罪

<7月15日13時1分配信 毎日新聞より一部抜粋>
『警察官や銀行員を名乗り、「捜査のために銀行口座を凍結した」などと虚偽の説明をしてキャッシュカードを回収、暗証番号を聞き出して現金を引き出す詐欺、窃盗事件が県内で多発している。

県警によると、6月中旬から7月にかけ松戸、船橋、柏、市川の4市で1件ずつの被害が出たほか、計57件の相談があった。4件の被害者はいずれも60歳以上で被害総額は約580万円に上っている。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年7月15日)|記事URL| あとで読む

大阪・キタのコンビニ強盗

週末のニュースで見た、コンビニ強盗の瞬間。
防犯カメラはしっかりと犯人の顔を捉えていました。

“大阪市北区のコンビニエンスストア「エーエム・ピーエム曽根崎2丁目店」で10日夜、店員2人が男にカッターナイフで切りつけられた事件で、男が事件前に約50分間にわたって店内をうろつき、終始無言のまま2人を襲っていたことがわかった。大阪府警は、店の防犯カメラに映った男の画像を公開。2人の首に切りつけていたことから、強盗殺人未遂容疑で行方を追っている。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2008年7月14日)|記事URL| あとで読む

俺は天才、ひったくりは天職の男

「俺は天才、ひったくりは天職」と豪語する男が逮捕されました。
子供や女性、お年寄りなど犯罪者は弱者を狙って犯行を行います。
事務所や店舗などの場合は、防犯 対策を行っていないところ、脆く弱いところを探し、侵入のターゲットとします。
事前の防犯 対策を行うことで、そのターゲットから外れることができれば成功です。

女性の防犯対策
子供の安全対策
老人を狙った犯罪

<7月11日7時51分配信 産経新聞より一部抜粋>

『兵庫県西宮市や尼崎市などでひったくりを繰り返したとして、県警捜査3課と西宮、甲子園両署は10日、窃盗などの疑いで住所不定の無職、中尾龍次容疑者(27)を逮捕、送検したと発表した。中尾容疑者は「ひったくりの天才」を自認。被害は平成15年4月から昨年10月までの約250件、被害総額は約5600万円相当に上るという。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年7月11日)|記事URL| あとで読む

埼玉の倉庫、27万円相当小麦粉2トン盗まれる 。

埼玉県粉会社倉庫から1袋25キロ入りの小麦粉90袋(計約2・2トン、約27万円相当)が
盗まれているのを、配送業務のため出勤した男性従業員(50)が気付き110番した。
食品などを取り扱う倉庫ではより管理体制の高い防犯 対策必要です。

○食品倉庫の防犯 対策○
不審者のフェンスや塀からの侵入を検知する、赤外線センサーなどを設置します。
倉庫内への不審者侵入を威嚇し、撃退することで、最悪の事態も防ぐ事ができます。
夜間などの建物内への侵入を検知する、パッシブセンサーが効果的です。
倉庫内各所の状況を撮影記録する「防犯 カメラシステム」各倉庫内の様子が
確認できる防犯 カメラを設置します。出入口や倉庫内を撮影・映像記録します。

こちらでもっと詳しくご説明しています。
食品倉庫向けセキュリティシステム
( Kyoto Shimbun 2008年7月10日(木) より一部抜粋 )

続きを読む

投稿者:スタッフ(2008年7月10日)|記事URL| あとで読む

防犯 優良マンション第1号

都内に始めての、防犯 優良マンション第1号物件「レクセル高田馬場」のモデルルームをオープンした。

「レクセル高田馬場」では、総戸数107戸に対し、防犯カメラを16台設置。
エレベーター天井部に設けたドーム型の防犯カメラは24時間自動録画する。

5重のセキュリティーシステム「ファイブディフェンスシステム」も採用。
訪問先を呼ぶ風除室や1階エレベーターホール前では解錠が必要となる。
玄関ドアはダブルロックとし、CP製品を使うことで、セキュリティー性を向上。
更に2つのキーが連動するため、万が一、片方のサムターン(鍵を使わず施解錠操作をするつまみ)が
ピッキングされても、もう一方が解錠される前に先のサムターンが自動的に施錠される。

防犯 優良マンションの防犯カメラには、特定の場所に継続的に設置する画像撮影装置であって、
記録装置とシステムを構成していることが基準とされています。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2008年7月09日)|記事URL| あとで読む

押し入った主婦宅でお茶出され…強盗、身の上話20分

もしもあなたが強盗に遭ったとしたら…こんな対応ができるでしょうか。

“7日午前9時半ごろ、東京都豊島区東池袋のマンションで、男が無職の女性(30)にナイフを突き付け、現金約4万円などを奪い逃走した。男は女性宅で茶を飲み、約20分間身の上話をしたが、女性にけがはなかった。

 警視庁池袋署が強盗容疑で男の行方を追っている。

 調べによると、男は生後6カ月の長女を抱いて帰宅した女性を廊下で待ち伏せ、刃渡り約5センチのナイフを突き付け、「金を出せ」と脅迫。女性が男を部屋に入れ、落ち着かせるため、現金1万円と茶を出すと、男は約20分間、「金がない」などと身の上話をした。

 女性はすきを見て長女を抱いて脱出。近くのコンビニから110番したところ、男は出された1万円と部屋にあった約3万円入りの財布を奪い逃走した。
 男は60代で、身長約160センチ。白髪交じりの短髪で、薄い緑色の作業服姿だったという。”
 
<2008年7月7日 時事通信より>

凶悪な事件が多発していますが、この親子へ危害を加える事がなくて本当に良かったと思います。
もしも私が同じ目に遭ったとしたら、この女性のようにお茶を出して相手をなだめる等の機転は利かないでしょう。

他の報道記事を見てみますと、このマンションはオートロックで防犯カメラがついているとの事で警察では防犯カメラの映像解析を進めており、近いうちに犯人が特定されるのではないでしょうか。
マンションの一般的な防犯 対策としてオートロックが挙げられますが、今回のケースのように住人の後について入りこんだり、宅配業者を装って開錠してもらう等、マンション内に入る方法はいくつかあります。
また、オートロックを過信しているのか、マンションの住人が自分の玄関にカギをかけないという驚くべきケースもあるようです。在宅時はもちろん、どんなに短時間でも外に出る際には玄関にカギをかける、というのは防犯 対策の基本です。常にクセをつけるようにしておきましょう。

マンションの防犯対策【防犯泥棒大百科】

続きを読む

投稿者:スタッフ(2008年7月08日)|記事URL| あとで読む

伊達政宗公霊屋瑞鳳殿で活躍するセキュリティハウスのシステム

仙台市で「セキュリティハウス経営者研修会」がありました。全国のセキュリティハウスの経営者、営業責任者が一同に会して講演などを聴く大イベントです。
翌日仙台市内を観光していて、「瑞鳳殿」にセキュリティハウスの防犯システムを見つけました。
この、「瑞鳳殿」は、伊達政宗、二代伊達忠宗、三代伊達綱宗の副葬品なども展示されています。広大な敷地内に杉の並木が左右にそびえ、石段で夫々の建物がつながっていました。

防犯カメラ、外周警備用赤外線センサーが、夜間や休日の不審者の侵入を検知するよう瑞鳳殿内の建物周囲に設置されていました。又、副葬品などの展示されている資料室にも防犯 カメラと、室内用赤外線センサー、室内用立体検知センサー(パッシブセンサー)などが設置されていました。

一緒に行ったセキュリティハウスのメンバーと、どこに防犯 センサーがあるか・・ということで、ちょっと宝探しのように、観光そっちのけで探して、「ちょっと不審なグループ」に見えたのではないでしょうか?そこがちょっと心配ですが・・・。

こうした歴史的な建物は、いたずらや放火といったこともリスクとしてあります。
イタリアの聖堂にいたずら書きをしたというのが問題になっていますが、そうしたいたずらに対しても、こうした防犯 カメラや侵入検知センサーが働きます。
防犯といっても泥棒対策だけではないんです。
それでも何かあったら大きな問題になるだけでなく、県民にとっても大きな損害になるわけで、やはりきちんとした防犯 対策を取ることが、犯罪を未然に防ぐ方法だといえます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年7月07日)|記事URL| あとで読む

コーラ飲みすぎの泥棒5人、動けず御用

中国の福建省南安市で喫茶店に侵入した泥棒5人組。
何と47本もの大型ペットボトルのコーラを飲み、炭酸でおなかパンパンにふくれあがり、その場から動くこごができずそのまま逮捕されたというニュースです。
それにしても一人約10本の大型ペットボトルのコーラを飲んだという計算になりますが、
余程のどが渇いていたのか?何故その場で飲もうと思ったのか?など、色々と疑問を感じる事件です。

<2008年6月25日 泉州晩報より>

『6月23日、福建南安市で窃盗犯5人が逮捕された。
5人はある喫茶店に忍び込み、大型ペットボトルのコーラ42本、スプライト5本を飲んでいた。
警察に取り押さえられたとき5人は炭酸飲料の飲み過ぎで腹がパンパンにふくれあがり、一歩も動けない状態だったという。中国新聞網が伝えた。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年7月04日)|記事URL| あとで読む

「防犯カメラ作動中」看板で犯罪抑止効果アップ 和歌山県白浜

和歌山県白浜町の浜通りで、昨年夏に防犯カメラを設置し、「防犯カメラ作動中」という看板を取り付け運用を始めたところ、犯罪件数が減少する効果があったようです。
今年の夏はカメラを1台増設し、さらに30枚の「防犯カメラ作動中」看板をするなど、さらなる犯罪抑止効果を期待しています。

誰でも「防犯カメラに見られている」中で犯罪を行うのは躊躇します。
何か事件が起こると、防犯カメラの映像がテレビや新聞などで報道され、それがきっかけで犯人が捕まることも少なくありません。
防犯カメラの設置は、犯罪抑止効果に加え、あとで映像を確認できるというメリットもあります。

<7月2日17時16分配信 紀伊民報より一部抜粋>

『白浜町は1日、白浜温泉街の「浜通り」に設置した防犯カメラ2台の作動を開始した。
昨年、夏季に試行設置して効果を挙げた。今夏は1台増やして範囲を浜通り全体に広げ、道路と歩道を9月末まで監視する。街灯の支柱などには「カメラ作動中」の看板を約30枚取り付けた。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年7月03日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?