1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2008年06月
  4. 百貨店の連続ぼやを発見したのは当社「炎センサー」です。

防犯ブログ

百貨店の連続ぼやを発見したのは当社「炎センサー」です。

4月1日、大阪・ミナミの大丸心斎橋店の店内女子トイレ、婦人服売り場、
男子トイレで立て続けに3件のボヤがあったのを防犯ブログてご紹介したのを覚えておられますか?

 ●昨夜7時40分ごろ、大丸心斎橋店南館4階の女子トイレの火災報知器が作動。店員がすぐに消火器で消し止めました。
ペーパーホルダーなどが焼ける。
 ●その30分後、今度は本館3階の婦人服売り場の試着室でカーテンのひもが燃えているのに店員が気づき、
ペットボトルの水で消し止めた。
 ●さらに閉店後の8時40分ごろ、本館地下1階の男子トイレでも赤ちゃん用のいすの周辺が焼けた。
 
3件ともに火の気のない場所からのぼやのため、放火との見方で防犯カメラで録画していた映像を警察では分析始めました。

実はこのぼやを発見したのは当社の取り扱っている竹中エンジニアリング株式会社製品の「炎センサー」でした。
トイレに喫煙防止対策で以前より設置いただいていた炎センサーが、放火を検知し、すぐに連続鳴動。
初期消火につながりました。早期発見につながって本当に良かったと思います。

「放火」に関しては、炎センサーです。炎の紫外線を検知し、10m先の7センチの炎をも捉え、
その場で音声で威嚇メッセージを流したり、離れた管理質に異常を知らせます。

オフィスの火災対策システム

この「炎センサー」にプラスして防犯カメラを使用することで、犯罪を早期発見することも可能です。
連動させることで、炎センサーが働いたと同時にその場所を映像で確認できるのです。
この方法であれば、放火を瞬時に捉え初期消火などに当たれると同時に、犯人逮捕への証拠なども残すことができると思われます。

お手柄だった「炎センサー」、もっと多くの場所で活躍できるようになれば放火件数の増加も抑えることができると確信しています。

投稿者:総合防犯設備士(2008年6月27日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る