1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2008年5月

防犯ブログ

他人の天袋で勝手に生活

福岡で起きたちょっとおかしな話。福岡県志免町の男性(57)宅の押入の天袋で58歳の女が勝手に生活していたというものです。

被害にあった1人暮らしの男性は、以前から食べ物がよくなくなるので不審に思っていたようです。
そこで、「人影に反応して携帯電話に画像を送るしくみの警報装置と監視カメラ」を設置しました。
28日午後2時すぎに外出してから10数分後にメールで不審者が写った画像が送られてきたためただちに110番通報。
駆けつけた警察署員は、押入の天袋に隠れていた女を発見した、ということです。
女は天袋にマットレスを持ち込み生活していたということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年5月30日)|記事URL| あとで読む

中国人留学生が空き巣。「泥棒をしたやつの羽振りがいいのでうらやましくてやった」

就学ビザで入国した中国人グループが、兵庫、大阪、京都で空き巣など計約110件の窃盗を繰り返し、
被害総額が1億円以上に上っていました。 逮捕されたのは、神戸市中央区元町通、無職A(23)=昨年11月に逮捕、
公判中=ら7人。アルバイトをしながら学校に通っていましたが「泥棒をしたやつで羽振りがいい人がいて、
うらやましくなりやった」などと話しているということです。

 調べによると、7人は2006年5月から今年1月までの間、2、3人に分かれ、
マンションなどから現金やパソコンなど計約1億500万円相当を盗んだ疑いです。 

 留学生が、いつのまにか窃盗団に・・・悲しい末路ですが、あまりにも大きい所得格差ですので、そうした悪の道にいってしまう人間もいるようです。月給が1万円。そんな国から見ると、パソコンなども換金したら数万円ですから宝の山に見えるのだと思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年5月29日)|記事URL| あとで読む

埼玉ふじみ野で退職金3000万円など盗まれる。

27日午後10時50分ごろ、埼玉県ふじみ野市仲の無職男性(67)から「空き巣に入られた」と110番がありました。
男性方2階が荒らされ、現金約3000万円と預金通帳などがなくなっており、埼玉県警東入間署は窃盗容疑で捜査しています。

 調べでは、2階和室押し入れの金庫(高さ約30センチ、奥行き約40センチ、幅約50センチ)がバールのようなものでこじ開けられ、現金約2000万円と預金通帳5冊(預金額計約1000万円以上)、貴金属類約50万円相当がなくなっていた。2階寝室にあった現金約1000万円も盗まれていました。
1階居間の窓ガラスが割られており、ここから侵入したと見られます。室内に複数の足跡があり、同署は、男性と妻(65)が外出し家を留守にしていた午後7時45分〜同10時半に、複数犯で侵入したとみて調べています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年5月28日)|記事URL| あとで読む

ガソリン盗んで?バイクに引火

農家からガソリンが盗まれ、その後引火しバイク1台が全焼、物置の壁の一部が延焼する事件が発生しました。
詳しい情報はまだ不明ですが、ガソリンを盗まれた後、腹いせに放火された可能性もあります。

<5月26日11時2分配信 毎日新聞より一部抜粋>

『24日午後8時半ごろ、笛吹市御坂町成田、農業、女性(58)方で、バイクが燃えていると近所に住む男性から119番があった。まもなく鎮火したが、敷地内の木造2階建て物置付近に止めてあった所有者不明のバイク1台を全焼し、物置の壁の一部に延焼した。

バイクのそばに女性方のガソリンタンク(20リットル用)が燃えた状態で残っていて、笛吹署は何者かがガソリンを盗んで給油していた際、何らかの原因で出火した可能性があるとみて、窃盗事件として調べている。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年5月28日)|記事URL| あとで読む

福祉介護ヘルスケア 専用サイトを開設しました。

「福祉介護ヘルスケア」専用サイトを開設しました。

老人保健施設、病院、シルバーマンション、一人暮らしのお年寄りを犯罪や事故から見守るために、各種センサ、カメラなどを使用して、介護者にとっても負担軽減でき、入居者にとっては安心な環境を作るお手伝いをしたいと「福祉介護ヘルスケア」というサイトを開設いたしました。

同じセンサ技術を使用していても、用途が違うと、選択する商品も異なります。
弊社の使用する商品は竹中エンジニアリング�叶サですが、業界で最も品揃えがあります。
そんな商品群の中から、老人保健施設や病院、シルバーマンション、一戸建て、独居老人、同居老人・・といろいろな場所でどんなシステムが必要なのかを詳しくご説明しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年5月27日)|記事URL| あとで読む

祝儀袋を悪用した詐欺

中身の入っていない祝儀袋を悪用した詐欺が今年4月以降、埼玉県の酒屋・たばこ店等で相次いでいます。
報道されている記事から一部抜粋しますと、

“50歳前後の男が店員に「たばこを1カートン欲しい。贈り物なので、ご祝儀袋も一緒に包んで」と、「金1万円」と書いた祝儀袋を渡してきた。
 その直後、「タクシーに料金を払いたいが、細かいのがない。袋に1万円あるから、両替して」と言い、千円札10枚を受け取ったまま戻ってこなかった。両店の店員とも「お客さんという認識で、信じ込んでしまった」と話しているという。”
(asahi.com 5月24日記事より一部抜粋)

といった、親切心を逆手に取る悪質な手口のようです。
警察の調べによりますと、これまで被害に遭ったのは8店舗で、どの店舗でも似たような手口のようです。
また、報告される犯人の特徴は様々で、複数犯の可能性もあるという事です。
祝儀袋を見て「お祝い」というイメージがあると、こちらも何だかお手伝いをしたくなるのが人情というものです。
ましてや、両替を依頼され目の前で祝儀袋の中身をあらためる、というのも少し気が引けますよね。
もしもこういった形で両替を求められたら、「祝儀袋の中身を確認させていただきます」と言って袋の中身を確認するよう気をつけましょう。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2008年5月26日)|記事URL| あとで読む

ニューヨークで街灯柱泥棒逮捕

アメリカのニューヨーク郊外で街灯柱を盗もうとした泥棒が逮捕されました。
資材置き場にあった街灯柱を切り分け、車に積み込んでいるところを住民に見つかり警察に通報されたようです。
世界的に流行している金属盗の新たな手口となりえますので日本でも注意が必要です。
今後、人気のない場所にある街灯が金属盗に狙われる可能性もあります。

<2008年5月16日12時31分 世界びっくりニュースより一部抜粋>

『[米ニューヨーク州ミネオラ 14日 AP] ロングアイランドで、村の資材置き場にあった街灯柱を盗もうとした男2人が逮捕された。

ナッソー郡警察によると、2人は深夜、コードレスの切断器具を使って金属製の街灯柱を切り分け、バンに積み込んでいるところを住民に目撃された。通報を受け、現場に駆けつけた私服警察官が、2人を窃盗の現行犯で逮捕した。

街灯柱の価格は約1000ドル(約10万円)で、泥棒たちはスクラップ屋にそれを約150ドル(約1万5000円)で売ることができる。最近、金属泥棒が増加しており、警察では取り締まりを強化しているという。』

資材置き場映像確認システム

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年5月23日)|記事URL| あとで読む

昼食時狙い車上荒らし150件

昼食時、飲食店の駐車場を狙って車上荒らし150件を繰り返していた男が逮捕されました。
車の持ち主が食事をしているから盗みやすかったと供述しているようです。
駐車場などで様子を伺い、持ち主が店に入った隙を狙った犯行も増えてきています。
店内に防犯監視カメラなどを設置し警戒しているところは多いですが、駐車場に関してはまだ防犯対策がされているところが少ないようです。

<5月22日8時1分配信 産経新聞より一部抜粋>

『大田区や川崎市で約150件の車上荒らしを繰り返していた無職の男が警視庁蒲田署に窃盗容疑で逮捕されていたことが21日、分かった。
男は昼の食事時に飲食店の駐車場に止められた車を狙って犯行を重ねていた。「持ち主が食事をしているから盗みやすかった」などと供述しており、被害総額は約1000万円に上るという。

平成18年4月ごろから20年3月ごろまで犯行を繰り返していた。余罪約150件が判明し、同署は裏付け捜査を進めている。「パチンコ代や飲食費に困っていた」と供述しているという。』

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年5月22日)|記事URL| あとで読む

侵入したら先客あり 泥棒の鉢合わせ

倉庫に侵入したら先客がおり、2人とも逮捕されるという珍事件が発生しました。
2人に面識はなかったようで、同じ時間・同じ場所で同じ事を考えた2人の泥棒の話です。
侵入したら別の泥棒がいたのですから相当驚いたことでしょう。

ただ、単なる笑い話では済みません。
2人とも警察に逮捕されたからよかったものの、2人の泥棒が同じように侵入しようと考えたのですから、狙われた店側にいくつかの問題があると思われます。これまでにも数回盗難被害に遭われているようです。
防犯対策がされていない、無施錠、店内が散らかっている、店員が少ない、死角があるなど色々と考えられます。

<5月21日13時3分配信 毎日新聞より一部抜粋>

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年5月21日)|記事URL| あとで読む

覆面パトカーに車上荒らし、張り込み中の警官が即逮捕

覆面パトカーによる張り込み捜査で車上荒らしの犯人が逮捕されました。

泥棒などの犯罪者に対して、被害者になりうる私たちが自分で防犯対策を行うのはもちろんですが、捕まえる側の警察が犯人を逮捕してくれないと意味がありません。
このような積極的な捜査活動によって犯人が次々に逮捕され、検挙率が向上することによって、犯罪者が犯罪を起こしにくい環境を作り上げることが、犯罪の抑止力となり重要な防犯対策の一つとなります。

<5月20日13時11分配信 読売新聞より一部抜粋>
『20日午前2時40分ごろ、青森県八戸市中居林の空き地で、車上荒らしの張り込み捜査をしていた同県警機動捜査隊の覆面パトカーに、同所、会社員の男(53)が徒歩で近づき、いきなりドアを開けた。

車内に捜査員2人がいたため、三上容疑者は逃走したが、約50メートル先の路上で捜査員に取り押さえられ、窃盗未遂の現行犯で逮捕された。

八戸署の発表によると、パトカーは外見が一般と変わらない乗用車で、男は盗み目的だったことを認めているという。
現場近くでは1月以降、車上荒らしが十数件発生。同署などが駐車場などで張り込み捜査をしていた。』

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2008年5月20日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?