1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2008年01月
  4. レンタルビデオ店で現金450万円盗難

防犯ブログ

レンタルビデオ店で現金450万円盗難

昨日早朝、名古屋市のレンタルビデオ店で現金450万円が盗まれる事件が発生しました。
28日午前6時15分ごろ、レンタルビデオ店で異常通報があり、警備員が掛けつけたところ、出入口のガラスが割られ、事務所内から現金約450万円が盗まれていました。

金庫は、幅約55センチ、高さ約73センチ、奥行き約53センチで決して小型の金庫ではありませんが、こじ開けられていました。
正面出入口のガラスを割って店内に侵入し、5分程度の間に金庫を破って盗んだとみられています。

ガラスを破って店内へ侵入し、金庫をこじ開け逃走する。
この犯行を計5分程で完了させているところに、最近の侵入における犯行の短時間化が象徴されているようです。

侵入者は犯行に時間がかかるのを嫌がります。
建物内に侵入し、金目の物を探し、盗み出し、逃走する。
このプロセスを妨害する防犯 対策がなされていると、犯行がスムーズにいかなくなります。
防犯 システムが作動した場合、威嚇機器が鳴動する中で、1秒でも早く犯行を終えて現場から逃走したいというのが侵入者の心理です。そこを逆手にとればよいわけです。

具体的な防犯 対策としては、ガラスや扉を強化して侵入への時間稼ぎを行う。
金庫を簡単に運び出せないように据付型にするのも時間稼ぎとして有効だと思われます。
又、金庫を過信しすぎないことです。
できるだけ金庫の中に現金を保管せず、こまめに金融機関に預け入れるなど行うことも重要です。

あらかじめ敷地の外周を防犯 センサーで警戒し、建物に近づけさせないという対策や目立つ威嚇機器を屋外に設置し防犯 システムが設置されていることをアピールする防犯 対策もあります。

投稿者:総合防犯設備士(2008年1月29日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る