1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2007年11月

防犯ブログ

2組の中国人窃盗団の侵入手口

中国人窃盗団2組が逮捕され、その手口が明らかになりました。

●関東4県で総額約2億5000万円の被害が出ている中国人グループによる空き巣事件。
埼玉、栃木両県警の合同捜査班によると4人は7月ごろから、日曜以外ほぼ連日のように盗みを繰り返していたという。4人は小山市内のマンションを拠点に約300件の空き巣を働いたとみられる。うち7割が栃木県内、さいたま市や上尾市などで約60件、群馬や茨城県でも被害が出ていた。
 民家に侵入する際は、運転手役がすぐに逃走できるよう車内で待機。男3人が見張り役と実行役に分かれ、携帯電話で連絡を取りながら空き巣に入っていた。被害の大半は貴金属類だが、栃木県内の一戸建て住宅から1度に現金約2300万円を盗んだこともあったという。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年11月30日)|記事URL| あとで読む

またまた爆窃団による貴金属窃盗被害?

福井県で2件の大きな窃盗被害が発生しています。
●福井市中央の宝飾品店「ジュエリーパリ」。
高級時計や指輪など計160点、総額約1億5000万円相当が盗まれた。大半が高級時計のロレックス。
同店2階の壁に40センチ四方の穴が開けられており、隣接するビルの空きテナントから同店の壁を破って侵入したと見られている。
ショーケースの防犯センサーが解除された上で盗まれていた。

●福井市和田東の入浴娯楽施設「いこいランド ロレル」の1階事務室のパソコン、コピー機各1台、館内の薄型テレビ6台、レジスター3台、掃除機4台、館内着70着が入ったダンボール箱3個 計200万円相当が盗まれた。
1階出入り口は施錠せれていたが外部に通じる2階ベランダの鍵はかかっていなかった。
1階の事務室も施錠していたが内部は荒らされていた。現金は置いていなかった。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年11月29日)|記事URL| あとで読む

「強盗も大変なんだよ」!? 捨てぜりふ男、50万円奪う

 「おじさんも大変なんだよ」。28日未明、東京都台東区のコンビニエンスストアで、40〜50歳ぐらいの男がこんな捨てぜりふを残して、現金約50万円を奪っていく強盗事件がありました。
警視庁蔵前署で捜査してい,ます。

 調べでは、男は28日午前4時15分ごろ、台東区蔵前の「ローソン蔵前3丁目店」で、アルバイト店員(18)に刃物のようなものを突きつけ、レジから現金約50万円を奪い逃走。その際、店員に心情を吐き出した。男は身長約180センチ。黒のジャンパー、灰色のズボン姿。茶色のキャップに白のマスクで顔を隠していたといいます。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年11月29日)|記事URL| あとで読む

未明にコンビニ強盗相次ぐ

☆東京でコンビニ強盗
・28日午前4時15分ごろ、東京都台東区蔵前のコンビニ「ローソン蔵前3丁目店」で、男が男性アルバイト店員(18)に刃渡り約15センチの刃物を突き付け、「レジを開けろ。金を出せ。おじさんも大変なんだよ」と脅し、現金約50万円を奪って逃走しました。店員にけがなし。警視庁蔵前署は強盗容疑で男の行方を追っています。

・午前2時40分ごろ、小平市小川町のコンビニ「サークルK小平小川町店」で、男が女性店長(57)に刃渡り約20センチの包丁のようなものを突き付け、「金を出せ」と脅し、レジにあった現金約7万円をわしづかみにして逃走しました。店長にけがはなし。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年11月28日)|記事URL| あとで読む

銀行や郵便局員が対処法学ぶ 京都市五条署で防犯訓練

 金融機関を狙った強盗事件が増える年の瀬を前に、京都府警五条署は27日、管内の全金融機関を対象にした初めての防犯 訓練を京都市下京区の同署で実施しました。
銀行員や信金職員、郵便局員の約60人が参加し、緊急時の対処法を学びました。

 12月1日に始まる京都府警の年末特別警戒活動に向けて、防犯 意識を高めようと企画しました。

 訓練では、行員が筒から発射される網「ネットランチャー」を使って、襲ってくる犯人役の署員を捕らえ、「網が絡まって犯人の動きが一時、抑えられる」などと効果を実感しました。逃げる車にカラーボールをぶつける訓練もしました。
 
参加した京都信用金庫(下京区)の山本岳史営業支援部長(56)は「京都や大阪で強盗事件が続いており、一層、防犯 に取り組む」と気を引き締めていました。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年11月28日)|記事URL| あとで読む

総合防犯設備士の試験対策

セキュリティハウス・ネットワークでは、全国の総合防犯設備士の20%にあたる38人が現在所属しています。
この総合防犯設備士というのは社団法人日本防犯設備協会が実施している試験を受けて合格しないとなれないんです。
この試験が4択などではなく、全て記述式問題。
「防犯環境設計について述べよ」「防犯監視カメラの設置基準について説明せよ」
といった問題から、「防犯マンションの監査を行いなさい」といった実務的な問題まであり
犯罪の情報、手口の情報、錠前・セキュリティ機器の情報はもちろんのこと
防犯環境設計といった理論を勉強する必要があります。

今週の週末は東京で、来週の週末は大阪で、筆記試験に合格した方の面接があります。
人間性も確認した上で、「総合防犯設備士」が誕生します。
我々セキュリティハウス・ネットワークより面接を受けるのは30名ほど。

総合防犯設備士は全国の防犯のプロ中のプロというのことでますます注目されています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年11月27日)|記事URL| あとで読む

ホテルで個人情報を盗まれる。11人に迷惑メール。

ホテルサンルート広島(中区大手町3)は24日、レストラン「ヴィアーレ」の女性会員名簿(294人分)や顧客台帳など3点がなくなり、広島中央署に盗難届を出しました。
会員名簿の11人にフリージャーナリストを名乗る人物から「闇業者に狙われている。気を付けてください」などと記したメールが届いたが、悪用は確認されていないということです。

同ホテルによると、レストラン従業員が今月13日午前11時ごろ、顧客台帳と会員名簿、12月分の予約台帳がなくなっているのに気付きました。
内部調査を続けていた今月22日、会員から「迷惑メールが届いた」と連絡があり、盗まれたと判断しました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年11月26日)|記事URL| あとで読む

防犯優良マンション・防犯モデルマンション認定制度に沿った防犯監視カメラを付ける

マンション購入にあたって今もっとも入居者が気にするキーワードの一つが「防犯」。
防犯モデルマンションであるかどうかもちょっと知識のある人は非常にチェックして購入しています。

平成17年6月の犯罪対策閣僚会議の「安心・安全なまちづくり全国展開プラン」について、防犯性に優れた共同住宅に関する認定基準の策定及び防犯優良マンション認定制度の全国展開を図ることとされています。

この「防犯モデルマンション」の制度は、1990年に広島県で開始されました。
現在、北海道、東京、茨城、京都、大阪、兵庫、広島、徳島、長崎、大分、福岡県などさまざまな地域でこの制度が導入されています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年11月22日)|記事URL| あとで読む

性犯罪から女生徒守れ 心構えや護身術など指導 福岡県の高校で防犯 教室

 福岡県豊前市の青豊高校(西元孝幸校長、912人)で20日、約500人の女子生徒を対象にした性犯罪被害防止の防犯 教室が開かれました。豊前署と県警生活安全総務課が実施し、県警が女子高生にレイプや強制わいせつの被害防止だけに絞った教室を開催したのは初めてでした。

 防犯 教室では、県内で昨年発生したレイプ・強制わいせつ事件は591件に上り、人口比率では福岡県が全国1位、うち約30%が中学・高校生の被害だったと説明。発生場所は路上や駐車場、マンションなどのエレベーター内が多く、インターネットからの出会い系サイトの利用が、レイプ事件に結び付くケースも多いと話しました。

 また、被害者や加害者の事例を紹介しながら▽いつも周囲に気を配り、危険な場所に近づかない▽襲われたら大声を出す、激しく抵抗を続ける‐などの被害に遭わないための心構えを指導。「自分の身は自分で守って」と護身術の指導もしました。

 女子生徒たちは「レイプ事件がこんなに多く発生しているのに驚いた。常時、警戒する意識を持つことが大事だと思った」と話していました。

 手口が巧妙化しています。犯罪状況を理解し今の犯罪に適した防犯 対策が必要です。
女性の防犯 対策

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年11月22日)|記事URL| あとで読む

盗難:農産物の被害多発 今年62件、170万円 自警団、見回り限界 /茨城

 農産物が畑や倉庫から盗まれる被害が県内で今年少なくとも62件発生し、被害総額は約170万円に上っています。
盗まれても届けないケースも多いとみられ、県警はさらに多くの被害が出ているとみている。

相次ぐ被害に地区単位で見回りなどに乗り出す農家もいます。
 
◇米が最多メロン、スイカ…
 毎日新聞が県内の警察署や農協への届け出を聞き取るなどして集計しました。
10月下旬に大子町池田の農協倉庫から米24袋(5万6000円相当)が盗まれるなど米が15件ともっとも多く、県が生産高日本一のメロン8件、スイカ5件の順。10月にはクリが4件被害にあいました。
県警によると、高級品種を組織的に盗むケースもあるといいます。
 八千代町大間木のメロン農家、堤忠さん(52)は「毎年盗まれている」と話します。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年11月22日)|記事URL| あとで読む

1  2  3  4

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?