1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2007年09月
  4. プロポーズの直後に強盗に襲われたカップル

防犯ブログ

プロポーズの直後に強盗に襲われたカップル

ニューヨーク 24日 APによると、 ルーク・ジャクンスキ氏(30)はその夜、セントラルパークの展望台で日本人女性ながせまみさんにプロポーズした。ところがその直後、何者かが木陰から現れ、銃を突きつけられて金品を奪われてしまった。

土曜日の夜、ジャクンスキ氏は交際を始めて6カ月のマミさんと一緒にセントラルパークを訪れた。ところが彼女に結婚を申し込み、マミさんからOKの返事をもらった直後に事件は発生。銃を持った一人の男が突然二人の前に現れ、「金をよこせ! 地面に伏せろ!」と叫んだという。

二人は言われた通りに地面に伏せたが、このときジャクンスキ氏は、男に見つからないようにマミさんの指から婚約指輪を抜き取り、そっと自分のポケットに隠した。

男はジャクンスキ氏がしていたロレックスの腕時計、そして現金125ドルを奪い取って逃走したが、このお金は今夜のフレンチレストランでの食事代として用意したものだったという。

ナガセさんは芸術家で、ジャクンスキ氏はシンシナティ州出身のミュージシャン。二人はその後、警察署で犯罪者の顔写真リストをながめ、ポテトチップスを分けあって食べる羽目になったが、結婚はするつもりだと話している。

ジャクンスキ氏は言う。

「二人の記念すべき夜に、“良い”エピソードができた。それにね、この夜はもっと最悪な事態になっていた可能性だってあるんだ。プロポーズを断られていたらね……」


夜のセントラルパークで襲撃されるとは、アメリカらしいニュースですが怖い話です。
プロポーズの時も油断は禁物。。。と言ったところでしょうか。

投稿者:スタッフ(2007年9月26日)|記事URL| あとで読む

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る