1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2007年9月

防犯ブログ

盗品を返却し、泥棒が謝罪メモ

8月31日、ニュージーランドのクイーンズタウンで、盗みを働いた男が、盗品を「返却」するだけでなく謝罪し、壊した窓の弁償を約束するメモが残されていたという珍事が発生したようです。

男は、同国南島に位置する風光明美なクイーンズタウンにある民家に押し入り、ノートパソコンやカメラ、クレジットカードの入った財布を盗みました。
男は、そのクレジットカードを使い、バスケットボール1個と2組の手袋を購入していました。

しかし、良心の呵責に耐えかねたのか、男は再びこの家に侵入し、盗品と盗んだクレジットカードで購入した品を「返却」しました。
外出先から戻った被害者の方は、テーブルの上に盗まれた品々と自分の日記に書かれた男のメモを見つけて驚いたようです。

「それ(メモ)は、私たちの家に押し入り、家の中を荒らしたことへの謝罪文のようなものだった。本当に奇妙なことだ」と語っています。
男はメモの中で、「十分なお金ができたとき」に壊した窓の修理代を支払うことを約束し、心から謝罪すると述べています。
警察は、10代後半から20代前半とみられるこの男の行方を追っています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年9月06日)|記事URL| あとで読む

福岡、熊本、鹿児島、山口・・ 飲食店窃盗行脚150件

下関市内の飲食店に侵入した疑いで現行犯逮捕された男が、九州・山口で約150件の窃盗容疑を認めていることが分かりました。
6月20日未明、同市川中豊町のお好み焼き店の勝手口をバールで壊し侵入
警ら中の警察官に建造物侵入容疑で現行犯逮捕されました。冷蔵庫の中のチョコレート(165円相当)を盗んで食べていたということです。

この男、窃盗罪などで服役を繰り返し、05年10月に仮出所した後、1年ほど働いたが「借金の催促が怖くなった」と夜逃げ。
その後又「泥棒」に身を落とし、福岡、熊本、鹿児島県などの焼き肉店やラーメン店などを狙い窃盗行脚を繰り返していました

店内の食材を自ら調理して食べたこともあったというから驚きです。

最近は侵入して数分、5分以内に犯行を終えるという「犯行の短時間化」の傾向が強まっていますが、犯行先で食材を調理して食べる・・というのは、なんとも間が抜けた泥棒です。
飲食店ばかりを狙ったのは、現金だけでなく食料もほしかったからと推測されます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年9月05日)|記事URL| あとで読む

名古屋市バスのモニター3台盗難 愛知県

3日早朝、名古屋市天白区の市交通局野並営業所で、市バスの運転席に設置してあった液晶モニターがなくなっているのを、
運行前点検をしていた運転手が気づきました。
他の2台でもなくなっており、いずれも配線が切断されていました。

液晶モニターは縦13センチ、横19センチで7型画面。運転席右側に設置されており、台座からは簡単にはずすことができます。
同営業所の出入り口の門扉は鍵がかかっており、バスの扉も閉まったままでしたが、
車外から操作すれば開けることができ、バスに詳しい人なら開けられるということです。

液晶モニターは、2004年度から導入され、同営業所では98台のうち22台に設置されていました。
行き先案内表示の内容を確認したり、後方確認に使う。3台で17万円相当。
パソコンのモニターとして利用できるということです。

交通局は事件を受け、職員による夜間の見回りや、液晶モニターの固定化などの対策をとるということですが、それで抜本的な対策になるでしょうか?
簡単に敷地内に入ることができること自体が防犯上問題だと考えます。
やはり、敷地内に不審者が入る前に威嚇撃退することが防犯対策として重要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年9月04日)|記事URL| あとで読む

「りんご盗難」

秋の味覚といえば、りんご、なし、柿。今年も収穫の時期を迎えましたが、ここ数年、農家の方が頭を痛めているのが、台風と盗難、「農作物の盗難」です。

1日午前10時ごろにも福島県新地町駒ケ嶺字鹿狼(かろう)の畑で、収穫直前のリンゴ約540キロ(13万5000円相当)が
盗まれました。リンゴ畑は広さ10・5アール。リンゴは木から直接もぎ取られていました。
品種は「津軽」などで1箱18キロで換算すると約30箱分になります。
畑を最後に手入れした8月30日午後3時半ごろから、1日午前7時20分ごろの間までに盗まれたとみられ、
道路から奥まった場所の木が狙われ、赤く色づいたものばかりが取られていました。

収穫間近の、ずっと大事に育ててきたりんごが盗まれた気持ち、ほんとうに残念で、悔しいと思います。

青森県では昨年は県内全体で二十六件(県警の被害届受理数)の盗難事件が発生しました。。
二十六件のリンゴ盗難事件のうち、二十五件は津軽地方で発生。県警によると、弘前署管内の十件を筆頭に、青森南署六件、五所川原署四件と続いています。全体では約三万六千個(時価約二百四十五万円相当)が盗まれました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年9月04日)|記事URL| あとで読む

まだまだ続く「金属盗難」。電線、エアコン室外機・・。

相変わらず、全国で「金属盗難」が多発しています。

●橿原署は31日、橿原市北妙法寺町、無職、男(55)と妻(36)の両容疑者を窃盗未遂容疑で緊急逮捕。調べでは、男は同日午後10時半ごろ、同市内にあるアパート2階の会社員(35)宅で、エアコンの室外機を盗もうとした疑い。「部品の銅を売って、お金にしようとした」と容疑を認めているという。県内では室外機が盗まれる事件が相次いでおり、同署は関連を調べる。

●山形県南陽市元中山で高さ約10メートルの電柱から東北電力米沢営業所(伊藤吉里所長)管理の電線が盗まれたと31日、同営業所から南陽署に届け出があった。同署は窃盗事件とみて捜査を開始した。ことし5月下旬から8月31日午後零時ごろまでの間、長さ計約200メートル、重さ計約42キロの銅製の電線3本(約2万円相当)が盗まれた。

●山形県白鷹町黒鴨の町道側溝に敷いてあった鉄製のふた108枚(37万8000円相当)が盗まれたと30日、町から長井署に届け出があった。約14キロ区間内の84カ所で盗まれ、主なふたは長さ1メートル、幅30センチ、重さ約30キロで格子状。最後に作業した10日正午ごろは異常はなかった。この町道では6月下旬から7月31日までの間、側溝のふた68枚(23万8000円相当)が盗まれている。

まだまだ残暑厳しい時に、エアコンの室外機を盗まれた方は、ほんとうに困ると思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年9月03日)|記事URL| あとで読む

1  2  3  4

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?