1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2007年8月

防犯ブログ

「置き引き」対策。どう防犯対策したらいいの?

インターネットカフェで「置き引き」をしたとして、警視庁少年事件課は3日、
東京都足立区の無職少年(18)を窃盗容疑で逮捕しました。
少年は今年4月以降、一度も家に帰らず都内のインターネットカフェを泊まり歩く
「ネットカフェ難民」と呼ばれる生活をしていました。
自宅に帰らず、ネットカフェを泊まり歩き、所持金が5000円以下になると盗みをしており、
「4月以降、17件やった」と供述しています。

「置き引き」は、ショッピングやゲーム、インターネットなど何か他のことに夢中になっている時に被害に遭います。
デパートやブティックでのショッピング中や食事中、バーゲン会場はもちろんのこと、
「インターネットカフェ」や「まんが喫茶」「ゲームセンター」「パチンコ店」「ボーリング場」「ゲームセンター」などでも多発しています。

24時間営業などでシャワーをしたり、仮眠をしたり、ゲームやまんがを選んでいるときに自分の個室にバッグを置いたままにしておいたりすると、財布などを抜き取られることがあります。

また、足元などにカバンをおいてゲームに夢中になっていたりすると、かばんがなくなっていた・・なんてことも多いようです。

ハンドバックなどを置き引きされた場合にクレジットカードなどをクレジット会社に連絡してすぐに止める、携帯電話をすぐに止めるなど防犯上注意しないといけないことが数点あります。
それ以外に「家の鍵を一緒に入れていた場合には錠前を取り替える」ことが重要です。
本来、身元の分かるものと鍵を一緒にするのは大変危険なためやめてほしいのですが、
特に女性は全てバックに入れていることが多いため、ひったくりや置き引きに注意することが必要です。

又、ネットカフェで仮眠をとっているビジネスマンの方に要注意なのが、ノート型パソコンや重要な書類の入ったバッグを盗まれまれることです。
大切な書類はもちろんのこと、個人情報などがもしパソコンに入っていたら・・・責任問題にまで発展するでしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月03日)|記事URL| あとで読む

防犯は予防こそが重要です。

福島県三春町の建設工事現場で、鉄板約19トン(計約163万円相当)を盗んだとして、
秋田県警湯沢署は1日、窃盗容疑で、岩手県一関市山目、建築会社役員(55)=窃盗罪で起訴=ら2人
を再逮捕、同市青葉、とび職(60)を逮捕しました。

「昨年春から今年6月にかけて、東北6県で約20件やった」と供述、被害は確認されただけで1300万円以上に上ります。
転売目的で「金属窃盗」を繰り返していたとみて、余罪を追及しています。

19トンというとてつもない量の鉄板、もちろん重機を使って盗んでいたのでしょう。
この「金属泥棒」は建築会社役員ということですから、自社の重機を使用していたのかもしれません。
中国においては北京オリンピックのため建設ラッシュで金属の価格が世界的に高騰しています。
中国ではニッケルは生産がこの5年で20%増加していますが、消費は5年で3倍になったようです。

建設工事現場なんていうと今までは「現金も置いてないし何も盗まれるものはない」と防犯面でもあまり考えていませんでした。
しかし、現在は、建設重機は盗まれる、鉄板は盗まれる、電線や廃棄するような線材まで盗まれる・・
ということで泥棒に狙われる業種の一つになっています。
しかし、まだまだ防犯 意識が低く、「盗まれるモノはないから泥棒の被害には遭わない」と信じられているのです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月03日)|記事URL| あとで読む

泥棒からのお祝いメッセージ

中国人の童さん夫婦は先週末、レストランに友人を招いて結婚披露パーティーを催しました。

夜遅くまで大いに盛り上がり、仲良く手をつないで新居に戻った2人でしたが、幸せいっぱいの時間はここまででした。
明かりをつけてみると、ベランダの窓が破られ、家中が空き巣に荒らされていました。

金目のものは根こそぎ無くなり、部屋に置いてあった結婚指輪も持ち去られていました。
ぼう然としながら、ふと机の上に目をやると、手にしたばかりの結婚証の横に泥棒からのメッセージが。

「結婚おめでとう!末長くお幸せに」・・・ご丁寧にも真っ白な紙に赤い色で書かれた文字を前に、2人はただ歯ぎしりするだけでした。

結婚するとなると、結婚式の準備や案内、新婚旅行に新居探しや引っ越しなど色々なことに気をとられてしまい、
家の戸締りなど防犯 意識が薄くなってしまうこともあるでしょう。
泥棒はそういうところも狙っています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月02日)|記事URL| あとで読む

葬儀の際にも防犯

近年、新聞でもよく掲載されている事件ですが、
葬儀中の留守宅を狙っての犯罪が多発しているようです。

私事の身近な話ですが、先日葬儀がありました。
葬儀屋さんの話によると、
「葬儀に関しての案内(葬儀会場:日時など)は玄関に貼り出さないで下さい。」とのことでした。
理由を聞いてみると、葬儀の案内を見て犯罪を企てようとする者が多いとのことでした。
場所は、大阪の門真市です。最近、葬儀中の窃盗被害が多発しているようです。

他に防犯対策として葬儀屋さんは、
“忌”と書かれた張り紙も玄関などに貼らないようとおっしゃっていました。
理由は前述した内容と同様です。

身近で被害に遭っているという話を耳にしたとき残念でした。
「葬儀中になんてことをするのか」と思います。

犯罪企図者は”葬儀の案内”を見つけるときっと”チャンス”だと思っているに違いないと思います。
葬儀屋さんがアドバイスしていただいたように、
「葬儀の案内」「忌」の張り紙を貼り出さないことが防犯対策になります。

皆さんも、葬儀の際の防犯対策も忘れないようにしてください。

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2007年8月02日)|記事URL| あとで読む

親子で泥棒。母親は指南役?

母親と三男の親子で盗みを繰り返していたとして、岡山東署は31日までに、岡山市国富、無職女(44)と三男(20)の両被告を窃盗などの疑いで岡山区検に送致し、一連の捜査を終えました。

調べでは、両被告は今年2月20日、近所の土木作業員男性(62)方の無施錠の玄関から侵入し、現金3万円を盗んだのを始め、今年2月から4月にかけて現金約11万円と指輪などの貴金属類(被害約990万円相当)を盗んだ疑い。盗んだ貴金属は換金し、パチンコ代や生活費に充てていたということです。
17件の犯行を供述し、裏付けの取れた13件を送致しました。

母親が三男の“指南役”として、盗みを指示していたということですから、あきれるばかりです。
無施錠の玄関から侵入・・というのは「防犯 意識」が低い「侵入しやすい家」を狙ったということです。
「無施錠」というのは、「鍵の掛け忘れ」「少しの時間ということでの鍵をかけずに外出」という状態です。
ちょっとゴミを出しにいく、回覧版を近所に、ちょっと調味料が切れたので近所の店に買いに走る・・・といった時、きちんと鍵をかけているでしょうか?鍵がかけてあったとしても、「サムターン回し」「錠前の破壊」「ピッキング」「バンピング」などいろいろな方法で開錠したり錠前を壊したりこじ開けて泥棒は侵入するわけですが、「無施錠」というのはそういった侵入行為をまったく必要としない、いわば省力化タイプの侵入方法です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月02日)|記事URL| あとで読む

パチンコ店強盗の手口と対策

パチンコ店強盗グループの手口が明らかになりました。
茨城県で逮捕された2人は06年4月10日午前1時45分ごろ、ひたちなか市馬渡のパチンコ店「ZENT245店」で、裏口から出てきた店長(当時44歳)ら3人に包丁を突き付け、店内にある金庫を開けさせて現金約1450万円を奪いました。。
2人の逃走の手助けをした男も別におり逮捕されました。
2人の実行犯と1人の運搬役。
3人は勤め先の元同僚。

同店では05年12月にも同様の手口で2人組の男に現金約1220万円を奪われる事件が起きています。
今年に入って水戸市近郊のスーパーなどで発生した数件の強盗事件との関連も追及しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月01日)|記事URL| あとで読む

1  2  3  4

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?