1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2007年8月

防犯ブログ

ひったくり天国 大阪府の防犯対策は?

ひったくりに代表される「街頭犯罪」。
誰でも被害に遭う可能性がありますが、大阪府警ではその防犯 対策に力を入れています。

今年上半期(1〜6月)の発生状況を見ると、昨年、全国ワースト1だった車上狙いとひったくりは減少しています。

◇車上狙い・・・防犯モデル駐車場の普及効果で大幅減、「車内からっぽ宣言」に注力
◇ひったくり・・・駅周辺のパトロール強化、職務質問の徹底

車のガラスを割ったり、鍵を壊して車内から物を盗む車上狙いは昨年、全国最多の3万4653件でした。
しかし、今年上半期は同年同期比マイナス6579件の1万2048件と大幅減。
大阪府警は「防犯モデル駐車場の普及効果」とみています。

車上狙いは駐車場で被害に遭うケースが全体の7割以上に及びます。
そこで、02年に始めたのが「防犯モデル駐車場」の認定制度です。
監視カメラや夜間照明を備えた駐車場を、大阪府防犯協会連合会が認定します。
現在、スーパーやパチンコ店など610ヵ所が認定されているようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月09日)|記事URL| あとで読む

高知の民家、散弾銃と200万円盗まれる。銃は発見。

高知は豪快?!というイメージ通りの、でも笑えない泥棒のお話です。
八日午前、高知市薊野北町二丁目の無職男性(76)方に何者かが侵入。
室内にあった猟銃保管用のロッカーを盗んで逃走しました。ロッカーには封筒に入った現金約二百万円と銃弾が入っていない散弾銃(銃身の長さ約一・一メートル)が保管されていました。

幸にも銃は間もなく高知署員が発見。
現金は見つかっておらず、同署が窃盗容疑などで犯人の行方を追っています。

防犯 装置に関しては新聞には掲載されていませんが、何も付いていなかったのではないかと推測されます。

それにしても、ロッカーの中に現金200万円。そして、散弾銃。
銃が戻ってきたので二次被害は避けられましたが、もっと自覚を持って管理していただきたいと思います。
防犯 対策として、防犯 システム(侵入警戒システム)は絶対に必要です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月09日)|記事URL| あとで読む

個人情報の公開は慎重に!

中国の上海で、オールド・イングリッシュ・シープドッグなど高価な犬24匹を盗んだとして窃盗の罪に問われた犬訓練場を経営する男(32)に対して、裁判所は3日までに懲役14年、罰金2万元(約31万5000円)の判決を言い渡しました。

判決によると、男は2007年1月、知人と共謀し、上海市内の女性宅を訪れ、粘着テープで手足を縛り口をふさぐなどした上、ペットの犬24匹(15万1000元相当)を盗みました。
男はインターネットで「犬を売ります」という情報を見た後、売り主の女性宅を訪問したということです。

「○○を売ります=○○を売るほどたくさん持っています」と表明するのと同じで、泥棒の標的になる恐れがあります。
買おうとする人、盗もうとする人両方が興味を引く情報になります。

住所などの個人情報をむやみにインターネットなどで公開するのは防犯上問題があります。
ネットオークション等、個人で何かモノの売買を行う場合は慎重に行わなければなりませんね。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月08日)|記事URL| あとで読む

見舞客装い「病院荒らし」

「兵庫や大阪、京都で病院荒らしを百二十件近くやった」泥棒の手口をご紹介しましよう。

泥棒は無職51歳男。二月七日午後三時ごろ、見舞客を装って神戸市長田区の病院に侵入し、病室の引き出しから見舞い袋三袋(計一万一千円)を盗んだ疑いです。直後に持ち主の患者に見つかり、病院職員らに窃盗の現行犯で取り押さえられました。

その後の調べで、男は二〇〇五年五月ごろから、神戸、阪神間をはじめ、京都や大阪で「病院荒らし」を繰り返していたことが判明しました。

「見舞客のふりをして昼間に病院を訪れれば、警備も甘く、簡単に病室までたどりつけた」と供述。
患者らがリハビリなどで病室を空けているすきに犯行を重ねていました。
犯行時にはいつも洗濯したての服を着て身なりを整えた上、電車で移動しながら駅の看板で病院を探していました。
盗んだ現金は生活費に充てていたということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月08日)|記事URL| あとで読む

強盗に両手両足縛られ、ダムから突き落とされた。その時ドウスル?

その女性は、保険会社社員(34歳)。
7月31日午後に34歳の男が彼女の勤める保険会社に来社。
「胸ポケットに遠隔爆弾を入れた。5メートル以上離れたら爆発させる」と女性を脅し、箱状のものを胸に入れました。
その後、軽自動車に乗せ、三重県津市にある2か所のショッピングセンター内の現金自動支払機で130万円を引き出させました。
ずっと「これは爆弾だ!」と女性が逃げないように脅かし続けていました。
そうして現金を手に入れると、1日未明、鈴鹿市から60キロ離れた志摩市のダムに女性を投げ捨てました。

女性は両手両足を縛られた状態でした。

ところが、なんとその場所は水深が1メートル足らずでした。
女性の手足は縛られていましたが、高さ約1メートルから落とされた衝撃で幸運にも外れました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月07日)|記事URL| あとで読む

壁破りで侵入、金庫から500万円盗難

6日午前5時半ごろ、京都府城陽市のドラッグストアで、事務所の金庫が破られ、売上金など約500万円が盗まれました。
店舗北西角の壁に穴(縦横40センチ)が開いていました。

城陽署によると、犯人はバールなどで壁に穴を開けて侵入し、事務所のドアと金庫の扉をこじ開けて現金を盗んだとみられています。
店は5日午後10時半以降は無人で、警報機が午前5時5分に作動したということです。

防犯 システムを設置するなど防犯 対策はとられていたようですが、結果として大金を盗まれてしまいました。
壁破りによる侵入は、宝石店などでよく見られる手口で、「爆窃団」として最近でもニュースなどで取り上げられることがあります。

防犯 対策としては、警報機が鳴動しても逃げずにそのまま犯行を続ける窃盗団に対しては、「霧による威嚇」をお勧めします。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月07日)|記事URL| あとで読む

盗品飲み込んだ泥棒に下剤バナナ40本

インドの警察当局が盗んだネックレスを飲み込んだ泥棒に対し、数時間でバナナ40本を食べさせていたことが分かりました。

3日、当地で女性から4万5000ルピー(約13万円)相当の金のネックレスを奪った男(35)は、地元住民と警察に取り押さえられた際にネックレスを口の中に放り込みました。

捜査関係者は、男はネックレスを飲み込んだことを否定しましたが、病院でレントゲン検査を行った結果、胃の中にネックレスがあるのを見つけたと述べています。
別の捜査員によると、警察は医師の助言を受け、天然の下剤として働くバナナを男に食べさせたということです。

男は4日朝、トイレに3度行き、またネックレスを吐き出させようとしたもののうまくいきませんでした。
5日、さらに、鶏肉やコメ、パンなどボリュームのある食事を食べさせた結果、盗まれたネックレスを無事体内から取り出すことに成功したようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月07日)|記事URL| あとで読む

空腹をこらえきれず・・・保育園で菓子盗難

4日、保育園に侵入してタオルや菓子を盗んだとして窃盗容疑で指名手配されていた宮城県出身の男(56)が逮捕されました。
男は「自転車を盗まれた」と交番に届け出たところを逮捕されました。

調べでは、男は6月7日夜から8日朝までの間に、名古屋市名東区の保育園に無施錠の窓から侵入。
バスタオルやあめなど16点(2450円相当)を盗んだ疑いです。
名東署は遺留品などから男を特定し、指名手配しました。

男は今月3日午前2時ごろ、交番に「家財道具を積んだ自転車が盗まれた」と届け出たところ、署員が指名手配中の容疑者と気付いて逮捕しました。
男は同区内の公園でテントを張って生活しており「空腹にこらえきれずにやった」と容疑を認めているということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月06日)|記事URL| あとで読む

「日本横断 窃盗の旅」

福岡県でピッキング防止法違反の疑いで逮捕された男50歳。
全国13県で69件の窃盗を繰り返していました。

男は50万円とテント、調理用具、日本地図を持って4月、鹿児島県を出発。
金を使い切ると、長崎県の離島で釣りざおを拝借し、魚を釣って空腹を満たす一方、空き巣や出店荒らしを重ねながら旅を続けました。

その後は和歌山県で盗んだ自転車に乗り、青森まで北上。さらに北海道に渡った後、飛行機で再び鹿児島へ。
6月5日、JR博多駅構内でドライバーを持っていたところを職務質問され、ピッキング防止法違反の現行犯として逮捕されました。

「日本一周は今回で5回目。人と話すのが苦手で普通の仕事が続けられない。
こっそり暮らしたかった」と供述しているということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月06日)|記事URL| あとで読む

ネットカフェでの犯罪多発

インターネットカフェに寝泊まりする「ネットカフェ難民」を続けながら、
熟睡した客を狙った置引きを繰り返したとして、窃盗の疑いで、
東京都足立区の無職の少年(18)が逮捕されました。

少年は家出中で、今年4月以降はアルバイトも辞め、新宿や上野、
北千住のネットカフェで寝泊まりしていました。
「手っ取り早く生活費を稼ぐため、手持ちが5000円以下になると置引していた、
遊ぶ金がほしかった」と17件、少なくとも計34万円の置引を自供しています。
事前に店舗の防犯 対策を調べ、個室に鍵が掛からない店舗を狙い、防犯 カメラの位置を確かめた上で犯行に及んでいたようです。

調べでは、少年は6月22日午前7時50分ごろ、足立区千住のネットカフェで、
個室で寝ていた男性会社員(29)のテーブルから現金16万円が入った財布を盗んだ疑いです。
犯行後に弟(15)と一緒に広島や京都を旅行。
新幹線を無賃乗車してJR東京駅で職務質問された際、他人の学生証を持っていたため犯行が発覚しました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月03日)|記事URL| あとで読む

1  2  3  4

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?