1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2007年8月

防犯ブログ

ガス・電気の点検を装う侵入盗に注意!

19日午後5時50分ごろ、北海道札幌市手稲区の無職女性(81)方を、
紺色の作業服姿の2人組の男が「近所でガス漏れがあったので検査をしたい」と訪問し、財布を盗む事件が発生しました。

同市内では、14日以降、1人暮らしの高齢女性宅を狙い、ガスや電気の点検などを装って家の中に侵入する窃盗事件が相次いでおり、これで4件目です。
北海道内では今年1月と4月にも小樽市と苫小牧市で同様の手口の事件が起きていることから、
道警は関連を調べるとともに、注意を呼びかけています。

19日の事件では、2人組の男が居間に上がりこみ、1人が女性とともに台所、
寝室、階段の計3ヶ所に設置されたガス漏れ警報器を約20分かけて見回った後、立ち去りました。
女性が居間に戻るともう1人の男もいなくなっていたため不審に思い、テーブルの上に置いてあった手提げバッグを調べると、
現金約2万円が入った財布が盗まれていました。

男2人は40〜50歳ぐらいということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月21日)|記事URL| あとで読む

子供を使って ヘロイン密売 中国

中国で麻薬密輸 元組員や2名の邦人が初の死刑確定しました。
死刑が執行されるかどうかは不明ですが、中国では、邦人を含めた外国人のからむ麻薬密輸犯罪が後を絶たないため、
一罰百戒のため執行されるとの見方も出ているようです。

その中国・海南(かいなん)省の海口市警察では、このほど、9歳から20歳の男女7人からなるヘロイン密売グループを逮捕しました。
中国では麻薬などの販売はめずらしくありませんが、さすがに9歳というのは珍しいようです。

グループは、9歳の小学4年の男児らで構成され、うち1人の小学生は、
中国人記者の質問に「(両親は)外に出稼ぎに行っていて、家にはほとんど帰らない。
何もかまってくれない」と話したということです。
アジトのマンション内には、ヘロイン、注射器、携帯電話、ナイフなどが置かれており。
麻薬密売以外に盗みもしていたようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月21日)|記事URL| あとで読む

「金属盗被害」 えっ!そんなに被害が・・・。

近年、中国の経済発展や北京オリンピックの需要で「金属盗被害」が増加しています。

先日テレビ番組で、ある電気工事会社の裏庭に、現場で使用した電線の切れ端や半端物(俗にいう「クズ電線」)を置いてある「ラックカゴ」の中身がごっそり盗まれた現場が映し出されました。
その会社の方が話をしている内容にびっくりしました。

その担当者の話では、「ここに置いてある電線を盗む者なんて今までは考えられませんでした。
しかし、最近は同業者でも盗難被害に遭ったことをよく聞きます」。

ここまでは、「ああ、そうなんだ。」という内容ですが、このあとの話で
「えっ、ここに置いてあった電線の切れ端の値段ですか?まあ、現在の金額だと20万円ぐらいかな?」だそうです。
今までクズ同然だったものが今はお金になるのだから大変な時代になってきたものです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月20日)|記事URL| あとで読む

母の葬儀代金稼ぎ?兄弟で「金庫破り」

兄弟が仲がいいのはいいことですが、仲良く一緒に泥棒というのはいただけません。
名古屋の36歳、34歳の兄弟は、窃盗「金庫破り」を繰り返していました。

2人は12日午前4時ごろ、浜松市東区の飲食店に侵入し、レジカウンターの下にあった据え置き金庫の鍵をバールなどで壊し、金庫の中の現金約98万円を盗んだ疑いで逮捕されました。

静岡県内では昨年秋ごろから飲食店を狙った金庫破りが多発しており、別の被害現場で目撃された不審車両のナンバーなどから2人が浮かび上がりました。
車両はレンタカーを使っており、余罪は北陸、東海、関東地方で約100件、被害金額は数千万円に上るとみて警察では調べています。

兄は「今年2月に母親が亡くなり葬儀の費用が必要だった」、弟は「兄を誘ったのは自分」などと話しているということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月20日)|記事URL| あとで読む

自転車盗難75%は施錠 二重ロックは敬遠?

自転車盗難のうち、75%は施錠しているにもかかわらず盗まれていることが、福岡県警の調査で分かりました。
特に狙われているのは後輪部分に取り付ける「馬てい形」の鍵だけで施錠したケースです。
チェーン式などと組み合わせて鍵を掛けて被害に遭ったのは約8%にとどまっており、
県警は「防犯に効果的な二重ロックを心掛けて」と訴えています。

調査は、福岡県内で自転車盗が多い福岡市や北九州市内を対象に7月に実施されました。
期間中、盗難届が出されたのは152台で、うち114台(75%)は持ち主が施錠していたようです。

最も被害が集中したのは「馬てい形」の鍵で、施錠していて盗まれた114台のうち92台(81%)でした。
中でも、薄型の鍵を差し込んで解錠するタイプが狙われやすく、被害は84台に上っています。
県警は「4けたの暗証番号をボタンで合わせるタイプの鍵などに比べて壊されやすい」ことが原因とみています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月18日)|記事URL| あとで読む

新たな強奪手口?「追突してベンツ乗り逃げ」

15日午後8時20分ごろ、大阪府堺市の市道交差点で、右折しようとした近くに住む会社役員の男性(56)が
運転するベンツ(1300万円相当)に後続の乗用車が追突しました。
男性がベンツから降りて後続車に近づいたところ、乗用車が急発進して逃走。
同時に男性のベンツが、何者かに乗り逃げされました。
大阪府警堺東署は窃盗事件とみて捜査しています。

調べでは、乗用車はグレーのセダンで、帽子をかぶり、マスクをした若い男が運転していました。
同署では、男性がベンツを降りたすきに、付近で待機していた仲間が乗り込んで盗んだ可能性が高いとみています。
堺市内では、今年2、3月にも同様の手口で高級車が盗まれる事件があり、関連を調べています。

後ろから高級車に追突し、運転している人が降りてきたすきに、待ち伏せしていた別の仲間が高級車を奪い逃走する。
今後増えてきそうな新たな盗みの手口かもしれません。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月17日)|記事URL| あとで読む

「病院荒らし」 開業医ばかりを狙い関東6県 241件、1120万円。

病院荒らしを繰り返したとして、埼玉・群馬両県警合同捜査班は16日までに、窃盗などの疑いで、
さいたま市無職、男(29)=窃盗罪などで公判中=を逮捕、余罪についてさいたま地検に追送検しました

平成12年10月から19年4月にかけて、埼玉、群馬など6県で、歯科医を中心に個人医院を狙い計241件の盗みを繰り返し、
被害総額は計約1120万円に上るとみられています。

男は車で移動しながら病院の看板を頼りに狙いをつけ、静岡県沼津市では一晩に16件の犯行に及んだこともありました。

2月22日未明、深谷市東方町の歯科医院の窓を破って侵入、院長室などを物色したとして窃盗未遂容疑などで逮捕されていました。
調べに対し、「病院や医者は金持ちだから狙った。生活費やパチスロに使った」などと供述、容疑を認めています。

又、13日には国立がんセンター中央病院(東京都中央区)で、患者延べ1542人分の個人情報が入ったパソコン1台が盗まれていました。盗まれたのは、同病院7階の病理検査室に置かれていたパソコンで、食道がん患者46人、大腸がん患者1496人の氏名、生年月日、手術時の所見や病理検査の結果などの個人情報が入っていました
検査室には病理医や検査技師が出入りしており、前日の正午ごろまで、このパソコンを使っていました。検査室自体は、10日未明から施錠されていたということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月17日)|記事URL| あとで読む

セーフティ・タウン運動で空き巣被害半減!

静岡県で今年上半期(1〜6月)の県内の空き巣被害件数が前年同期の1504件から803件へと47%も減少、
半減していることが静岡県警のまとめで分かりました。

静岡県警は、昨年からモデル地区を指定して地域ぐるみの防犯意識向上を目指す「セーフティ・タウン運動」を展開しています。
県警は「今後の推移を見なければ分からないが、効果が出てきた可能性がある」とみています。

一般家庭への空き巣被害は05年に過去最悪の2720件を記録しました。
これに危機感を持った県警は昨年5月、県などと協力し「セーフティ・タウン運動」を開始、
空き巣被害の特に多い県内41地区(約1万5000世帯)をモデル地区に指定しました。

モデル地区では交番の警察官と自治会関係者が共同パトロールをしたり、窓に備え付けの鍵とは別に補助錠をつける「ツーロック」を奨励するなど犯罪抑止のための意識改革を訴えました。
その結果、昨年5月から1年間で、モデル地区の空き巣被害は117件から57件へと半分以下に激減したということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月16日)|記事URL| あとで読む

野田聖子衆院議員事務所窃盗・放火。狙いはパソコン。金庫無視・

10日に放火された野田衆院議員の岐阜市の事務所の手口が、明らかにされています。

●侵入の際、2センチほどの穴を開け、ドライバーなどでかぎを開ける「突き破り」という手口
●窓ガラスが割られてから火災センサーが作動するまでの約5分間に窃盗と放火をやり遂げている
●数台あるパソコンのうち、盗まれたのは野田議員と地元秘書、事務所のメール専用の3台
●事務所には現金数十万円が入った金庫があったが、犯人が手をつけた形跡はない
●複数あったDVDデッキとビデオデッキのうち、防犯 監視カメラに接続されているビデオデッキだけが盗まれていた。このビデオは犯人の姿を収めていた可能性が高く、犯人は内部情報に精通しているとみられる。
●油を用意し、証拠隠滅を図ったとみられる

慣れた手口と用意周到さが際立っており、又、非常に内部情報に長けているというように思われます。

金庫には見向きもせず、5分足らずでパソコンと防犯ビデオデッキだけを盗み、火をつける−。放火が発覚したのは10日午野田議員によると、後援会名簿などの個人情報は入っていないということでそれだけが幸でした、

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月16日)|記事URL| あとで読む

相次ぐ個人情報の流出 高まる保険の需要

「個人情報漏えい保険」に加入する企業や自治体が増えているようです。
2005年4月に個人情報保護法が施行され、ひとたび個人情報が漏れれば、損害賠償の請求対象になるからです。
今年に入って大量の漏えいが発覚した九州大学(福岡市)も万一に備えて加入するなど、九州でも増加しています。

情報の電子化や携帯化に伴い、盗難や紛失も含めた漏えいは後を断たず、そのリスクは簡単には解消されそうにありません。
損害保険各社は「ニーズは高く、市場は成長を続ける」と強気の算段です。
損保大手3社(東京海上日動火災、三井住友海上火災、損害保険ジャパン)の個人情報漏えい保険の契約件数は、04年度の約3800件から06年度は約1万1000件へと約3倍に膨らんだということです。

見舞金から損害賠償金や弁護士費用、謝罪広告費までカバーした保険商品が多く、本年度も「個人情報を取り扱うすべての業種から照会が続いている」(損害保険ジャパン)ということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月10日)|記事URL| あとで読む

1  2  3  4

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?