1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2007年8月

防犯ブログ

家電火災 10年で2158件、死者27人

20日午前2時50分ごろ、東京都足立区の民家で発生。木造2階建て住宅のうち1階15平方メートルが焼け、
84歳と81歳の夫婦が死亡しました。2人が寝ていた近くには扇風機があり、激しく燃えていました。

メーカーの三洋電機は消防から同社製扇風機(70年製の「EF−6EZ」)の発火が火災の原因とみられるとの連絡を受けました。同社は、発火の原因は特定していないが、長期の使用によるモーターやコード、コンデンサーなど部品の経年劣化が原因とみています。

こうした家電製品が原因と見られる火災が全国でかなりの件数発生していることがわかりました。

毎日新聞によると、主要な家電4品目(冷暖房機、冷蔵庫、テレビ、洗濯機)が出火原因となった火災が
97年から06年の10年間に全国で2158件起こり、計27人が死亡していたことが30日、
総務省消防庁の調べで新たに分かりました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月31日)|記事URL| あとで読む

名古屋市民 犯罪の不安「感じる」8割超え

名古屋市が実施したインターネットによる市民アンケートによると、
日常の暮らしの中で犯罪に遭う不安を感じている人が8割を超えていることが分かりました。

アンケートは、市制に関心のある500人の市民モニター(市内在住の18歳以上)を公募して6月に実施されました。
452人(90.4%)が回答しました。

日常生活での犯罪への不安について、
「ある程度感じる」63.1%、「かなり感じる」18.1%と、合わせて81.2%に上りました。
一方、「あまり感じない」18.2%、「まったく感じない」0.2%でした。

「不安を感じる」と答えた人に、どんな犯罪に対する不安かを聞いたところ(複数回答)、最も多かったのは
・「空き巣、忍び込みなど住宅」(65.5%)
・「車上ねらい、ひったくりなど屋外で発生する犯罪」(62.4%)
・「通り魔、強盗、恐喝など身体に危害を及ぼすような犯罪」(50.9%)
と続いています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月30日)|記事URL| あとで読む

米国で「忍者泥棒」 少年3人が忍者の衣装・装備品で

米国で忍者が出現するとは思いませんでした。
米国オレゴン州ローグリバーで21日、夜な夜な黒い忍者の衣装に身を包み、
屋根伝いに飛び回っては「まるでリスのように」木登りする10代の少年3人

空き巣や窃盗の疑いで警察に逮捕されました。
さらに3人は盗んだクレジットカードでフリークライミング用スパイクや金属製の手裏剣、
多機能ベルトなど忍者の装備品をオンラインストアで購入
していました。

地元Mail Tribune紙27日付によると、逮捕されたのは15歳の少年2人と16歳の少年1人。
会見した市警のKen Lewis署長は、「“忍者”は盗んだ品を友人らに与えていたことも十分考えられ、
友人らは知らずのうちに盗品の所持」の罪に問われることもありうる
と述べています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月30日)|記事URL| あとで読む

官公庁専門に、全国20県 窃盗の旅

官公庁を専門に泥棒していた男(57)。
三重県尾鷲市の公民館から現金と切手を盗んだとして、窃盗容疑で逮捕された男が、
これまでに全国の官公庁事務所や公共施設で百数十件の窃盗を繰り返していたことが28日、分かりました。
被害総額は数百万円に上るとみられます。

男は2005年夏ごろから、三重、愛知両県をはじめ、山形から高知までの全国約20県を行脚して盗みを繰り返していました。

昼間、シャツやスラックスなどの小ざっぱりとした格好で現場を「下見」
夜中に裏口の窓ガラスをドライバーで割るなどして、屋内に侵入し、
金庫などから現金や切手などを盗んでいました。

多くの泥棒は、この泥棒と同じように「下見」を行います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月29日)|記事URL| あとで読む

生きたヒラメ、工事現場の鉄板、水着・・現金だけが盗まれるんじゃない

泥棒が盗むモノは今や多種多様。現金だけの時代ではありません。
ちょっと変わったモノばかりを盗んだ泥棒を紹介しましよう、といっても、この「防犯ブログ」ではもう当たり前かもしれませんが・・・。

●24日午後9時半過ぎ、気仙沼市魚市場付近の岸壁で、「ピチピチ動く物を箱で持ち出そうとした不審な男がいる」
と110番通報があった。駆け付けた警察官がヒラメ4匹(6000円相当)を確認、同市田中前、アルバイト(58)を窃盗の疑いで逮捕した。
ヒラメは同日競り落とされ、魚市場内の活魚水槽で生きたまま保管されていた。

●26日正午ごろ、伊賀市妙楽地の工事現場近くで、鉄板(縦306センチ、横154センチ、1トン)計8枚(時価計32万円相当)が盗まれているのを、同市阿保の建設会社従業員(47)が見つけた。
 名張署の調べでは、鉄板は林道の側溝をふさぎトラックが通れるようにするため計23枚設置。
24日午後4時ごろに作業を終えた際は異状がなかったといい、同署が窃盗容疑で調べている。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月28日)|記事URL| あとで読む

「絶対に切断できないチェーン」開発

警察庁によると、昨年の自動車盗の発生件数は3万6058件。
そんな自動車の盗難に遭った被害者らの声を集めた“最強”の盗難防止用チェーンの開発に、
兵庫県姫路市の製鎖会社「衣川製鎖工業」(衣川良介社長)が取り組んでいるとの記事が
産経新聞にありましたのでご紹介いたします。

この会社は昭和10年創業の老舗で、船舶用鎖などの製造を手がけてきた鎖づくりのノウハウを生かして平成13年、
バイク用盗難防止チェーン「かて〜な」を発売し、3000個を売るヒット商品となりました。

バイク用チェーン製造のきっかけは、相次ぐ盗難被害に悩んでいた阪神間のライダーズクラブからの「切断できない
チェーンを作ってほしい」という依頼でした。

試行錯誤の末、衣川社長が出した結論は「切れない鎖はない」。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月27日)|記事URL| あとで読む

ゴルフ場の「ロッカー荒らし」

ゴルフ場のロッカーからカードを盗み現金を引き出したとして、吉川署は23日までに、窃盗の疑いで、
東京都江戸川区の無職男(44)=同罪で起訴=を逮捕、余罪を越谷区検に追送検したとの新聞記事がありました。

6月16日、吉川市吉屋のゴルフ場で、プレー中の越谷市の男性会社役員(61)の貴重品ロッカーからキャッシュカードなどを盗み出し、
銀行のATM(現金自動預払機)から計130万円を引き出すなどした疑いです

男は7月まで同ゴルフ場にロッカーを納入していた横浜市の会社に勤務。
ロッカールームで盗み見た暗証番号をもとに貴重品ロッカーからカードを盗み出し、現金を引き出していました。
犯行後はカードを戻し、発覚を遅らせていたということです

■偽造カード・盗難カードによる被害に遭わないための対策

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月24日)|記事URL| あとで読む

「窃盗遠征」ビリヤードの試合先で泥棒。

25都道府県で総額約6700万円の盗みを繰り返していたビリヤードの元プロ選手(32)。

男は2001年4月から昨年11月、ビリヤードの大会などで行った岩手、東京、大阪、福岡など
25都道府県で現金やキャッシュカードなどを盗んでいた疑いで、逮捕、調査中です。

その手口は?というとドラッグストアの更衣室などに忍び込み、現金やキャッシュカードを盗み、
現金を引き落とす
、というもの。
調べに対し「ビリヤードの賞金だけでは生活できず、バカラ賭博で負けて金がなくなった」と供述しているようで、
男にはホストの経験もあり、盗んだ金は携帯電話の出会い系サイトで知り合った女性とのデート代など遊興費にも使っていたようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月24日)|記事URL| あとで読む

女性保育士、同僚らの金盗み続けて15年

福島県矢祭保育所勤務の40代の女性主任保育士が、長期に渡って同僚らの財布などから現金を盗んでいたことが分かりました。

同町教育委員会によると、今年7月13日に同保育所で、職員のバッグから1万円がなくなりました。
同様の被害事例がこれまでにあったかを調べるとともに、「現金を取った者は8月2日までに名乗り出るように」
と呼びかけたところ、女性保育士が名乗り出ました。

調査では、92年ごろから今年7月にかけて、保育士が勤めていた保育所や幼稚園で32件、
計約1000万円の被害がありました。保育士はこのうち13件、
計74万8000円を盗んだことを認め、全額を弁済したようです。

教育委員会は「あってはならないことだ。処分を検討し、職場環境の改善などを進めたい」としています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月23日)|記事URL| あとで読む

[金庫破り」200件、被害1億円。名古屋の少年ら3名逮捕

愛知県警捜査3課と北署は21日、名古屋市中川区露橋、清掃業男(24)と同市北区の会社員の男(20)(犯行当時19歳)、
中川区の板金工の少年(19)を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕しました。

3人は今年1月以降、同市内の店舗や事務所で約200件の金庫破りなどを繰り返したことを認めており、県警では、
被害総額は1億円に上るとみて裏付け捜査を進めています。

5月29日未明、中川区舟戸町のスーパー銭湯で、出入り口のドアをバールでこじ開けて侵入し、事務室にあった現金約200万円などが入った耐火金庫を盗んだ疑いです。
3人は遊び仲間。3人とも別の窃盗事件で1日に逮捕され、余罪が分かったということです。

窃盗犯というのは再犯率が49%、刑法犯の再犯率が28.5%ですから、
いかに窃盗犯の再犯率が高いかがわかると思います。中には前科11犯以上という強者もいて2%にもなります。
平成18年の強者は188人でした。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年8月22日)|記事URL| あとで読む

1  2  3  4

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?