1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2007年7月

防犯ブログ

訪問看護先で窃盗

1日、訪問看護先の高齢者宅から預金通帳を盗み、現金を引き出すなどしたとして、愛媛県今治市の准看護師(29)とその夫(32)が窃盗容疑で逮捕されました。

調べでは、両容疑者は共謀し、昨年12月20日午前9時ごろ、無施錠で留守だった同市内の無職女性(94)方に侵入し、女性の普通預金通帳と印鑑を盗み、同日2回にわたって金融機関から現金計21万円を交付させた疑いです。

看護師が、訪問看護先に侵入して、預金通帳を盗み出す。
看護を受けているお年寄りの方からみれば、看護師も信用できないと思ってしまいかねない、非常に残念な事件です。
対策として、赤の他人を簡単に信用してはいけない・・・それではあまりにも悲しいですね。

どんなに優れた防犯 装置を設置したとしても、信頼すべき人が犯罪を犯した場合には難しい面があります。
防犯 は人である。「人は城 人は石垣 人は堀 なさけは味方 あだは敵なり」という武田信玄の言葉がありますが、やはり人以上の防犯 対策はないわけで、いかに信頼できる人の輪を構築するかということが防犯の最大のテーマではないかと思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年7月03日)|記事URL| あとで読む

ミャンマーの電線泥棒

金属の価格高騰を受け、日本でも各地で金属盗難が相次いで発生しています。
高騰の余波は世界にも広がり、最近は世界各地での金属盗難事件が報道されるようになりました。
今回は、ミャンマー(旧ビルマ)の主要都市ヤンゴンで起こる金属盗難事件が報道されていましたのでご紹介します。

この地方では停電が日常茶飯事で、一日20時間以上に渡って停電してしまうことが多く、その度に銅製の電線を盗む犯罪が多発しているようです。
しかし、この方法がいつも上手くいくとは限りません。
いつ電気が復旧するか分からない状態で電線に触っているため、運が悪いと感電死してしまう犯人もいるようです。
今年の4月には数件の盗難事件が発生しましたが、うち1件では16歳の少年が電線を掴みながら感電死しているのが発見されました。

また、電線泥棒の被害は通行人にも及び、犯人が切り取った電線の端が地上の水たまりに落ち、ジョギングしていた女性がこれに触れ、感電死した悲劇も起きているそうです。

長時間に渡る停電が原因で電線が盗まれ、さらに停電が長引く・・・日本では考えられない事態です。
それにしても、命と引き換えになるかもしれないリスクを背負って電線を盗むなんて、よほど高く転売できるのでしょうか。
なんにせよ、こういったハイリスクな事はやめてほしいものです。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年7月02日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?