1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2007年7月

防犯ブログ

重機窃盗団の手口

泥棒の盗むモノの中で、かなり大きなモノになるのが建設重機機材。
こんな大きなモノをどうやって??と思われますが、それを専門にする窃盗団もあるます。
7月初めに逮捕されたベトナム人窃盗団のその手口をご紹介しましよう。

逮捕されたのはベトナム国籍の会社役員A(36)
計160件、被害総額約12億2000万円相当の犯行を裏付け、実行犯の千葉県運送業の日本人B(40)らグループ8人を逮捕しています。

男らは平成15年10月から茨城、千葉両県を中心に、150台以上の重機や鉄板約500枚を盗むなど犯罪を犯しています。
ベトナム人A は日本人Bに盗む重機を具体的に指示。受け取った重機を解体して横浜港からベトナムに輸出、売却していました。
「重機は屋外にあるので盗みやすく、転売ルートも確保していた」などと供述しています。

 調べでは、18年7月31日、千葉県東金市の工事現場からパワーショベル1台(700万円相当)と鉄板20枚(180万円相当)を盗んだ疑い。
犯行ごとにグループを組み、合鍵を使うなどして重機を盗んでいました
Bは1回あたり数百万円の報酬を受け取り、海外旅行や遊興費に充てていたようです。

茨城県では18年、300台以上の重機盗が盗まれ被害件数は全国ワースト1。県警は防犯対策を呼びかけ、犯人検挙に力を入れていました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年7月31日)|記事URL| あとで読む

中国人留学生の窃盗団 1都8県 340件、1億3000万円

同じ大学の留学生でグループを組み窃盗を繰り返していたとして、警視庁捜査3課は、窃盗容疑などで、無職、男(26)ら中国人2人を逮捕しました。

男らは運転手役の日本人の男(41)=別の窃盗事件で起訴=と、大学で知り合った中国人留学生7、8人でグループを形成。捜査3課は平成17年2月以降、1都8県で約340件、被害総額約1億3000万円の「空き巣」や「車上狙い」を繰り返していたとみてグループの全容解明を進めています。

調べでは、17年5月18日、埼玉県加須市の男性会社役員(47)方の窓ガラスを割って侵入、現金8万円と指輪など計約90万円相当を盗んだ疑い。

逮捕された男26歳は14年に留学目的で来日したが大学を退学処分になっていました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年7月30日)|記事URL| あとで読む

ゴルフ店駐車場からクラブ盗難

25日午後7時ごろ、埼玉県新座市のゴルフ店に商品の補充に来ていたゴルフメーカーの男性社員(31)が「車からドライバーなどを盗まれた」と110番通報しました。

調べによると、同店駐車場に止めてあった営業車の後部の窓ガラスが割られ、座席とトランクにあったドライバーやアイアンなど新品のゴルフクラブ135本(721万円相当)が盗まれていました。

男性社員は午後4時半ごろに同店を訪れ、店内で約2時間半、商談をしていたということです。
新座署は窃盗事件として調べています。

自動販売機などの補充の為に、飲料水などの商品を無防備に外に置いたままで作業をしている人をたまに目にします。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年7月27日)|記事URL| あとで読む

地震被災の柏崎市などで窃盗多発

新潟県中越沖地震で被災した柏崎市や刈羽村で、震災後の混乱に乗じた窃盗 事件などが相次いで発生しています。
地震発生の16日から24日までに9件確認され、被害総額は約130万円にのぼっているということです。

柏崎市でオートバイ販売店を経営する男性は23日午前7時半ごろ、被災した店内を片づけようと出勤し、約5万円が入っていたレジスターが盗まれているのに気づきました。
店内を調べてみると、裏口ドアのガラスが直径30センチほどの円形に割られ、ドアは開いていたということです。
この販売店は地震で店内のオートバイ約150台が倒れるなどし、損害額は600万円近くにのぼるということで、男性は「苦しんでいる時に、こんなことをされて悔しくてたまらない」と話しています。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年7月26日)|記事URL| あとで読む

俺達 少年少女窃盗団。

会津若松署は21日までに、窃盗の疑いで16―19歳の少年5人と少女1人を逮捕しました。
逮捕されたのは福島県会津若松市、アルバイト少年(16)、同市、無職少年(18)、同市、清掃作業員(18)、同市、無職少女(18)、住所不定、本籍東京都、無職少年(19)、住所不定、本籍同市、無職少年(17)の6人です。

調べでは、6人は5月8日午後5時10分ごろ、同市のドラッグストアで脱色剤など計9点(4755円相当)を盗んだ疑い。
従業員の目撃情報から6人を割り出し、5月10日から今月21日までに順次逮捕しました。

その犯罪手口は?というと、17歳の無職少年が主犯格とみられ、6人は各々「見張り役」や「盗み役」などに分かれ、犯行に及んでいたというから、熟練した窃盗団顔負けです。

「犯罪の組織化」「犯罪の分業化」がここでも見られます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年7月25日)|記事URL| あとで読む

“強盗”の正体見たり…

深夜、屋内駐車場で起こった事件です。

ドイツ・ブッパータールで深夜、ある女性が屋内駐車場に車を取りにやってきました。
その駐車場には、女性の車の他にもバンが止まっていました。
しかし、よく見るとそのバンには強盗らしき人影が。不審に思った女性はすぐに警察へ通報。
ほどなく、武装した警官隊が現場に到着し、問題のバンを包囲しました。
ところが発見したのは、助手席に安全ベルトで固定された大きなビーバーのぬいぐるみでした。

警察広報は後日、『大きな前歯をむき出しにしたビーバーが、どうして人間に見えたのか理解に苦しむ』とコメントしたとか。

暗闇に対する恐怖は、程度は違えど誰もが抱えているのではないでしょうか。
暗い部屋に入った際、洋服が吊るされたりしていてもドキッとしますよね。
この女性の場合は深夜の駐車場。しかも、通常ならあり得ないシチュエーションで見たぬいぐるみ。
確かにこれは見間違えても仕方ないかな…なんて、ちょっとだけ同情してしまいました。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年7月25日)|記事URL| あとで読む

コンビニとタクシー会社が提携して 防犯 活動

沖縄ファミリーマートと沖東交通事業協同組合は12日、深夜の犯罪防止を目的に、タクシー待機場所の提供に関する協約を結びました。その 防犯 活動の内容をご照会いたします。

沖縄県内のファミリーマート39店舗にタクシー待機場所を設置。
午前0時から6時まで、タクシー乗り場として活用するとともにタクシー運転手が不審者を 監視 します。
犯罪 発生時には運転手とコンビニ店員が協力して被害者を救護、警察へ通報するシステムです。

青少年の深夜徘徊や飲酒、喫煙などに対しても声掛けを実施する予定です。

沖東交通事業協同組合の東江理事は「深夜はタクシーの実車率が低いので待機場所があるのはいいこと。
さらに 防犯 に役立てば」と効果を期待しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年7月24日)|記事URL| あとで読む

自転車盗難防止用ワイヤ錠

奈良県桜井署と桜井市防犯協議会は、市内の4市立中学校全生徒(1721人)に対し、自転車の 盗難 防止用「ワイヤ錠」を贈りました。
同署の贈呈式で、松木署長が4校生徒代表にワイヤ錠の目録を手渡しました。

市内の 自転車 盗難 は、今年上半期(1月〜6月)で計58件、昨年同期より11件増加しています。
被害者の約半数が18歳以下の少年となっています。

私がよく利用する駅前の駐輪場でも、自転車の 盗難 被害が頻発しています。
私も何度か 盗難 被害に遭いましたが、 盗難 防止用のワイヤ錠と、最初からついていた鍵を併用してからは全く被害に遭わなくなりました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年7月23日)|記事URL| あとで読む

大麻天国オランダのジレンマ

海外の麻薬(大麻)に関するニュースです。

オランダでは一定限度の大麻使用が認められているようですが、最近、大麻を販売する通称「コーヒーショップ」の数が激減しています。
防犯 上の懸念から、保守政権が締め付けを厳しくしているためのようです。

ところが、他の欧州連合(EU)加盟国からは、これが大麻吸引者の越境や大麻の流入を増やさないかと懸念しています。
大麻は適切に管理しうるという寛容政策を取ってきたオランダが“手綱”を締めるのも容易ではないというジレンマを抱えているようです。

ドイツとの国境沿いに建つエンシェデのコーヒーショップでは、若者たちがまるでアイスクリームを買うように、簡単に大麻を買っています。
薄暗い店内では、罪悪感もなく煙をくゆらせる中年男性も珍しくないようです。
同店を訪れる客は平日約50人、週末はその倍に及びますが、客の半分は大麻目当てにドイツから訪れる「ドラッグ・ツーリスト」だということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年7月20日)|記事URL| あとで読む

夏ならではの盗難事件?

九州地方は梅雨明けし、いよいよ夏本番となりましたね。
夏といえば、学校では体育の授業で水泳がありました。
苦手だった泳ぎがプールで泳げるようになると、早く海に行って泳ぎたい!と思ったものです。

ところがここ最近、“夏”を感じさせる 盗難 事件が立て続けに発生しているようです。

17日には岐阜県笠松町の町立笠松中学校で、女子生徒の水着72着と水中キャップ5つが盗まれました。
17日朝、登校してきた女子生徒が、教室にある個人の棚から授業で使う水着が
なくなっているのに気付き、教諭に報告。
男子生徒の水着も同様に個人の棚に保管されていましたが、被害はなかったということです。
個人の棚には扉や鍵はついてなかったようです。
同校は14日から16日までの連休中、部活動で登校する生徒のため開放されており、誰でも校内に入れる状態だったということです。
岐阜羽島署は、部活動の生徒が残っていた13日午後6時半ごろから17日朝までの間に盗まれたとみて、調べを進めています。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年7月19日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?