1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2007年6月

防犯ブログ

消えた夜間金庫カバン

元ピザ屋店長I絵さん
彼女が遭遇した内部犯行のお話です。

今回の主人公 K店の店長  キャバ 行男(仮称)くん
I絵さんは時々近隣店舗の店長が休みを取る為に店長の代わりとして違う店舗にヘルプで入っておりました。 
キャバ 行男くんの店舗にも行男くんを休ませる為に彼女は週1程度ヘルプで仕事をしていましたが、何日か仕事をしていて彼女はある事に疑問を感じておりました。

「毎日売上を保管する為の銀行の夜間金庫の専用のカバンが普通は5個程あるはずなのにここの店舗はかなり少ない・・・。」

彼女は不審に思って取引している銀行に、専用カバンを何個用意して貰ってるかを問合せてみましたが、カバンはやっぱり5個貸出中との事。前日入金した際に1個使ったとして残りの4個のカバンはどこへ消えたのでしょう・・・??

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年6月15日)|記事URL| あとで読む

懸賞金の額は?

西部劇の映画などでは決まって「WANTED」(指名手配)というのが出てきます。
賞金首に使われる常套句ですが、世界では、重要犯罪人に懸賞金がかけられるのは当たり前になっています。
例えば、イラクの元フセイン大統領には約27億円の懸賞金がかけられていました。

日本では、5月1日から公的に犯罪捜査に懸賞金をかける制度が始まりました。
これまでは、国費から懸賞金が出されていたわけではなく、警察OB組織や被害者遺族などによって捻出されていたようです。
しかし、犯罪捜査に効果があることや世論の流れなどから公的懸賞金制度が導入されたようです。

確かに、犯人を捕まえるための情報を求めるのに、その費用が国から出ないというのはおかしいですね。
この懸賞金の額はどのように決められるのでしょうか?

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月14日)|記事URL| あとで読む

押し入りは割りに合わぬ。

ドイツはベルリンにある科学博物館。とある晩、1人の男が押し入りました。

男は館内に侵入しましたが警報ベルが鳴り響き、警備員2人に追われて逃走。一時はうまく逃げおおせました。
ところがこの男、あまりにも急いだせいなのか逃走中、3メートルの壁をよじ登った際に右手中指の指輪を引っ掛けて指を切断、逃走後に“落とし物”を取りに戻り、警備員に手当てを頼んで逮捕されたそうです。

男は逮捕後に、「押し入りは割に合わないな」とコメントしたということです。
その後、病院で指をくっつけてもらおうとしましたが、うまくいかなかったようです。

割に合わない、というレベルの話ではない気がします。
結果的には逮捕されていますが、この男が物を盗んでから逃げたのか、それとも何もできずに逃げ出してきたのか、非常に気になります。

ちなみに切断した指を再度くっつける手術は難易度が高いようです。
切れてしまった指をあたためず、乾かさず、汚さない事が重要で、早急な処置をしてもらうほど再接着の確率は高くなるそうです。

この男のように、どんなに急いでも指を落としてしまう方はいらっしゃないでしょうが、人生何が起こるか分かりません。
皆様、くれぐれもお気をつけください。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年6月13日)|記事URL| あとで読む

被害者の執念

金属くず530キロを盗んだ長野市の会社員の男(54)が窃盗容疑で逮捕されました。
被害者の男性が盗まれた金属くずが転売されているのを発見し、逮捕につながったようです。

調べによると、男は1日午後10時ごろ、長野市富竹の金属加工業者の敷地内から、アルミ板などの金属くず530キロ(約7万8000円相当)を盗んだ疑いです。
敷地内に野積みされていたものをトラックで運び出し、市内の鉄くず業者に転売したということです。

被害者の男性は、今月2日に被害届を出す一方、自らも探し始めました。
複数の業者をあたったところ、被害品が転売されているのを見つけ警察に通報しました。

別の盗難事件でも、被害者の方がネットオークションで売り出されている被害品を見つけ、販売していた業者と連絡をとり、実際に会って業者を問い詰めたところ、業者が自分で盗んだことを認めた為そのまま警察に突き出した、というテレビの映像を見たことがあります。

被害者の方の執念を感じますが、誰だって自分の大事な持ち物を一方的に盗まれると、腹も立ちますし、なんとかして犯人を捕まえたいと思うのは当然ですね。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月12日)|記事URL| あとで読む

英国では年間85万5000台の携帯電話がトイレに流されている

なんとイギリスでは年間、85万5000台の携帯電話がトイレに落ちて流されているそうです。(日本での数字は不明です)

SimplySwichというサイトが調査した結果です。
イギリスの人口が6070万人くらいなので、約1.5%がトイレに携帯電話を落としていることになります。

また、携帯電話をなくす場所は、31万5000台がタクシー、22万5000台がバス、5万8500台が犬に持ってかれて、11万6000台がコインランドリーにて、だそうです。
タクシーやバス・・というのは理解できますが、そんなに多くの人がトイレで惨事に遭っているとは考えもしませんでした。

携帯電話の中には、友人や関係者の連絡先やメールアドレスなど個人情報も保管されており、携帯電話の紛失や消去などは大きな痛手です。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月11日)|記事URL| あとで読む

ストーカー被害

元ピザ屋店長のI絵さん

彼女は過去2度もストーカー被害に遭っておりました。
ストーカー被害に遭ってから人の本当の怖さを知り、今までが無防備過ぎた事を改めて感じたそうです。

1度目はマンションの1階に住んでいる時で、まったく知らない人からストーカーされ、夜中に頻繁にドアをノックされたり、毎朝起きたらカーテンの隙間から覗かれていたり、郵便はもちろん開封されていたり、いつも見張られ、いつ襲ってくるかわからない恐怖感・・・。

2度目は友人だった人からのストーカーで、携帯電話に異常な回数の着信やメール、行動パターンを知られていたので会社が終わる時間に会社近くや家の前で待ち伏せや、尾行など・・・。

ストーカーをする人は、自分が嫌がられてるとは思ってない事が多く、自分が部屋の前などで待っていたら彼女が喜んでくれる・・・など勝手な想像状態になって迷惑だとは考えてもいません。

I絵さんは2回とも迷惑だと言う事をしっかり意思表示し、無事ストーカーから開放されたそうですが、その時の恐怖は今でも忘れられないそうです。

ストーカー被害に遭わない為に・・・日頃から注意が必要です!!
もし被害に遭ってしまっても冷静に対処出来るように、情報収集をされておくことをお勧めします。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年6月08日)|記事URL| あとで読む

空き巣男、飛び降り骨折

住居侵入と窃盗の現行犯として逮捕された男(40)ですが、5日午後1時ごろ、福岡県那珂川町の男性ケマネジャー(49)宅の1階の窓ガラスを割って侵入し、現金2万円と指輪など8点(約56万円相当)を盗んだ疑いです。

外出していた男性が帰宅し、2階を物色中の男を発見。
男は2階から飛び降り数十メートル逃げましたが、飛び降りた際に左ひざと右足の指を骨折し、男性に取り押さえられました。

2階から飛び降りて骨折、さらに痛めた足のまま逃走する、想像しただけでも痛そうですね。
これに懲りて泥棒しようと思わなくなればいいですが、今度はうまくやるぞ!と念入りに計画を立てるようになってしまうと困りますね。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月07日)|記事URL| あとで読む

農村地帯の無施錠の家狙う

昨年、住居侵入と窃盗罪で公判中の男(37)が、10年にわたり、農村地帯の無施錠の家を狙って計620件の窃盗をしていたことが分かりました。
被害は現金だけで約2800万円、総額約5000万円に上ります。

調べでは、男は96年11月から昨年10月に逮捕されるまで、車中生活をしながら茨城県つくば市や筑西市など県内7市1町1村と、埼玉県川越市で窃盗を繰り返していました。

男は、無施錠の場合は物色した形跡が分からないようにしていたといい、筑西市の民家では5回も被害に遭ったケースもあったようです。
捜査側には手口が異なる別人による犯行に見えたということです。

又、夕食の時間帯に無施錠の玄関から侵入し、別の入口の鍵を開けておき、改めて深夜に忍び込む手口も使っていたようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月06日)|記事URL| あとで読む

「ドン・キホーテ」で2000万円万引き?

量販店の「ドン・キホーテ」で万引きを繰り返したとして、川崎市内の無職の男4人(少年)が窃盗容疑で逮捕されました。(6月4日毎日新聞より)
 
4人は昨年1月から今年3月末までに、横浜市、川崎市、同県相模原市内の3店で電化製品など約100件の万引きをし、金額は約2000万円に上るとのことです。

このニュースを知り、ドンキホーテに2000万円も万引きできる商品があることにびっくりしました。
確かに店内に商品は山積されていますが、一品一品はそれほど高い商品ではないような気きがしていたので、まさか2000万円もの大金になるとはびっくりです。

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2007年6月05日)|記事URL| あとで読む

奈良県の病院診察室で院長刺される

4日午前11時30分ごろ、奈良市今小路町の奈良公園中央病院1階の内科診察室で、診察中の院長(60)が、突然、入ってきた男に、腹部を果物ナイフ(刃渡り約10センチ)で刺されるという事件が発生しました。

駆け付けた奈良署員が男を取り押さえ、殺人未遂の現行犯で逮捕。院長は同市内の別の病院に運ばれましたたが、意識はあるということです。

男は病院の受け付けを通らずに診察室に入ったといい、警察では、院長を狙った動機を追及しているということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月04日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?