1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2007年6月

防犯ブログ

飲んだら寝るな 仮睡ドロ多発

路上や公園のベンチ、駅の構内で、酔った人が眠り込む姿を多く見かける季節になりました。

九州最大の繁華街・福岡市博多区中洲や、JR博多駅周辺では、毎年夏場、酔っぱらって眠り込んだ人から財布などを盗む「仮睡窃盗」が多発しています。
福岡県警博多署は「飲んでも街中で寝ないで」と注意を呼び掛けています。

「寝ているのでしめしめと思った」
・・・27日午前6時前、中州の遊歩道で酔っぱらって寝ていたアルバイト男性(27)のバッグから、男(57)が財布(現金175円入り)を抜き取る窃盗事件で、犯行を目撃していた飲食店従業員の男性(19)らに取り押さえられ、窃盗の現行犯で逮捕された住所不定、無職の男(57)は、調べに対してこう供述しています。

博多駅のコンコースでも今月上旬、バッグ(現金約2000円入り)を枕にして寝ていた会社員男性(58)が、バッグごと盗まれる事件が発生しました。
又、26日には博多区千代の路上で、自営業男性(41)が現金約23万円入りのバッグを盗まれました。

博多署によると、管内の仮睡窃盗の被害届は昨年1年間で110件。
うち70件が6月〜9月に発生しており「酔客が外で寝やすい夏場に増える」ということです。
今年もすでに21件の被害届が出ていますが、6月だけで8件を占めています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月29日)|記事URL| あとで読む

万引きした粉ミルクをネットで販売 2年間で900万円

また、少し変わった内容の万引き事件が発生しました。

万引きした粉ミルクをネットオークションで900万円以上売りさばいたとして、26日、滋賀県栗東市の無職の女(33)が窃盗容疑で逮捕されました。

調べでは、女は7〜11日、東近江、近江八幡、大津各市のドラッグストア計4店で、粉ミルク10缶(約2万5000円)を盗んだ疑いです。
盗んだ粉ミルクはすべてネットオークションに出品し、10缶1セットで販売していました。
2年間で少なくとも900万円以上を売り上げたということです。

女は、オークションで落札者が決まってから万引きを実行。ポイントカードを持っている店舗で万引きを繰り返し、少額商品を買って犯行をごまかしていたようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月28日)|記事URL| あとで読む

酒のつけ見返りに万引き協力、スーパー店員逮捕

千葉県松戸市の居酒屋経営の男(59)と、スーパー店員の女(44)が窃盗容疑で逮捕されました。

男の店でつけで飲食させてもらった見返りに、女が勤務先スーパーでの万引きに協力していたようです。
調べでは、男は4月9日、同市小金のスーパーでトマトや卵、ほうれん草など食料品25点(計約1万3000円相当)を万引きした疑いです。

スーパー店員の女は、男が商品を購入したようにレジを不正操作した疑いです。
昨年12月から同様の手口で十数回、計数十万円の万引きを繰り返したとみて、2人を追及しています。

女は、男が経営する居酒屋の常連客で、約30万円のつけがあり、「お礼がしたかった」と供述しているようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月27日)|記事URL| あとで読む

警察との結び付き

全国的に住民間の結び付きが希薄になり、地域の防犯力が低下していることから、和歌山県警は住民の家族構成を聞いたり、街頭犯罪情報を伝える「巡回連絡」に力を入れています。
田辺署でもアパートなどを重点的に行っており「地域住民と直接対話をすることで、防犯や事件の早期発見に生かしたい」と話しています。

地域内で住民同士が交流する機会は田辺市でも減っているようです。
最近は、都市部同様アパートやマンションで隣人の素性も知らない状況が増えており、隣室の住人が被害に巻き込まれても気付かないような事例が予想されます。
このため田辺署は、都市型の事件を想定し、巡回連絡を強化しています。

交番、駐在所の警察官が、担当地域の家庭や事業所を訪問して要望や緊急時の連絡先、家族構成を聞いたり、ひったくりなど街頭犯罪の注意を促したりしています。
道案内や災害時の安否確認にも役立てるようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月26日)|記事URL| あとで読む

消費者金融に押し入り強盗

 25日午前8時半ごろ、京都市伏見区にある「プロミス伏見桃山支店」で、出勤してきた女性店長(37)と男性店員(29)に、男が包丁を突きつけて店内に押し入り、2人を粘着テープで縛って「金を出せ」と脅しました。男は店員に金庫を開けさせ、現金約70万円を奪って逃走したということです。

 伏見署によりますと、犯人は2人を縛った後自分で金を探したが見つからず、男性店員のテープをほどいて金庫を開けさせ、金を受け取った後に再度テープで縛り直したようです。犯人が逃走した後、2人は自力でテープをほどいて110番通報しました。
 押し入った男は40〜60歳で身長は約160センチ。白色シャツにジーンズ姿で、ベージュ色の野球帽をかぶり、サングラスと白色マスクを着用していたようです。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年6月25日)|記事URL| あとで読む

タンス預金4000万円盗まれる

タンス預金4000万円を盗んだ男が逮捕された記事を見つけました。(毎日新聞 6/6)
借金返済に困ったということで知人の家をねらったとのことです。

タンスに4000万円!! あるところにあるのかと思いました。
しかし、なぜ知人宅に大金があることがわかったのでしょうか?
盗まれた本人が、知人にうっかりタンス預金のことを話したのか?
それとも、知人宅にお世話になった際、大金をチラッと見つけたのか?
そうだとすれば、大金を盗まれた本人も少し軽率だったのではないでしょうか?

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2007年6月22日)|記事URL| あとで読む

80歳のスイカ泥棒

20日午前1時15分ごろ、千葉県八街市の農家の男性(56)宅で飼い犬が激しくほえたため、
男性が不審に思って表に出てみると、自宅前の男性の畑から男が収穫直前のスイカを軽乗用車に運びこんでいるのを発見、110番通報しました。
男は船橋市の無職(80)で、掛け付けた県警佐倉署員に窃盗の疑いで現行犯逮捕されました。

調べでは、男(80)が盗んだスイカは17個で、2万5000円相当。
「自分の子供に食べさせたかった」などと供述していますが、数が多いことから、同署は換金目的の疑いが強いとみています。
八街市はスイカの産地として知られ、年間約1万6000トンを出荷しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月21日)|記事URL| あとで読む

放火−殺人−脅迫・・・犯罪の連鎖

保険金目的の放火事件で、非現住建造物放火の疑いで逮捕された自動車修理販売業の男(58)あてに「奥さんの件をばらされたくなければ現金を払え」などとする、脅迫状が計4通郵送されていたことが分かりました。
要求金額は3000万円にも上りますが、警察は「疑いが濃くなれば捜査する」として、当面は静観する構えのようです。

脅迫状にはいずれも、現金の受取人の名前と金額が記載されており、○○宛てに2000万円、××宛てに500万円、などと個人を名指しし、計3000万円を要求する内容のようです。

一方、男(58)は、03年1月に全焼した事務所の火災で得た、保険金約600万円について「会社に入れた」などと、接見した弁護士に話していることが分かりました。
また、「何もやっていないのにどうして逮捕されるのか分からない」とも話しているようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月20日)|記事URL| あとで読む

個人情報盗難・・・自宅保管の規則が災い

アメリカで起こった個人情報盗難に関する事故です。

オハイオ州の政府職員6万4467人全員の氏名および社会保障番号などが記録されたバックアップ用ストレージ(外部記憶装置)が、6月3日盗難に遭ったことが分かりました。
ただし、データはセキュリティがかかっているため、アクセスは非常に困難だということです。

バックアップ装置を載せていた州職員研修生の車が車上荒らしに遭い、その際装置も盗まれたようです。
同研修生の職場では、バックアップデータの1組を保管する規則になっており、研修生が自宅で保管するよう指示されていたようです。

オハイオ州知事は同職場における管理規則の即時中止を命じ、データ窃盗につながった事実調査を指示しました。

個人情報保護やセキュリティに関してはどの国よりも対策が進んでいるというイメージのあるアメリカですが、州政府の組織で、重要データを自宅で保管するような規則があったというのが驚きです。
データを守るための規則が災いした事故ですね。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年6月19日)|記事URL| あとで読む

意外な“武器”で強盗

強盗犯は恐らく、強盗する際には何かしら武器を持っている事がほとんどでしょう。
オーストラリアでこのほど、ノコギリエイの吻(ふん・くちばしのこと)を武器にした強盗事件が発生しました。

事件が起こったのは、クイーンズランド州南東部。トレーラーハウスに二人組の強盗が押し入り、中にいた40歳の男性をノコギリエイのくちばしで殴りつけました。ノコギリエイのくちばしは、先端部分がノコギリ状の軟骨になっており、周囲にはギザギザの皮歯がついています。
被害に遭った男性は背中や両手、両腕が傷だらけとなり、強盗が去った後で駆けつけた救急隊員により治療を受けたそうです。
“凶器”となったノコギリエイがたまたまトレーラーハウスにあったのか、はたまた強盗が用意して押し入ったのか。
この詳細は明らかにされていませんが、被害男性が被害届を取り下げたため、警察は捜査を取りやめたということです。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年6月18日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?