1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2007年2月

防犯ブログ

社長が女子トイレのぞき

26日、鳥取県米子市の建設業の社長(53才男性)が、のぞき目的の住居侵入容疑で米子署に現行犯逮捕されました。

容疑者(53)は、1月31日午後7時40分ごろ、のぞき目的で米子市米原の量販店の女子トイレに入った疑いです。個室下のすき間からのぞいていたのを利用者の女性に見つかり、徒歩で逃げたところをこの女性客に捕まりました。
容疑者は当初、「男性用が満室だった」と弁解しましたが、容疑を認めたようです。

鳥取県は、この建設業者を1ヶ月の指名停止処分にしました。
社長の行為が「処分要綱の『不正又は不誠実な行為』にあたる」と判断したためです。

社長の犯罪行為によって、会社が損害を被る、この会社の社員の方はどう思っているのでしょうか?
社長という社会的に地位のある人の行動とは思えないお粗末な事件です。

プライバシーの問題等ありますが、トイレの入口に防犯カメラを設置するなどの対策が必要かもしれません。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年2月28日)|記事URL| あとで読む

さい銭箱から434円盗難

三重県熊野市の花窟神社(はなのいわや)のさい銭箱から現金434円を盗んだ疑いで、住所不定、無職の男(47)が窃盗容疑で現行犯逮捕されました。

24日午後8時50分ごろ、宮司の方がさい銭箱を物色している容疑者を発見、110番通報しました。

花窟神社(はなのいわや)は日本書紀にも記されている日本最古の神社といわれており、古来からの聖地として、今も全国から多くの方が参拝に行かれているようです。

日本最古の神社 = 多くの人が集まる ⇒ さい銭箱に大金がある

ここまで考えて計画したとはとても思えませんが、それにしても434円の為に逮捕されてしまうなんて、何とも割の合わない犯罪ですね。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年2月27日)|記事URL| あとで読む

こんどは「給水菅の蛇口」。

今、茨城県が最も頭をかかえている犯罪といえば「金属盗難」ではないでしょうか?
青銅製の半鐘や道路の側溝にある金属製のふた(グレーチング)の盗難が多発していましたが、今度は水田の給水菅の蛇口が合計56個盗まれました。

蛇口は銅の合金製または鉄製で、多くは高さ約10センチ、直径約5センチ。1個1000〜5000円相当。
水田1区画ごとに設置されている給水管に付けられています。
冬場はほとんど使用されていないということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年2月26日)|記事URL| あとで読む

犯罪者に必要なこと

犯罪者に必要な事って何でしょう?
もちろん頭がいい(悪知恵ですね)事はそうですが、外見(容姿)というのも重要なポイントではないでしょうか。
見つからない、怪しまれない為にも犯罪者は、一見して分からないような外見をしている事が多いものです。
山形県で御用となった容疑者は、自身の体型がアダとなりました。

自分の勤務先である在宅介護支援施設に通っている女性の自宅に、金を奪う目的で変装して押し入ったものの、身長約180センチ、体重100キロを超える体形などから見破られ逃げていた男が23日、強盗未遂などの疑いで南陽署に逮捕されました。
 調べによると、この容疑者は22日午後6時ごろ、南陽市の無職女性(84)宅の無施錠の玄関から侵入。女性に包丁を突きつけて金を脅し取ろうとした疑い。マスクやサングラスで変装をしていたが、女性は「**さん?(容疑者の名前)」と声をかけた。それに驚いた同容疑者はそのまま逃走したという。
この女性は容疑者が勤める施設に週1回程度通っており、容疑者が施設への送迎などもしていたという事です。

週1回顔を合わせる相手宅に押し入るのも怖い話です。ただこの容疑者、思ったより自分が目立つという事を分かっていなかったのでしょうね。あまり人の事は言えませんが、塀の中でのダイエットをお薦めします。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年2月26日)|記事URL| あとで読む

鉄板1.8トン盗まれる。クレーン車を勝手に使用しての犯行

全国で銅や鉄製品が盗まれる被害が多発しています。

・17日静岡県富士川第一発電所で、廃材置き場にあった長さ1・5メートル、直径13センチ、重さ10キロの銅線8本(計1万4000円相当)(発電所のコイルとして使用していたもの)

・16日長崎県唐津市鎮西町申浦の海岸に設置してあったステンレス製の防潮扉3枚。扉は幅1メートル高さ80センチのものが2枚、幅3メートル高さ90センチのものが1枚。設置場所は約600メートルの範囲内という。被害額は計約170万円。

・茨城県内では常総、つくば、筑西市で半鐘が盗まれる事件が相次いでいます。

そして愛知県津島市莪原町の運送業の敷地内で、保管していていた鉄板(縦約6メートル、横約1.5メートル)約100枚(被害額約1900万円)が盗まれていたことが22日、分かました。

鉄板1枚約1.8トンで被害に遭った総重量は約180トンで、大型車が作業現場を通行する際に使用するもので、屋外の敷地に山積みされていました。

19日午前8時から20日午後8時までの間に、敷地内に止めてあった同社のクレーン車が勝手に使われた形跡があり、この間に、被害に遭ったとみられます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年2月23日)|記事URL| あとで読む

どうしてもパチンコをしたかった・・・

20日、静岡県浜松市のパチンコ店で、バッグを盗んだ介護職員の女(56)が窃盗容疑で逮捕されました。
バッグを盗んだ後、バッグの中の出玉シートを玉に換えてパチンコをするために店に舞い戻り、そのまま“御用”になりました。
「どうしてもパチンコをしたかった・・・」と供述しているようです。

20日午後2時ごろ、浜松市中瀬のパチンコ店で、市内の無職女性(71)の手提げバッグを盗み、一旦店外へ出た後、財布から現金6万8千円と出玉4400発分のレシートを抜いてバッグを捨て、約6時間後に再び来店しました。

玉に換えようと、パチンコ店の女性店員にレシートを差し出したところ、印字してあった日時などから盗まれた物と見破られたようです。
容疑者は店の常連で、浜北署員は「レシートを出さなければ、こんなに早く捕まらなかっただろうに」と話しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年2月22日)|記事URL| あとで読む

防犯対策は万全のはずが

オートロックに警備員が常駐。万全な防犯対策を売りにしていた、いわゆる”億ション”に忍び込んだのはなんと、3人の少女でした。
東京・荒川区の”億ション”に侵入したのは、同区に住む16歳の少女2名と中学3年生(14歳)の少女の3人です。
この3人は遊び仲間で、大声で騒ぐことからファミリーレストランへの出入りを禁止されており、「ほかに行くところがなく寒かったので忍び込んだ」と供述しているということです。
このマンションは28階建てで、高層階の分譲価格が1億円以上。オートロックや警備員が常駐するなど「防犯は万全」と販売会社も強調していたようですが、この3人は自動ドアをこじ開けたすき間から手を入れてセンサーを反応させて侵入し、ロビーの絨毯(15万円相当)を「自宅で使おう」とはさみで2枚に切って持ち出そうとしていたということです。

オートロックに警備員常駐。最近のマンションはこういったスタイルが増えてきています。
しかしそれだけではなく、外からも侵入することをためらわせ、狙いの対象から外す「抑止力」「威嚇・撃退力」に重点をおいた対策が必要です。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2007年2月21日)|記事URL| あとで読む

半鐘の盗難が相次ぐ 茨城、栃木県

茨城、栃木県内の火の見やぐらなどにつるされた半鐘の盗難が相次いでいます。

 茨城県では20日、新たに9個盗まれていたことがわかり、栃木県と合わせた被害は計35個。
両県警は連続窃盗事件として捜査、消防団などは半鐘を取り外したり、ワイヤを取り付けるなどの対策に追われています。金属の価格高騰を背景にした転売目的の犯行とみられています。

 茨城県では結城市やつくば市など、県南西部を中心に8市で計24個、県境を接する栃木県小山市、野木町、藤岡町でも計11個が盗まれた。大半が消防団や自治会などが管理する郊外の火の見やぐらにつるされていた青銅製の半鐘で、被害額は茨城分が約280万円、栃木分が約180万円。

まさか半鐘が盗まれるとは、今まで誰も思っていなかったことから、ニュースなどで知って確認したら盗まれていたというのが多く、いつ盗まれたかも特定できないケースも多いようです。
もはや、「どんなものでも盗まれる時代」と考えた方がいいと思います。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年2月21日)|記事URL| あとで読む

警察官名乗る不審電話

17日に三重県伊賀市内で、警察官を名乗る男から、個人情報を聞き出そうとする電話が7件あったようです。

伊賀署は内容が似ており、同じ時間帯に集中していることから、同一人物によるものとみており、「不審な電話では、警察官を名乗っても安易に個人情報を話さないでほしい」と呼び掛けています。

電話は17日午後5時〜7時半頃、伊賀市ゆめが丘や平野地区でありました。
いずれも男の声で伊賀署に実在しない「防犯課性犯罪担当」などを名乗り
「下着盗の被害に遭っていませんか。勤め先や帰宅時間を教えて下さい」
「46歳の覚せい剤中毒の容疑者を捕まえた。住所や名前を書いたメモを持っており、ピッキングで侵入したと話している」

などと話したようです。

電話のナンバーディスプレーには「公衆電話」と表示され、夫などの男性に代わると電話は切れました。
7件のうち、1件だけ個人情報を流してしまったようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年2月20日)|記事URL| あとで読む

被害が出てから対策?・・カラオケ店の火災対策

1月20日に兵庫県宝塚市のカラオケボックスで8人が死傷した火災を受けて国や自治体が防火対策の調査を開始したことで、全国のカラオケ店や飲食店が消火器の設置など火災対策を見直ししています。

注文が店舗や一般家庭より殺到し、ある消火器メーカーでは注文急増で5割の増産体制に入っているようです。 

衝撃的な火災ニュースを見た視聴者の防火意識の高まりから、消火器だけでなく、住宅用火災警報器も販売が伸びています。大手カラオケチェーン店では、各部屋に消火器の追加設置を考えているところもあるようです。

国土交通省と消防庁は1月23日、全国のカラオケボックスを対象に、防火対策状況の緊急点検を開始。
国交省は排煙設備の設置など建築基準法に適合しているか否かを確認、違反があれば是正させるよう求めています。
消防庁は消防法上の違反の有無などを調査中。兵庫県の各消防本部が実施した調査ではカラオケボックス221店舗の82%に当たる181店舗が消防法に違反していることが分かっっています

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2007年2月19日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?