1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2006年10月

防犯ブログ

買い物用カート80台を盗む

世の中どんなものでも換金できる・・ということでしょうか?
スーパーマーケットで、買い物に使用するカート80台を盗んだ男49歳が逮捕されました。

男は、定休日の滋賀県長浜市の食料品スーパーに行き、駐車場そばに置いてあった買い物用のカート80台を持ち出し盗みました。
80台をどうやって・・?と思いきや、トラックで運び出しているところを見ると、計画的犯行と断定できます。
たぶん、以前より定休日にどこにカートが置かれているかなど調べていたのでしょう。

自身も100円均一雑貨店を経営している男は、店の取引先の問屋に商品の仕入れ代金と引き替えに1台3000円で渡したとのことで、あんなカートが換金できるというのも初めて知りました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年10月31日)|記事URL| あとで読む

未成年とは?

滋賀県で5月に発生した侵入窃盗事件で東近江署は、窃盗の疑いで滋賀県東近江市の工員(18)、同(16)、飲食店店員(19)の少年3人が逮捕しました。

調べでは、3人は5月4日未明、東近江市東沖野3丁目の金属加工会社の事務所に侵入。
事務所内にあった現金6万7000円やネックレスなど33点(時価合計92万2100円)を盗んだ疑い。

同署によると、少年らは盗んだことを友人らに話していたという。

盗んだことを人に話す、これは悪いことをした・犯罪を犯したという意識がなく、非常に恐ろしい状態です。おそらく自慢話として話していたのでしょう。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年10月30日)|記事URL| あとで読む

「盗電」 電気を盗む。

「窃盗」の対象は現金や貴金属や商品などだけではなく自動車、家電製品や仏像、銅線材・・と身の回りのものがほとんど対象となる時代ですが、いずれも「目に見えるモノ」ですよね。
ところが最近新聞などを良く読んでいると、「電気」を盗む「盗電」というのがあり、逮捕された・・といった記事を見つけることができます。

携帯電話で彼女と通話中に電池が切れそうになり勝手に電柱から充電したり、勝手に店のコンセントから充電したり・・といった犯罪とは意識せずに行う場合ばかりかと思いきや、計画していっているものも多いのです。

 15日、函館でイカ釣りに必要な照明器具の電源を得るため、北海道函館市が管理する岸壁の水銀灯から電気を盗んだとして、トラック運転手の男(41)が逮捕されました。
 調べでは、男は同日午後5時ごろから約40分間、函館港北ふ頭正面岸壁にある水銀灯の安定器に電気コードを接続。コンバーターで100ボルトから12ボルトに変圧し、12ボルトの80ワット電球2個を付けたさお立てにつないで点灯させ、同市の電気を盗んだ疑いです。

外国に目を向けると「盗電」のスケールは大きくなります。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年10月27日)|記事URL| あとで読む

油断大敵!どろぼうにまさか!は無し。

先日の10月23日のニュースを見て一言掲載します。
今年も山形県で農作物(玄米)倉庫からの盗難事故が発生しました。いわゆる米泥棒です。
昨年も一昨年も騒がれていた「農作物盗難事件」を真剣に考えていなかったのでしょうか?
その証拠にこの組合長は「町内でもコメが盗まれた話はこれまで聞いたことがない。」と話しておられます。

しかし、何度もこの防犯ブログでもお話ししていますが、どろぼうは「ここは油断しているから確実に盗める!」と判断した場所があれば必ず狙ってきます。
又、「分かりにくい場所にあるのだか・・・」とも話されていますが、これも判断が甘いと思います。
反対に考えれば「人に分かりにくい場所=人に発見されにくい場所」とはならないでしょうか?

どろぼうは人に見つかることを非常に嫌がります。(ある意味当たり前ですが)
発見されてしまえばそれ以上どろぼうをする訳にはいきません。このことはよく考えないといけません。

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2006年10月26日)|記事URL| あとで読む

孫の預金1540万円を流用した祖母は罪になるのか?

15歳の少年の預金口座からおばあちゃんと叔父さんとその奥さんとが1540万円も流用したという事件が発生しました。
祖母は少年の財産を管理する「未成年後見人」をしていましたが、「親族相盗」を適用せず>、「業務上横領罪」が適応されました。

「親族相盗(しんぞくそうとう)」といって、直系血族・配偶者・同居の親族による盗犯の場合は無罪または刑が免除され、その他の親族では親告罪となると法律では規程されています。

祖母というと「直系血族」ですが、「未成年後見人」をしていたため、「未成年後見人」の立場でお金を使い込んだという「業務上横領罪」が適応されたのですね。

なんか法律のお勉強のようにややこしく、そして「火曜サスペンスドラマ」の中のできごとのようです。少年は亡くなったご両親から財産を受け取っているんですよね。
預金から1540万円流用とありますから、かなりまとまった金額なのかも知れません。本来後見人としてこれから少年の将来を支えるべき存在である祖母と、親族が・・・と思うとかわいそうですね。
これから彼は人を信じることができるのでしょうか?

お金は無いよりはあるほうがいいのかもしれませんが、この場合まとまったお金がなかったらこんなことにもならなかったのかも知れず・・と考えてしまいました。

この少年が、お金に対して、又人に対して偏見を持たず、いい人生を歩んでほしいと思わずにはいられません。

先日は、度重なる自分の息子からの脅迫によるお金の無心に「度を越えている」と母親が警察に通報したケースがありました。
いずれにしても、血は水より濃いし、されど・・・ということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年10月26日)|記事URL| あとで読む

「窃盗症」って知っていますか?

窃盗症(せっとうしょう)ってご存知ですか?
経済的な理由など一見して他人に理解できる理由ではなく、窃盗自体の衝動により反復的に実行してしまう症状を言うそうで、精神疾患の一種だということです。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア』より抜粋)

「利益のための窃盗」ではなく「窃盗のための窃盗」といわれます。

その衝動により窃盗行為を行い、実行時に緊張感を味わい、成功時に開放感・満足感を得る。
窃盗の対象物や窃盗の結果に対しては関心がなく、一般にはほとんど価値がないものである場合も多く、盗品は、廃棄・未使用のまま隠匿・他人への譲渡の他、まれには、現場に返却される場合もあります。

その原因はうつ病や性的虐待・性的葛藤との関連づけが試みられており、摂食障害や月経等との関係が注目されているそうです。

防犯の仕事をしているといろんな泥棒の事例を知る機会があります。
「なぜ泥棒をするのか」という原因を考えると、最も多いのがやはり「手っ取り早くお金が稼げる(と考えている)」ということです。
「経済的理由」といってもお金が目的であり、貧しくて食べるのにも苦労して・・といった理由での窃盗はほとんどなく、働くことができるだけの体力もあるのに「窃盗」を職業?に選択してしまったのでしょう。
外国人の窃盗団はまずこのタイプといっていいと思います。日本との貧困の差がそれに拍車をかけています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年10月25日)|記事URL| あとで読む

『水木しげるロード』で犯罪発生

妖怪好きが高じて、先週末に鳥取県境港市にある『水木しげるロード』に行ってきました。
金曜ということもあり、思ったより人が少ないように思いましたが、気兼ねすることなく散策できてよかったです。

ちょうどその日、2件の事件が発生していたという事をニュースで知り、驚いたので紹介したいと思います。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2006年10月24日)|記事URL| あとで読む

[オタク狩り」「メイド狩り」

[オタク狩り」「メイド狩り」・・・ってご存知ですか?

9月には秋葉原の「オタク」ばかりを狙っての強盗が発生しました。
なぜ「オタク」を狙ったか?というと「彼らは弱いし金を持っているから」との答が犯人の私立高校生よりかえってきていました。
秋葉原一帯では3年ほど前から恐喝事件が増え始め、今年は約25件発生しています。

そして今度は「メイド狩り」
メイド喫茶というメイドのコスプレを従業員がしている喫茶店がJR秋葉原駅前に集中しているようですが、そのコスプレで駅前でビラを配っていた女子大生が男に刃物をつきつけられ強制わいせつされた被害が数件おきており、それを「メイド狩り」と呼ぶそうです。

電気街から新しい街に変貌していく中で発生している今回の犯罪。
名称はマスコミが勝手につけたユニークなものですが、実態は弱者を狙った悪質な犯罪です。

昔に秋葉原界隈で「電気小僧」をしていたAさんによると「昔は秋葉原と云えば、東洋一(いや世界一)の電気製品の販売店が軒を連ねていたのですが、今は郊外の電気量販店や通信販売業者に押されて売り上げが低迷しているようですね。そんな時代を生き残る為に新しい商売を展開してきているのでは?
『オタク』がマニアックなのは昔からだけど、そんな『オタク』が自分達を癒してくれるメイドに興味をもって、またマニアックになってきているのではないでしょうか?私は昔の秋葉原が戻ってきてほしいですよ。」と話しています。

世の中、弱い者に対しての「いじめ」「恐喝」「強盗」などが絶えません。完全に撲滅させることは無理だと思いますが、「オタク」や「メイド」をしている人達ももう少し毅然とした態度・行動をしてもらいたいもので。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年10月23日)|記事URL| あとで読む

「50〜60歳代」の男性の万引きが急増。

産経新聞にちょっと気になる記事がありましたのでご紹介します。
「50〜60代の男性の万引きが急増している」というのです。
警察庁の調べによると、昨年までの10年間で50代の万引検挙人数は、7700人から1万4600人に、60代は7300人から1万5500人に倍増。約2倍近く伸びているんです。
万引き総数が7万4700人から11万3900人に増えていますが、その伸び率は目立っています。

多くが1000円にも満たない日常雑貨を万引き、財布の中にはお札が詰まっており、「なぜそんなことをしたのか説明ができない」と捕まって話す男達は、社会的地位のある人が多いといいます。

●5月下旬、富山市内のホームセンターでNHK富山放送局長(54)がボールペン、カミソリ、整髪料…いずれも1000円に満たない品物ばかりを万引き。停職3カ月の懲戒処分を受け、退職願を提出。

●警視庁公安2課長(55)は5月末、東京都八王子市内のホームセンターで、瓶入り塗料2本(計約800円相当)を万引し、駐車場で警備員に見つかった。警視庁幹部である同課長は「なぜこういうことをしたのか説明できない」と話したという。停職1カ月の懲戒処分後、辞職。

2人とも、年収は1000万円をくだらない安定したエリートでした。それなのに、わずか数百円の商品のために、人生を棒に振ってしまいました。

なぜ、50〜60代の男性で万引きが急増しているのでしょうか?
いろいろな人がいろいろな説を話しています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年10月23日)|記事URL| あとで読む

銅線窃盗 闇の密輸組織存在か?

銅の価格が高騰していることで、全国で銅くずや銅線を狙った窃盗事件が発生しているということをこのブログでもお伝えしてきました。

●北海道で6〜8月に夕張市など5カ所で電柱の電線が切断され、全長約2000メートルにわたって盗まれ、周辺の街路灯が停電する被害が出た。

●9月には兵庫県高砂市で公園の地下に埋め込まれた銅線の電気ケーブル約1500メートルのうち約1200メートル(約870万円相当)が盗まれた。

電線を切断して持ち去るなどの大胆な手口以外にも、資材置き場などから盗んだり、道路の蓋などを持ち去ったり、ビニールハウス内の設備を持ち去ったりといった犯罪が日本各地で多発しています。

こうした中で、7月末に室蘭港で寄港先の茨城・日立港から盗んだ銅くず約2.6トン(約260万円相当)を中国に密輸出しようとして、パナマ船籍の貨物船の乗組員の中国人14人が道警に逮捕されました。中国人船員は「中国では電線用の銅が高く売れるので、盗んで売るはずだった」と供述。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年10月20日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?