1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2006年6月

防犯ブログ

大規模強盗団の犯行だったカリスマ美容外科長女誘拐事件

東京都渋谷区で美容外科医池田優子さん(47)の長女で明治学院大4年果菜子さん(21)が誘拐された事件の犯人は、船橋市や静岡県国市の現金輸送車強盗事件や静岡県パチンコ店強盗などにも関与している大規模強盗団のメンバーであった疑いが強いことが判明しました。強盗団は20人前後が離合集散を繰り返し、千葉、埼玉、栃木、静岡県などで10件前後の強盗を重ねていたとみられています。

犯人たちの手口は、拳銃や刃物を使い、非常に荒っぽいもの。
今回の誘拐にも、拳銃に消音器、包丁2本を持参し、入念に 「武装化」していました。
又、自分たちで用意した携帯電話2台と果菜子さんの携帯電話を組み合わせて、優子さんに電話をかけることで、車で果菜子さんと行動を共にしているかのように装っていた可能性が高いようです。

日本人、韓国人、中国人と国籍も経歴も違う犯人の3人はこの誘拐事件において、それぞれの得意分野を活かして役割分担がされていました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年6月30日)|記事URL| あとで読む

試乗装い鍵すり替え 展示車70台窃盗

福岡・佐賀両県警は試乗を装って展示場から高級車を盗んだとして、28日、窃盗の疑いで元指定暴力団山口組系組幹部など元組員や親交者計8人を逮捕しました。

このグループの犯行手口は初めて耳にしたものです。

窃盗団は、犯行数日前に客を装って展示場に来店。
「試乗」ということで鍵を受け取り狙った車に乗り込み、ドライブ。

そして試乗した際に車の鍵を盗み、準備していた別の鍵とすり替え、鍵の盗難がばれないよう偽装していたということです

そして後日、深夜に展示場に侵入して、盗んだ鍵を使用して車を発車させ、盗み出していました。

狙った車はポルシェやセルシオといった高級車。
福岡県内などの暴力団からの“注文”に応じて犯行を実施していたようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年6月29日)|記事URL| あとで読む

郵便ポスト盗難。世の中にはこんなに変わったものが盗まれています。

泥棒が盗むものというと、現金、貴金属・・・ちょっと防犯通な人ならパソコンと答えるかもしれません。

でも調べてみると、とんでもない変なものを盗む泥棒がいるのですよね。
今月27日鹿児島鹿屋市の歩道植え込みから郵便ポスト1基がなくなっていました。

ポストは、支柱に赤い箱(縦54センチ、横33センチ、奥行き40センチ)が載った標準タイプで、高さ1・35メートル。支柱はコンクリートで地面に固定されていたましたが、コンクリートごと引き抜かれていました。
支柱などを含めた総重量は40〜50キロ!!
何のために?? もしかして投函してしまった郵便物(ラブレター?)を返して欲しいためかなあ・・・?などと想像してしまいました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年6月28日)|記事URL| あとで読む

[カクメロ]四角いメロンが農業高校の温室から盗まれる

「カクメロ」 って見たことありますか?「カクメロ」とは渥美農業高校の生徒が研究・栽培した四角いメロンのこと。温室野菜専攻の生徒が4年前に考案し、地元のJAと共同で栽培技術に関する特許を出願中。四角いから切りやすい、置きやすいというメリットもあるということで注目を浴びていました。

その「カクメロ」が盗まれてしまいました!!

26日午前8時ごろ、愛知県田原市加治町の県立渥美農業高校で、温室で栽培している四角いマスクメロン「カクメロ」などメロン7個と木の苗木30鉢が盗まれているのを、出勤した教諭が見つけ、県警田原署に届けました。

カクメロは7月10日から1個1万円で注文販売する予定でした。

温室はガラス張りで、換気用の窓(90センチ四方)に鍵がかかっていませんでした。23日夕方から26日早朝にかけて何者かが侵入したと警察では考えています。 型枠をつけたままのカクメロ27個のうち4個とマスクメロン3個が切り取られていました。

これ以外にも農作物の盗難は今年も農家を苦しめています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年6月27日)|記事URL| あとで読む

「学校の成績」だけで人生を投げ出さないで

奈良で発生した母親と幼い二人の兄弟を放火殺人した事件には,なんともやりきれない気持ちで一杯です。
両親と同じ医師になることを過度に期待され、プレッシャーを感じていたという長男が、家庭内で孤立感を募らせた結果、異常な破壊衝動に至ったとみられています。

小学校時代から成績優秀だった長男は、性格も明るい人気者でしたが、奈良市の中高一貫の進学校に入学後は、成績が振るわず、教育熱心な父親からたびたしかられ、暴力も受けていました。父親は勉強部屋を“ICU”と呼び、夜中まで付ききりで長男に勉強を教えていたことも判明しています。

 先月の中間テストで英語の点数が思わしくなかったのに、父親に「できた」と伝え、「あとでうそがばれると思った」と長男は答えています。事件があった20日午後、長男の通う高校で父母に成績を伝える保護者会が開かれる予定で、このことが犯行につながった可能性があるとみられています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年6月26日)|記事URL| あとで読む

またまた、郵便局で強盗発生!

本日(6/23)、新潟県内の郵便局で強盗事件が発生したのと新聞記事を見ました。凶器として包丁(刃渡り約30センチ)を局長に突きつけ、現金1100万円を奪って逃走したもようです。
詳しくはニュースを見て頂きたいのですが、この郵便局強盗は昔から時々発生していますが、郵便局は局員が少なく、今回も午後0時半に発生しており、ちょうどお昼休みの局員が一番少ない時間を狙って犯行が行われています。どうしても局員だけでは対処出来ないケースが多く、警備員を配置されている場合も多くあります。

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2006年6月23日)|記事URL| あとで読む

学校の防犯体制の整備が進んでいるようです。

 今月21日、文部科学省の調査で、全国の幼稚園・小中高校の半数が防犯カメラなどの「監視システム」を設置していたことがわかりました。(2004年度末)子どもが被害に遭う事件が相次ぐ中、学校関係施設では、ボランティアが通学路の巡回などを行うところも増えており、着々と防犯体制の整備が進んでいるようです。

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2006年6月22日)|記事URL| あとで読む

コンビニやスーパーの食品に針混入被害全国で相次ぐ

「コンビニのケーキに縫い針=49歳男再逮捕−千葉」という見出しの記事がありました。
無職の男は船橋市のコンビニ店内で、長さ4センチの縫い針をパウンドケーキに混入した疑いで逮捕されており、先月から同じ店で3回同様の犯行を重ねていた疑いがあります。 

ここ数ヶ月で全国で数十件は針混入事件が発生しています。
かなり増えているという印象があります。

その背景には、「むしゃくしゃして」といった自己の感情のはけ口に犯行したものや、「以前その店との間に何らかのトラブルがあり(勝手に犯人がトラブルと感じているものもある)、嫌がらせに」といった理由の犯行、「おもしろい」といった針混入で店が困ったり、誰かが傷つくのを楽しむことが目的の犯行もあります。

いずれにしても、犯人はかなり屈折した精神状態であり、対象となっている物も、パン、焼きさば、から揚げ、生肉、カツといった食品や、洋服、下着、ふとんにまで及び、対応するお店の方も大変な負担になっていると思われます。

対策としては、
・売り場の店員、警備員による見回りを頻繁に行う。
・監視カメラ設置により死角をなくす。
・陳列棚の位置などを考慮し店員の目につきやすい状態にする。
・金属探知器で検査する。
・店員によるお客様へのご挨拶など声かけの徹底
などがあります。

金属探知器に関しては、大手スーパーなどで導入が進んでおり、実際に針の混入を検知するとともに、お客様に検査しているところを見せることで安心感を感じてもらえるという面もありますが、犯人に対しても抑止効果があります。

店側の「犯罪は許さない」という強固な姿勢と店員のお客様への接客時の声かけ、死角をなくすためのレイアウトと監視カメラ、金属探知器といったハード、ソフト両面からの対策が必要です。

# 異物混入対策 【セキュリティハウス】
監視カメラシステム 【セキュリティハウス】

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年6月21日)|記事URL| あとで読む

「忍者のごとく」天井裏から忍び込み

大阪 堺市のポルタス・センタービル10階の通信機器販売会社事務所で、社長室の金庫(幅、奥行き各50センチ、高さ80センチ)が壊され、売上金6300万円がなくなっているのを、出勤してきた女性従業員(22)が見つけ、警察署に届けました。

この窃盗被害、金庫内に6300万円も入れていたというのもびっくりしますが、犯人の侵入の方法にも驚きます。

ビルは16階建てのオフィスビルで、夜間は出入り口が1階と地下1階だけになり、キーカードがないと入れないシステム。
事務所のドアは施錠されていましたが、事務所内と、事務所外側廊下の天井ボードがそれぞれ一枚ずつ外されており、犯人は廊下から天井裏を伝って忍び込んだと見られています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年6月20日)|記事URL| あとで読む

ぺ・ヨンジュン仮装用マスクで窃盗カードで現金引出し

ヨン様人気は、犯罪の世界まで??という犯罪が発生しました。

16日窃盗容疑で逮捕された接骨院経営男55歳は、経営する接骨院で腰痛の治療をしていた市内の女性(79)のバッグからクレジットカードを盗み、市内の銀行で現金自動出入機(ATM)から計50万円を引き出した疑いで逮捕されました。

男は防犯カメラに顔が映ることを恐れ、犯行の数日前に韓国の人気俳優、ぺ・ヨンジュンを模したとみられる仮装用マスクを購入し、ひげを自分で書き込み、そのマスクをかぶってATMから現金を引き出ししていました。

「借金があり、生活が苦しくてやった。顔がばれてはまずいとマスクをつけた」とのこと。

しかし、防犯カメラに映っていたがっしりした体格から被害者が同容疑者と見破ったということです。

今年2月にも3回、同じマスク姿で現金計約110万円を引き出す姿が銀行の防犯カメラに映っており、警察では関連を調べています。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年6月19日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?