1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2006年4月

防犯ブログ

気の弱い店員の日狙いコンビニ商品・売上を盗む。店員怖くて言い出せず

「気の弱い店員の日狙う」 少年9人逮捕、店は閉店

コンビニエンスストアの強盗に関して、犯人は下見時に自分より弱そうな店員の日がいつなのかを調べてその日に犯行に及ぶという話を聞いたことがあります。

実際にコンビニエンスストアにて発生した窃盗事件に関して、共同通信に掲載されていましたのでご紹介いたします。

警視庁少年事件課は28日までに、集団でコンビニに押しかけ品物や売上金を盗んだとして、窃盗の疑いで東京都練馬区の無職少年(16)ら15−16歳の少年9人を逮捕しました。
少年らは「気の弱そうな店員のいる日を狙った」と話し、同じ男性店員(27)が勤務する木曜日の夜ばかりを狙って、昨年8月ごろから数十回の犯行を繰り返していました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年4月28日)|記事URL| あとで読む

またも学校に不審者侵入。小学生連れ去り未遂が校庭で。

小学校で男児連れ去り未遂、ナイフ突きつけ 奈良・川西

朝日新聞にたった今掲載されたニュースです。
28日3時間目と4時間目の間の休み時間に、奈良県川西町結崎の町立結崎小学校(児童数394人)の校庭で小学1年生の男子児童が男に連れ去られそうになった事件が発生しました。
幸いにも男児は逃げて無事でした。

児童は教師に「知らないおっちゃんに『来い』と言われて手を引っ張られた。ナイフを持っていた」と話しているということです。

同小は高さ約1.2メートルの鉄製門扉の校門は閉めていましたが、警備員はおいていなかったということで、監視カメラやインターホン、侵入検知センサーの有無は新聞には記載されていませんでした。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年4月28日)|記事URL| あとで読む

ソウルのドジ泥棒。マンション屋上から宙づり、力尽きSOS

建物屋上から宙づり、力尽き救出された窃盗未遂犯

こんな見出しで朝鮮日報に報じられていた韓国版ドジ泥棒をご紹介しましよう。

25日のあさ7時15分。23階建てのマンションソウル西大門区峴底洞のKマンション。
朝の巡回に朝の巡回に当たっていた警備員のヤン某さん(60)は、頭上から聞こえてきた助けを求める声に驚かされた。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年4月28日)|記事URL| あとで読む

いのちはモノじゃないんです

先日、警察庁より発表されました平成17年度の犯罪情勢によりますと、全体の犯罪認知数は減少しているようです。
しかし、ここ最近のニュースを見ていると陰惨な事件が多く、よく言われる「体感治安」が悪い、という事を実感しています。

本日の沖縄タイムス、琉球新報に気になる記事が載っていました。

「沖縄の小学校でウサギ13匹が撲殺される」
 

26日午前7時半ごろ、沖縄県南城市の玉城小学校の飼育小屋の周りで、ウサギ13匹が死んでいるのを登校してきた児童が見つけ、教諭を通じて与那原署に通報した。
 与那原署によると、ウサギは体の骨を折られており、棒のようなもので殴り殺されたとみられる。同署が器物損壊の疑いで調べている。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2006年4月27日)|記事URL| あとで読む

盗聴・盗撮で空き巣に狙われる

転勤、入学など引越し時に注意が必要なお話。
賃貸住宅などで、電話の子機、送風孔、ドアポストなどに盗聴器などが仕掛けられており、旅行や買い物に出かけるという会話の内容が筒抜けになったり、テレビショッピングの電話注文が盗聴されて詐取に遭ったケースもあるとの話を聞きました。

ある盗聴防止業者が調査したケースでは、空き巣被害に遭った3軒ともに盗聴器が見つかった事例もあるとのことですので、注意が必要です。
賃貸住宅の場合、前の住民が残していったものなどは注意が必要とのことです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年4月27日)|記事URL| あとで読む

窃盗罪に罰金刑新設 改正刑法成立

懲役刑しかない窃盗罪に50万円以下の罰金刑を新設するとともに、業務上過失致死傷罪の罰金上限を50万円から100万円に引き上げることを柱にした改正刑法が、25日午後の衆院本会議で全会一致で可決、成立しました。
 現行では窃盗罪の法定刑は10年以下の懲役。このため、万引など懲役刑とするには重すぎるケースでは、起訴猶予にするなどして対応してきました。しかし、万引の摘発件数の急増を受け、事件の程度に応じて弾力的に処罰できるよう罰金刑を設けて抑止効果を強めることになりました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年4月26日)|記事URL| あとで読む

簡単にリセットできれば・・・

今までは考えられなかった内容の犯罪、特に少年犯罪が毎日のようにテレビや新聞で報道されています。
「親に叱られた」「むしゃくしゃしていた」「友人に陰で悪口を言われていると思った」など、理由は取るに足らないものがほとんどです。

昨日、神奈川県で発生した男子中学生による母親の殺傷事件でも、「母親の小言がうざかった」というのが理由のようです。
母親を殺すために学校を休み、部屋へ来るのを待ち構え、来たところを果物ナイフで刺す、という計画的な犯行でした。

同級生によると、小学校では図書委員を務め、本や携帯ゲームで遊ぶのが好きで、
「授業中に冗談を言い、みんなを笑わせる明るい子。怒る所をみたことがない」と信じられない様子だったようです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年4月25日)|記事URL| あとで読む

京都、大阪、広島、福岡で250件の窃盗。

尾行をかわし250件の疑い、逮捕の男取り調べ 被害額2800万円に /京都

京都府警捜査3課と向日町署などは21日、窃盗容疑で05年12月に逮捕した男を取り調べた結果、1年間で250件に上る余罪を検挙した、と発表しました。

通常「現行犯逮捕」となる窃盗犯ですが、この男、「尾行中は盗みを働かないプロ」(同署)
捜査員は05年8月から同被告をマーク。約5カ月にわたり尾行を続けていましたが、男は巧妙に捜査網をかいくぐって犯行現場を押さえることはできませんでした。

そこで府警は“作戦”を変更。向日市での被害の容疑を固めて逮捕状を取り、男を同市内で発見し、逮捕に至りました。男は「まさか現行犯以外で逮捕されるとは」と観念したということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年4月24日)|記事URL| あとで読む

シルクハットの怪盗 ビルの屋上から屋上へ・・

大阪「新地の怪盗」逮捕、シルクハットで盗み重ねる

こんな見出しが躍った大阪のへんな泥棒をご紹介しましよう。

大阪の繁華街・北新地。シルクハットをかぶってビルの屋上から屋上へと移動していた男(48歳)。
男のスタイルは、ジャンパーにジーンズ姿。頭にはシルクハットをかぶっていたということです。
エアコン工事の下見に来ていたメンテナンス会社員(27)が屋上のフェンスをよじ登る男を発見、取り押さえて110番通報しました。男は「上から来た」と会社員に話したということです。

男は、北新地のビルの空き部屋を寝床にしていました。空き室に身を潜めて繁華街の飲食店やクラブの営業が終わる朝を待ち、約1メートル離れたビル間を屋上づたいに移動しながら無施錠の店を探したり、店の窓から向かいのビルの窓へと飛び移ったりして侵入していたということです。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年4月24日)|記事URL| あとで読む

全国で教職員の親を狙った「オレオレ詐欺」多発。

 「先生が生徒を殴ってけがをさせ、保護者が怒っている。このままでは警察ざたになる」
教職員の親を狙った「振り込め詐欺(オレオレ詐欺)」が全国で多発しています。
佐賀県伊万里で未遂になった電話での様子をご紹介しましよう。

ある日午前11時40分ごろ、男性宅に男の声で「娘さんが小学校で生徒にけがをさせた。和解できなければ逮捕される。示談金350万円のうち155万円を娘さんが用意しているので残りの195万円を準備してくれ」と電話があった。続いて電話口に娘だという女が出て「すまんことをした」と泣き声になった。

この場合、声質を怪しく思った男性が、実際に同市内の小学校教諭である娘に連絡を取り、詐欺被害を未然に防ぐことができました。男性は元教諭で、同様の詐欺事件が多発していることも新聞報道で知っていたということで、何よりでした。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2006年4月21日)|記事URL| あとで読む

1  2  3

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?