1. HOME
  2. 防犯ブログ
  3. 2005年11月

防犯ブログ

外国人犯罪 検挙者数 過去最多

警察庁によると、平成18年上半期の来日外国人犯罪は検挙件数が2万3363件、前年同時期に比べてマイナス1124件であったが、検挙者数は358人増加の1万860人であったことがわかりました。
検挙者数は4年連続最多となっています。

今回の広島での通学路での少女殺害事件でペルー人が逮捕されるという被害が発生したばかりですが、外国人グループによる犯罪の増加が「体感治安の悪化」につながっています。
ひとくちに「外国人犯罪」といっても、強盗・強盗殺人・窃盗・自動車盗。銃器・麻薬類の密輸、クレジット偽造など多岐にまたがっております。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2005年11月30日)|記事URL| あとで読む

忍び込み

某俳優の自宅が侵入盗に遭ったことがニュースになっています。

早朝に台所で朝食の支度をしていた妻が階段付近で懐中電灯の明かりに気付き、2階で子供3人と寝ていた夫を起こし、夫が「こら!」と声を掛けると、男は風呂場の窓から逃げましたが、被害は現金約五十万円と腕時計三点など(計約百九十五万円相当)。

この様に家人が就寝時に住宅の屋内に侵入し、金品を盗むことを「忍び込み」といいます。

続きを読む

投稿者:スタッフ(2005年11月28日)|記事URL| あとで読む

ハウジング型スーパーデイナイトカメラの特徴

犯罪件数が増加している昨今、監視カメラの需要も増加してきており、いろいろな場所で見かける様になってきました。
しかし、監視カメラで監視するには適度な明るさが必要で、特に夜間の屋外での監視や昼間の逆光時(撮影する物の後ろ側からの光)の監視などにはあまり適していませんでした。
先日、竹中エンジニアリングより新発売になった「ハウジング型スーパーデイナイトカメラ VOC−980」は、このような過酷な現場での監視も可能な機能を搭載した最新の監視カメラです。
その特徴をご説明します。

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2005年11月25日)|記事URL| あとで読む

ガソリンスタンドから売上金ひったくり

ガソリンスタンドの男性店員がセルフ式給油機内の売上金をかごに入れ事務所に戻ろうとしたところ、事務所の影に隠れていた男が突然両手で店員の胸を押し、店員がよろめくと、かごにあった売上金約430万円をひったくり走って逃げるという事件が発生しました。
 
ガソリンスタンドがセルフ式になると、セルフ式給油機の現金を狙った窃盗が発生する恐れが高まります。
今回はひったくりでしたが、機械を破損しての現金持ち去りなどにも注意が必要です。
対策としては、
1.現金はこまめに給油機から持ち出し、大金を入れたままにしない。
2.カメラシステムなどで録画し、装置がついていることを店外でわかるようにする。
3.夜間無人時の異常発生を遠隔で自動通報する。

といったことがあげられます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2005年11月24日)|記事URL| あとで読む

店舗兼住宅はセキュリティが厳しくなく「格好の獲物」窃盗250件

住居と店舗が一緒の場所にある場合、「夜も昼も必ず家には人がいるから泥棒に入られない」「泥棒に入られても物音ですぐに気が付く」と安心している方も多いと思いますが、大阪で店舗兼住宅などで盗みを繰り返していた男が逮捕されました。
「店舗兼住宅はレジなどに多額のお金があり、セキュリティーも厳しくなく格好の獲物だった」と男は供述しています。2年間で京都、大阪、兵庫など2府5県で約250件の犯行に及んだと見られます。

店舗兼住居は「人がいるので安心」なのではなく、「人がいるから対策が必要」なのです。
人=家族がいつ窃盗犯と出くわすとも限らない状況であることを忘れてはなりません。
むしろ「防犯意識が低い」ということでターゲットにされる可能性があることを忘れてはなりません。

店舗兼住宅の防犯チェック

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2005年11月22日)|記事URL| あとで読む

屋外・屋内用人感スピーカーの用途

先日、竹中エンジニアリング(株)より発売になった商品ですが、使い方によっては単体でも便利な商品であり、セキュリティシステムと組み合わすことにより、より効果がある商品になります。
使い方をご紹介します。

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2005年11月21日)|記事URL| あとで読む

車上荒らし、罠にかかる

11月20日午前、新聞配達中に車の中から財布を盗んだ犯人が逮捕されました。

以前にも無施錠の車から物がなくなった被害者。車内に財布を置いて見張り、新聞配達中の犯人が車から財布を盗んだところを取り押さえました。
犯人は謝罪後、「残りの新聞を配達させてほしい」と懇願、配達後に被害者宅へ「出頭」、そのまま警察に引渡しとなりました。

また、15日にも福岡で車上荒らしの犯人が、被害者の仕掛けた「罠」にまんまとかかり逮捕されています。

盗難システムももちろんですが、先日もお伝えしたように、どんな時にも車から離れる時には、
「キーを付けっぱなしにしない」
「施錠をきちんとする」
「車の中に大事なものを放置しない」
ということが大切です。

自動車の盗難について
自動車の盗難防止

続きを読む

投稿者:スタッフ(2005年11月21日)|記事URL| あとで読む

自動車盗難防止対策方法の一例(No.2)

先日、11月4日にもお話をしましたが、自動車盗難事件が多く発生しており、イモビライザーを搭載しているからといって安心できない時代になっております。先日は自動車自体の警報システムをご紹介させていただきましたが、今回は駐車場・ガレージでの警報システムをご紹介させて頂きます。

続きを読む

投稿者:防犯設備士(2005年11月18日)|記事URL| あとで読む

図書館の蔵書盗難相次ぐ

図書館の高額書籍が相次いで盗まれていたことがわかりました。
●たつの市新宮町の市立新宮図書館 147冊(約360万円)
●兵庫県太子町町立図書館  22冊(約28万円)
●宍粟市山崎町市立図書館  57冊(約126万円)

いずれも歴史関係の辞典や研究書で絶版本もあり高額な書籍ばかりでした。
転売目的での窃盗事件ではないかと考えられます。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2005年11月18日)|記事URL| あとで読む

少年含む窃盗団。合言葉は「仕事行くか」で窃盗5000件

「窃盗団」と聞くと、外国人窃盗団を思い浮かべる方も多いと思いますが、今回愛知県で窃盗や強盗致傷で逮捕されたのが、13歳〜26歳の元暴走族仲間による窃盗団。
中古車買取店のドアガラスをバールで壊して侵入、37万円の現金とアタッシュケースを盗んだ犯行で逮捕されました。犯行には盗んだ車2台に分乗し、盗んだナンバープレートを装着。現場に向かう途中に、金庫破りに使う懐中電灯を別の店で万引きし、自動販売機でガソリン代を盗んで給油したという、手口に使用する備品も、車もガソリンも全て窃盗したものというあきれた状況です。
逮捕された8人は盗んだ金で借りたマンション2部屋で共同生活し、「仕事に行くか」を合言葉に、毎夜犯行に「出勤」していました。
名古屋市内で多発している「ひったくり」の犯行も13件を自供、バイクや徒歩の実行部隊と、逃走を手助けする車両部隊に役割を分担していました。

続きを読む

投稿者:総合防犯設備士(2005年11月17日)|記事URL| あとで読む

1  2  3  4

防犯ブログ

シェア
RSS購読

ページの先頭へ戻る

?