1. HOME
  2. 防犯基礎知識
  3. 防犯用語集
  4. ネットワーク用語
  5. さ行

防犯用語集


ネットワーク用語


さ行




サーバー

「給仕人」という意味で、クライアントから受けた要求に対して、クライアントにサービスを提供する側のこと。主にコンピュータを指す。

▲このページのTOPに戻る


サブネットマスク

IPアドレスは、ネットワークIDとホストIDによって構成されます。そのネットワークIDとホストIDとを区別するためにネットワークIDの長さを判定する役目をします。これにより送信先ホストのIPアドレスが、ローカルネットワークとリモートネットワークのいずれにあるかを判断します。単にネットマスクと言うこともあります。

▲このページのTOPに戻る


スイッチングハブ

ハブの一種。端末から送られてきたデータを解析してあて先を検出し、送り先の端末にしかデータを送信しない。これによりネットワーク全体の負荷が軽減し、セキュリティが向上する。あて先を解析するために一時的にデータを蓄えるため、速度の違うネットワーク同士の接続にも使用可能。

▲このページのTOPに戻る


ストレートケーブル

ネットワーク装置を接続するためのケーブル。コンピュータ同士を直接接続する場合にはクロスケーブルを使用する。

▲このページのTOPに戻る


スプリッタ

回線を使ってADSLによるデータ通信を行なう際に、音声信号とデータ信号とを分離する装置。分離した先には電話機・ADSLモデムのそれぞれを接続する。

▲このページのTOPに戻る


スループット

ネットワークシステム間のデータ転送速度のこと。

▲このページのTOPに戻る


セッション

2つのシステム間でなされる通信の接続の開始から終了までのこと。

▲このページのTOPに戻る


(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

防犯基礎知識

ページの先頭へ戻る