1. HOME
  2. 防犯基礎知識
  3. 防犯用語集
  4. 防犯カメラ用語
  5. は行

防犯用語集


防犯カメラ用語


は行






ハードディスクレコーダー

映像信号をデジタル処理を行い、コンピュータなどで使用されているハードディスクに録画する装置。映像信号をデジタル処理しているため録画した画像 をデジタルダビング(複製)した場合画質の劣化がおこりにくいなどの特徴がある。又、ハードディスクに録画しているため従来のテープに比べて検索が容易、画像が鮮明、テープ交換不要などの特徴がある。

▲このページのTOPに戻る


バックフォーカス

最後部レンズの最後面からCCD焦点面までの距離。カメラにレンズを取り付ける時、レンズの最後部がカメラのマウント内部のメカにぶつかるかぶつからないかを判断する目安となります。

▲このページのTOPに戻る


バリフォーカルレンズ

焦点距離を変えることができるレンズ。主レンズの前の付加レンズを動かすことにより連続的に焦点距離を変えられるが、ズームレンズと異なり、同時に結像面も移動する。可変焦点レンズともいう。

▲このページのTOPに戻る


ビーム

撮像管やブラウン管のカソードから出力される電子の流れをいいます。

▲このページのTOPに戻る


ビデオサーバ

映像(や音声)をネットワークを通じて集・配信するもの。

▲このページのTOPに戻る


ピンホールカメラ

レンズ経が数ミリの外部露出のほとんどないカメラ。

▲このページのTOPに戻る


ピンホールレンズ

対物側の開口径を小さくし、直径1〜5mm程度のピンホール状の穴から撮像できるレンズ。

▲このページのTOPに戻る


被写界深度

被写体にピントを合わせたとき、奥行きのある被写体でもピントを合わせた点の前後のある範囲内でもピントがあったように見えます。この前後の範囲を 被写界深度と言います。これは像のボケがある一定量の大きさ以下だと、あたかもピントがあっているかのように見えるためです。このボケ量の大きさを許容錯乱円といいます。被写界深度はレンズの焦点距離、絞り値、撮影距離によって次の性質があります。

  1. レンズの焦点距離と絞り値が同じなら、撮影距離が遠くなるほど深くなる。
  2. 焦点距離と撮影距離が同じなら、絞り値が大きくなるほど深くなる。
  3. 撮影距離と絞り値が同じなら、焦点距離が短いほど深くなる。

▲このページのTOPに戻る


非球面レンズ

レンズの中央部と周辺部で曲率を変えて非球面としたレンズのこと。収差を除去し、レンズとしての性能を向上させている。

▲このページのTOPに戻る


ファームウェア

ハードウェアを動作させるために内蔵しているプログラムです。ネットワークカメラではフラッシュメモリの中に格納されており、パソコンからプログラムを書き換える事ができます。

▲このページのTOPに戻る


ファイアーウォール

外部からの不正なアクセスを防ぐ目的で、組織内部のローカルなネットワークとその外部に広がるInternetとの間に設置するハードウェアやソフトウェア、またはその機能自体を指します。

▲このページのTOPに戻る


プライベートIPアドレスとサブネットマスクの設定値

インターネットでは使われないネットワークIDを「プライベートIPアドレス」と呼び、下表のようにクラスA、クラスB、クラスCの3段階に分かれています。ローカルネットワークの規模に応じてクラスを選び、そのクラスのIPアドレスの範囲の中でIPアドレスを設定してください。

▲このページのTOPに戻る


フランジバック

カメラ取付面(マウントの基準面)からCCD撮像面までの距離。
各マウントごとに規格が決まっています。Cマウント=17.526mm CSマウント=12.5mm

▲このページのTOPに戻る


プリアラーム

アラームが発生する直前の映像を記憶する機能。

▲このページのTOPに戻る


フリーズ機能

画面の動きを一時停止させる機能のこと。

▲このページのTOPに戻る


プリセット機能

撮影場所、範囲などをあらかじめ、記憶させておく機能。

▲このページのTOPに戻る


フリッカー

ちらつき。商用電源が50Hz地域で、蛍光灯や水銀灯などの放電管照明された被写体を撮影すると発生することが多い。

▲このページのTOPに戻る


プリアラーム機能

アラーム録画(センサー連動録画)を開始する直前の映像を記録する機能。侵入検知センサーが侵入者を検知する前からの映像を記録することができ非常に便利である。

▲このページのTOPに戻る


フレアー

レンズに入射した光がレンズ面、鏡面などに反射し、不要な光として撮像面に入ること。

▲このページのTOPに戻る


フレームスイッチャー

1台のタイムラプスビデオ・ハードディスクレコーダーにカメラ映像を多重録画させるための装置。多画面分割の画面でライブ映像の監視や記録された映像の再生、選択画面の単画面再生などができる。

▲このページのTOPに戻る


フレームレート

表示や動画の再生において、1秒間に何回画面を書換えることができるかを表す指標。

▲このページのTOPに戻る


フレーム記録・フィールド記録方式

タイムラプスビデオやハードディスクレコーダーの記録方式のこと。フレーム記録では1フレーム(1/30秒)ごと、フィールド記録では1フィールド (1/60秒)ごとの間欠記録をする。

▲このページのTOPに戻る


分光感度特性

ビデオカメラには、明るさに対する感度とともに、色に対する感度があります。これを感色性(分光感度特性)といいます。視感度特性(人間の目の感度)に近いものや赤外波長に感度を持っているものなどがあります。

▲このページのTOPに戻る


ペデスタル

コンポジットビデオの基準単位。
この上に映像信号、下に同期信号がある。

▲このページのTOPに戻る


ホワイトバランス

光には白熱電灯や蛍光灯のような人工光源や屋外の太陽光などの自然光源があります。この違いを示すモノサシとして色温度を使います。この色温度に対して白色が白になるよう調整することをいいます。

▲このページのTOPに戻る


(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

防犯基礎知識

ページの先頭へ戻る