1. HOME
  2. 防犯基礎知識
  3. 最新の犯罪情報
  4. 侵入窃盗(泥棒)の心理
  5. 泥棒が目をつけるポイント

最新の犯罪情報最新の犯罪情報


泥棒が目をつけるポイント

実は泥棒がたまたま通りがかった家に侵入するということは殆どありません。
完全犯罪を狙う泥棒は必ず「下見」をし、綿密に計画を立てて犯行に及びます。


泥棒の「下見」のポイント

住宅の下見

  • 家族構成、人数
  • 家族の行動予定
  • 建物の死角
  • 近くの警察署の場所
  • 近所の状況

ゴミを出す日はいつで、どれくらい井戸端会議をしているかということまで調べ、ゴミ出しの間に侵入する泥棒もいるほどです。

店舗への下見

  • 客の少ない時間帯
  • 力の弱そうな店員がレジに入る時間帯

人通りの少ない早朝、従業員が鍵を開けたところを狙う泥棒も増えています。下見の結果、泥棒にとって一番安全な時間帯を狙います。

約2週間かけておこなうこともあります。


捕まえた泥棒から警察が聞いた「泥棒がその家を狙った理由」


泥棒の好きな家


泥棒の侵入決断理由

一般住宅

  • 施錠忘れの箇所が必ずあるから(18%)
  • 侵入すると外から内部が見えにくい家だから(15%)
  • 周りに人気がない住宅だから(11%)
  • 夜間電気が消灯しているなど留守宅と人目で分かった(7%)

住宅以外

  • 電気が消えていること(26%)
  • 会社内に人がいないこと(15%)
  • 周りに人気がないこと(4%)
  • 過去に自分との関わりがある場所(4%)

泥棒が犯行をあきらめる時のポイント

反対に、泥棒が犯行をあきらめるときは以下の通りです。


泥棒に狙われやすい場所

(1)環境
  1. 盛り場周辺の住宅街 (逃げるとき人込みにまぎれやすい)
  2. 人通りが少なく、路地の奥まった場所 ( 侵入が見つかりにくい)
  3. 塀が高い、植木が茂っている(通りから見通しが悪く、犯人が隠れて犯行を行うことが可能)
  4. 外灯がない、暗い地域(犯人が隠れて犯行を行うことが可能)
  5. 鉄道沿線に近いところ( 鉄道にて遠くにすぐに逃亡が可能であり、人の往来が多い)
  6. 夜間も交通量の多い幹線道路沿いの無人店舗(夜間周囲は無人となり、車の交通量が多いので騒音があり音を出しても築かれない)
  7. 深夜営業の店舗(強盗などの対象となりやすい)
  8. ゴミ出し日以外にゴミを出したり、放置自転車や放置ゴミがある、建物への落書きが目立つ地域(防犯意識が希薄、地域コミュニティが欠落している)
(2)住宅
  1. 単身者専用オートロック付きマンション
    (夜間室内照明の点灯で無人化かどうかがすぐに分かる。オートロック付きで防犯意識が低く無施錠な窓がある、隣近所との付き合いがない)
  2. 木造アパート(共働きで昼間無人、隣近所との付き合いがない)
  3. 高いブロックで塀に囲まれた家屋(道路から見通しが悪く、人目につかない死角がある)
  4. 内階段があるアパート(道路など外から人目につかない)
  5. 木造モルタル2階建ての家屋(別の建物などから2階の屋根、ベランダに渡って2階窓から侵入)
(3)場所
  1. トイレ・風呂場・勝手口(換気のため開いていることが多い)
  2. 木の格子・ステンレス製の飾り格子のある窓(格子があると安心しているが、格子は外から外すことができる)
  3. ガラスを使ってある玄関・勝手口・窓(ガラスを割って錠前を開けて侵入)
  4. ベランダ側の窓(クレセント錠だけのことが多く、ガラスを割って簡単に開けて侵入。高層の場合は開けっ放しのこともある)
  5. 網入り(線入り)ガラス(網入りだと防犯ガラスだと考えているが、実際には破壊には弱い)

対象別に見た着眼点

(1)市街地住宅
  1. 交通量が比較的多く、犯行後犯人の逃走が容易な環境ではある。
  2. 建物が接近しているため、屋根伝いなど足場を利用される危険がある。
(2)新興住宅街
  1. 共働きによる留守家庭の多い地域である。
  2. 転居が多く、全く近所付き合いがない状態である。
  3. 工事関係者、セールスなどの外来者の出入りが多く、犯人が紛れ込みやすい環境である。
  4. 空き地が多く、照明設備が少ない環境である。
  5. 建売住宅は、防犯設備などに関する防犯配慮が少なく、鍵の破壊工作に弱い戸締り器材を使用している。
(3)旧来の住宅
  1. 近所付き合いはあるが、長い習慣で、外来者に対する防犯的警戒心が希薄になっている。
  2. 戸締り設備が簡単で、不備なものが多い。
  3. 防犯灯や照明設備が少ない。
  4. 施錠する習慣がない。
(4)共同住宅
  1. 流動世帯が多いため、近所付き合いが少なく、外来者に対する相互監視が行われていない。
  2. 2階以上になると、出入口、ベランダ、窓などの戸締りが徹底していない。
  3. 高層階になるほど防犯意識が低くなり、ベランダなどが無施錠で開けっ放しの状態であることが多い。
  4. 簡単な戸締り器具が多い。
  5. 鍵を牛乳箱や新聞受けなどに隠して、外出している人が多い。
  6. 屋上、非常階段、エレベーターなどに外部の人が侵入しやすい。
(5)独立店舗
  1. 深夜営業、24時間営業などの店。
  2. 夜間無人であることが外部からすぐにわかる。
  3. 昼間客を装って下見をすることができる。
  4. アルバイト・パート、取引業者の出入りが頻繁である。アルバイトが辞めても錠前の交換などをしていない。
  5. 住宅が近くになく、夜間無人時に少々音がしても誰も気づかない場所にある。
(6)事務所
  1. 誰でも出入り可能なテナントビルに入居している。
  2. 休日には無人となるオフィス街にある。
  3. 受付、守衛がいないビル
  4. 休日の異なるテナントが入居しているテナントビル

総合防犯設備士数ナンバーワン!

(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

防犯基礎知識BOUHAN

ページの先頭へ戻る