1. HOME
  2. 防犯基礎知識
  3. 最新の犯罪情報
  4. 侵入窃盗(泥棒)の手口
  5. 忍込み

最新の犯罪情報最新の犯罪情報


忍込み

忍込みとは

侵入窃盗 手口別認知件数(住宅対象)「忍込み」とは、夜、家人が就寝中に住宅の屋内に侵入し、金品を盗むものです。
住宅対象の侵入窃盗の24.5%を占めます。

不在時に侵入する「空き巣」が住宅窃盗の約70.0%であるのに対し、「忍込み」は24.5%の比率となっています。
数年前まで78%が空き巣狙いですから、忍込みの比率が増えています。
「忍込み」は平成22年年間では16,175件、平成23年年間では16,393件発生しています。
しかし、比率が低いから・・・と安心すると大変なことになるのが、「忍込み」です。

「忍込みは家に家族がいる時に侵入している」ので、万が一家人が物音に目がさめて、賊と鉢合わせ・・・という最悪の事態になるとも限りません。
ここが「忍込み」の恐ろしいところで、いわゆる「居直り強盗」になる可能性もあることを忘れてはなりません。

昔からの「忍込み」は、家人が寝ている寝室に入り、“枕元に立って寝息に自分の呼吸を合わせると、家人は絶対に起きない”などと自分の技術を誇っていました。
しかし昨今の窃盗団による犯行の場合には、複数の人間で侵入し、ピストルや小刀などの武器を持っている、武器の使用に慣れているなど凶悪化が進んでおり、うっかり出くわしてしまうと命まで危険にさらされてしまいます。
家人を縛り、口をガムテープで貼り、「キンコ、キンコ」などと言って脅迫し、侵入強盗を繰り返していた外国人窃盗団なども発生しており注意が必要です。


「忍込み」の侵入口


『忍込み』に対する防犯対策


総合防犯設備士数ナンバーワン!

(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

防犯基礎知識BOUHAN

ページの先頭へ戻る