1. HOME
  2. 防犯基礎知識
  3. 最新の犯罪情報
  4. 侵入窃盗(泥棒)の手口
  5. ガラス破り

最新の犯罪情報


ガラス破り

最も多い「ガラス破り」

ガラス破りイメージ侵入手段は、一戸建て住宅、共同住宅、一般事務所、商店のいずれも「ガラス破り」が最も多いのです。

平成23年の上記場所への侵入窃盗認知件数は126,079件、そのうち「ガラス破り」は42,150件で33.4%を占めています。


「ガラス破り」の3つの方法

侵入窃盗の最も多い手口である「ガラス破り」の手段には3つあります。

  1. こじ破り
    最も多いのは「こじ破り」と呼ばれるもの。これは、引き違い窓の錠前部分をドライバーでこじるようにして手が入る程度の穴をあけ、サッシのクレセントを直 接開錠してしまう方法。
  2. 打ち破り
    破壊音を気にせず、物を投げ込んだり、ハンマーでガラス窓を叩き壊して侵入する大胆極まりない方法。
  3. 焼き破り
    最近増えている方法。ライターなどでガラスを焼き、水をかけてひびを入れるというもの。音も出ず、技術がいらない手口。手口の特性上誤って火事になってし まう可能性もある。

ガラスを割られるのは、窓ガラス、表・勝手口以外の出入り口、表出入り口の窓。
いずれにしても、ガラスを割られて、施錠を開けられ侵入という方法が最も多い。

従って、「ガラスそのものの強化を行うこと」と、「ガラス破りを早期検知すること」が、侵入窃盗に対する対策として効果が高いことが上げられます。
「ガラスそのものを強化した」としても、侵入に時間がかかるので泥棒は避ける傾向があるということであり、より防犯効果を高めるためには、補助錠や防犯システムによる窓・扉開閉検知センサーやガラス破り検知センサーとの併用が必要です。


ガラスの種類と防犯ガラス

ガラスには下記のような種類があります。

一般的に使用されている「フロートガラス」や「網入りガラス」は防犯性能はきわめて低く、簡単に割られてしまいます。特に「網入りガラス」は、侵入されに くいと信じている人が多いが防犯性能はないため注意が必要です。

フロートガラス
×
最も一般的なガラスで、開口部に使用される割合は最も多く、その用途は建築物の窓ガラス、ショーウインドウをはじめ広範囲に及んでいる。
しかし、防犯の視点から見た場合、「ガラス破り」などの破壊行為に耐え得る強度は非常に低く、防犯性能はきわめて低い。
網入りガラス
×
火災の際に熱で割れても破片が脱落せず、延焼を防ぐ働きをする。
しかし、フロートガラスと同様に破壊行為には弱く防犯性能は低い。
強化ガラス
×
フロートガラスを加熱・急冷させ、普通のフロートガラスの3〜5倍の強度を持たせたガラス。
人体の衝撃やバットなど角のないものの衝撃には強い強度を発揮するが、アイスピックのような先端が鋭利な金属の強い衝撃では簡単に破壊し てしまう。防犯性能は低い。
復層ガラス
×
通常2枚のフロートガラスの周囲を封着し、その中間に乾燥空気を密封したもの。
「ガラス破り」には、2枚のガラスを割るのに手間がかかること、ガラス周囲が接着されているガラスをこじ破っても破片を取り除きにくい。
合わせガラス
2枚(特殊な場合は3枚以上)のフロートガラスに柔軟で強靱な特殊中間膜を挟み、加熱・圧着下ガラス。強い衝撃を受けて破損しても簡単に は開口しないので防犯性能にフロートガラスに比べると優れているが、十分とは言い切れない。
複合合わせガラス
(防犯ガラス)
2枚のフロートガラスの間に、多層の柔軟で強靱な中間膜とポリカーボネート板・パンチングメタル等を挟み加熱・圧着したガラス。通常の合 わせガラスよりさらに防犯性能を高めた合わせガラスである。
合わせ復層ガラス
(防犯ガラス)
復層ガラスの片側又は両側を合わせガラスにしたもので、耐熱性能と防犯性能の双方に優れている。

「防犯環境設計ハンドブック」(事業所編) (財)都市防犯研究センター参考


防犯フィルム

防犯フィルムは、透明又は半透明のフィルムをガラスに貼り付けることによって、ガラスの強度を高めることが最大の目的です。
防犯ガラスに交換する場合には、ガラスはもちろんのこと窓枠も新しくする必要がある場合もあり非常に大掛かりになりますが、防犯フィルムの場合今までのガ ラスに貼り付けるだけですので、比較的手軽な防犯対策として注目されています。


補助錠

補助錠は、外から窓を開かせないようにする「つっかえ棒」のようなものです。クレセント錠など防犯性能がほとんどない錠前には必ず補助錠を取り付けること をお勧めします。

補助錠の取り付けポイントとしては、侵入者にその存在を気付かれないようにする、ということ。
又、簡単に手が届かないような高い位置に付けたりすることで、侵入者が気が付いたとしても簡単には破壊できない、人目に付きやすいといったことで、侵入者 が侵入しにくい環境に1歩進めることができます。


「ガラス破り」の防犯製品例

不審者が近づいたら音声で警告

窓ガラスや建物に不審者が近づいたら音声で警告します。


(平成29年6月末現在)

  • 全納入実績 234,800
  • 防犯設備士 557
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

防犯基礎知識

ページの先頭へ戻る