1. HOME
  2. 防犯基礎知識
  3. 最新の犯罪情報
  4. 侵入窃盗(泥棒)の手口
  5. 出店荒し

最新の犯罪情報


出店荒し

「出店荒し」とは、休日又は夜間に無人になる店舗に侵入し、金品を窃盗するものです。
平成23年 出店荒しは19,022件(前年20,465件)。件数は減っていますが、ここ数年特に大阪や東北震災地で「出店荒し」が多発しています。
又、出店荒しは年々「組織化(数名の窃盗団で犯行に及ぶ)」「短時間化(2〜3分程度で犯行を終える)」「凶悪化(武器を持っている)」しており、注意が必要です。


最近の出店荒しの被害実例

いずれの「出店荒し」の手口も、複数の人間で自動車を使用し、シャッターを切る、自動車で突っ込む、壁に穴を開けるなど非常に荒っぽい方法で店内に入り、商品を盗んで逃走しています。
又、非常に数分という短時間で犯行を終了しており警備員が駆け付けた時には犯行は終了した後となっています。


出店荒しに対する防犯対策


万が一出店荒しに遭った場合の対処方法

店舗に出勤したら店が荒らされていた・・・そんな時には冷静に下記を行いましよう。


(平成28年12月末現在)

  • 全納入実績 229,676
  • 防犯設備士 546
  • 総合防犯設備士 59

こんにちは、防犯のセキュリティハウスです。 数多いホームページの中より、当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。 初めてのセキュリティ導入、他社様からの変更依頼、何から手をつけて良いかわからないのが普通です。又、 対策は非常に機密性の高い内容を取扱いますので、信頼のおけるセキュリティのプロにまかせられることをおすすめします。何なりとお気軽にお問い合わせください。

さらに防犯について詳しく知りたい方はこちらから

  • 無料防犯診断
  • 資料請求

防犯基礎知識

ページの先頭へ戻る